« 冬のウォーキングにて | トップページ | 屋根の雪 »

船窓

Img_2661ss

Img_2663ss

Img_2671ss
Canon 5DMarkⅡ

係留中の魚船の窓から内部がちらり見えた、”何だか違うなあ、、、?”とマグカップが船とは思えないような家の生活の匂いをさせていた。
そして「ありゃ?」とよく見ると、どう見ても包丁の柄がずらりと並んでいた、漁船なのだから獲れた大小の魚をさばくのに何種類も何本あるのかと意外に神経が細やかだなあと船の窓を見ながら感心してしまった。

「がんばれ東北」、最初は「がんばれ日本」だった、そして「がんばれ東北」、今は隣県なせいか「がんばれ福島」目立ってきたりしているような気がする、より限定的に地域がしぼられてきているような気がする。やっぱり原発なんだ。

※ ただ今、併行 「冬来たりなば春遠からじ 2.0」更新中。
  こちらのブログの容量が95%を越えました、いつ引っ越していいようにとブログ併行しながた更新中。
お世話になっているリンク先も継続いたしました。地道に、大胆に、シンプルに、こちらも宜しくお願いします。

|

« 冬のウォーキングにて | トップページ | 屋根の雪 »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/54005380

この記事へのトラックバック一覧です: 船窓:

« 冬のウォーキングにて | トップページ | 屋根の雪 »