« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年、大晦日

Img_1913ss

Img_1914ss

Img_1921ss

Img_1945ss

Img_1946ss

Img_1947ss
Canon5D MarkⅡ

カッコいいこと書こうと思ったが、何だかそんなことに何か意味があるのか?そう思える2011年だった。

いよいよと言うかあっとい間というか今年も終わり。

本年は、お世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塵でなくても、やっぱり貯まる

年内最後のストック整理。

4dc_0327ss

Img_0667ss

Img_1375ss

Img_0740ss

Img_0743ss

Img_1500ss_2

Img_0763ss

Img_0886ss

Img_0938ss

Img_0942ss

Img_1079ss

Img_1095ss

Img_1125ss

Img_1127ss
Canon5D MarkⅡ & Nikon D300

単純計算すると、年間約1万枚ずつ撮っているはず、ストックも貯まるのである。

続きを読む "塵でなくても、やっぱり貯まる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鐘の鳴る頃は

Img_1949ss

Img_1962ss

Img_1951ss

Img_1953ss

Img_1952ss

Img_1965ss
Canon5D MarkⅡ

明後日にはここも除夜の鐘がなる、今年もここまで来た。

この分でいくと、雪のある正月になりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び、波の花飛ぶ日本海は、「やはりこれでしょう」。

4dc_0241ss

4dc_0248ss

4dc_0260ss

4dc_0262ss

4dc_0276ss

4dc_0274ss

4dc_0266ss

4dc_0267ss

4dc_0265ss

4dc_0278ss

4dc_0280ss

4dc_0281ss

4dc_0282ss
Nikon D300

、、、、、、、ふふ♪(* ̄ー ̄)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

波の花飛ぶ日本海の日

Img_1802ss

Img_1803ss

Img_1839ss

Img_1842ss

Img_1844ss

Img_1874ss

Img_1902ss

Img_1903ss
Canon5D MarkⅡ

波浪警報と聞くとじっとしられなく、絶景を追って高速道路をと飛ばした。
ゴーゴーとした風で車のドアは押され重く、尚且つ冷たい。そんな思いをしてまで馬鹿じゃなかろうかと多分、誰もが言うだろう。

僕だって客観的な目で見たら、”やっぱり馬鹿だなあ”と思うに違いないだが、海から風は皮膚の露出部分にあたり、手袋をしている指まで、徐々に冷たさが痛さに変りそして指の感覚をなくしていくまで時間を忘れた。

これでは物足りずというか、刺激不足というか当たり前とうか、この翌日もまた出掛けた、そらあもう凄かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり、夢は夜ひらく

Img_1621ss

Img_1620ss

Img_1617ss

Img_1618ss

Img_1607ss

Canon5D MarkⅡ

やっぱり冬の夜は、これでしょう。

ていうので行ってみた。「まあいいか。」というか寒くてカメラを操作する指が冷たくてなり過ぎて感覚がなくなって「たまらん!」というか
ともかく撮り終わって車に乗り込もうとしようとするともう一人来て、構図を考えてか前行ったり後ろへ下がったりして場所決めを始めた。

「工場萌え」っているんだよなあ。

*新潟市近郊では工場の近くで撮影できるのが、ここだけのようで、あとは規模の割りにずっと離れているので遠く小さくなるのでここがベストポイントかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

物色歩き

Img_1380ss

Img_1379ss

Img_1432ss

Img_1069ss
Canon5D MarkⅡ

何かないだろうかと街を歩く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・イブ 晴れのち大荒れ日本海

4dc_234ss

4dc_0190ss

4dc_0223ss

4dc_0225ss

4dc_0210ss

4dc_0229ss

4dc_0233ss

4dc_0222ss
Nikon D300

週末は大荒れというので、覚悟していたが朝から青空・・・・。

なんだそれ?!って今日は大丈夫かもなと余裕でコーヒー飲んで、ネットチェックして出掛けた、でも海は見たことないくらい飛沫を上に上げ
それがまた風で横に流された、大荒れである。そしてついには湿った雪が降ってきて頭が体が、カメラが濡れた。

とんだクリスマス・イブだ。

続きを読む "クリスマス・イブ 晴れのち大荒れ日本海"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささやか、メリー・クリスマス。

Img_1736ss

Canon5D MarkⅡ

メリー・クリスマス! 

いつものような派手なクリスマスでなくてもいい、静かなクリスマスもあってもいいじゃないかとそんな気持ちにさせる、2011年ある。

続きを読む "ささやか、メリー・クリスマス。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本海

Img_1298ss

Img_1296ss

Img_1292ss

Img_1290ss

Img_1289ss
Canon5D MarkⅡ

天候が荒れると予報を聞くと、うんざりしてくる。
でも頭を切り替えてそれならそれで”荒れた天候でも何でも来やがれ”と撮るぞと出掛けると物足りないことが多いけれど。

やっぱりこんなもんだった、「津軽海峡冬景色」をイメージして行ったのに、寒さだけは十分なくらいだった。

とはいえ、冬至だ、この日を過ぎれば一日一日と陽が長くなる、明るい希望の始まりのような日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の雨 ; RAIN

Img_1319ss

Img_1324ss
Canon5D MarkⅡ

冬の雨降り、雪が降るくらいなら雨の方が良いだろうと思う季節。
当家の小さな庭の木、まだ降らないだろうと雪囲いをしなかったら先週の雪で折れた。

雨だったら同じ水分だけれど、木は折れないし、十分大地のお湿りになるし、道路の渋滞も雪かきの心配がない。

雪国の冬は、晴れた日には越したことがないけれど、雨もいいと思う妥協の季節である。

続きを読む "冬の雨 ; RAIN"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自販機のある風景

たまには、つぶやき。

Img_1369ss

Img_1368ss
Canon5D MarkⅡ

こうやって改めて見ると、販売されているタバコの酒類の多さ。
そしてこれら自販機の中の売れたているタバコの種類を数えると右から34、40、38種類である、計112種類なる。
ともかく呆気に取れれるくらいの種類である。

そして、ついでに言えばその脇のドリンクの自販機は14種類。

と、その近くでこんな間の抜けたような顔してるコーンがあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スナップのモノクロ、こだわりと性格

Img_0765ss

Img_0712ss

Img_0670ss

Img_0672ss

Img_0715ss_2

Img_0796ss
Canon5D MarkⅡ

人から見たらどうということない、ただのモノクロ写真かもしれいが、僕としては実に満足のいくモノクロの色味なんだ。
いつもの景色だって変ってくる。

以前は、気に入らないと加工もしていたが、まったくいじる必要もないくらいのモノクロ色、あとは何をどう撮るかの腕だなと次へと繋がる。

昔からの僕の性格としては安物を買ったりしてうまく行かないと後で道具のせいにしたりする所がある、「これは安物だからダメなんだ!」みたいに。
だから、許されるなら当然値段は高いが良い物を買う、うまく行かなければ答えは歴然、道具でも服でもそれは「僕が悪い!!」と答えが出る。

どこが悪いのか、何を直せねばとポイントを考えるようになり向上心も上がってくるが、安い物だと「これは道具が悪いからダメなんだ」とそれで終わってその先へとつながりにくい、ならば自分の性格を直せばいいじゃないかと思うのだけれど、それが出来ないのが僕の性格から学んだもの。

自分でも呆れる性格である。

続きを読む "スナップのモノクロ、こだわりと性格"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬、お寺の参道

Img_0908ss

Img_0909ss

Img_0918ss

Img_0923ss

Img_0928ss

Img_0949ss
Canon5D MarkⅡ

今年もあと10日あまりである、あんまり変化がなかったような一年だけれど、頭に浮かぶのはあの出来事、それを基準点とすると色々な事が
頭の中ではあれやこれやと繋がっていく。
そんなせいか今年はお寺、神社へと足が向うのが多くなったような気がするけれど、実際はどうだかわからないが、参拝して自分の事ばかりお願いしていたのが、被災地、日本の為と祈るようになった。

続きを読む "冬、お寺の参道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お気に入りのいつもの場所

Img_0688ss

Img_0689ss
Canon5D MarkⅡ

良いねえモノクロ、イメージ通りの色が出ている。

白い椅子同士、喧嘩でもした後のような方向を向いていていた。

続きを読む "お気に入りのいつもの場所"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津美里町、法用寺・三重塔

Img_1120ss

Img_1070ss_2

Img_1068ss

Img_1106ss

Img_1094ss

Img_1118ss

Canon5D MarkⅡ

近づけるものは、近づけるだけ近づく。
触れるものは触る。
覗けるもの覗くという性格なので、階段を上がって触ってぐるりとひと回りして中に何があるのか覗いた。
でもいつも、その瞬間もしも中からこっちをじっと見る視線があったらどうしようなどと思うのである。

扉の穴は、太陽と月なのか、満月と三日月の月を表すのかわからないけれど、眺めていると僕には関係ないような象の顔にも見えてきて、
でも象はインドじゃ神の使いだから”まあいいか”と納得した。

Img_1070ss

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津美里町、法用寺

Img_1124ss

Img_1122ss

Img_1087ss

Img_1082ss
Canon5D MarkⅡ

観光振興ってことで高速道路はETC装着車は土日無料化ってことで会津まで車を走らせた。
12月に無料化になるニュースを聞いた時からここのお寺に来てみたかった。
以前、近くに「ころり観音」で有名な中田観音に行こうとして迷って偶然辿りついたお寺ここ法用寺。
集落の狭い道を入った時点で道が間違ってるなと気がついていたが、その道の先には、おっ?思わせるような趣のあるお寺のある風景が目に入ってきたが、その奥に三重塔が立っていた。

僕の頭の中では、三重塔まであって初めて見る名前も聞いたことのないお寺が強く印象に残った、「今度じっくりと来なければ。」と思っていたが、まさかに雪の降る時期だなんてなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会津若松街歩き

Img_1224ss

Img_1220ss

Img_1225ss

Img_1232ss

Img_1261ss
Canon5D MarkⅡ

街歩きって楽しい。

最後は、顔だ。

グーグル・マップに登録が80を越えた。こんなして街を歩いて「いいなあ」と思った風景を撮ったものをグーグル・マップ上に、
マークして「これ!」てな感じで写真を登録するのであるが、ここ会津若松でも数枚登録した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬景色と干し柿

Img_1060ss

Img_1059ss
Canon5D MarkⅡ

福島県の会津で凄いなあと土蔵に干された柿を撮っていたら、後ろから「こんにちは!」と声を掛けられた。
ここのご近所のおばさんで、「凄いでしょう!向こうの母屋の方にもあるのよねえ。」と教えてくれた。
見るとこんなもんじゃないここの数倍はぶら下がっていた。
商売として出荷しているので当たり前といえば当たり前だけれど、いったいこれほどの柿をどうやって剥くのか?そんな疑問が浮かんだ。

聞いたらりんご剥き機みたいに、ぐるぐる1個づつ回して皮を剥くらしいけれどほとんど手作業、よく考えたら木からもいで、皮を剥いて
1個1個縄に縛って、2,3ヶ月干して収穫。なるほどなあと、だからあんな値段かと納得してきた。

でも、あちこちの柿木にはまだまだ柿の実がついてた、余るほどあるってというのはこの事なんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔日の日

Img_0061ss

Img_0300ss

Img_0305ss

Img_0664ss

Img_0335ss
Canon5D MarkⅡ

昔日の日、こんな言葉の使い方で合っているのかどうか?
先日撮ったものだが、どれも脈絡もないような繋がらない写真だけれど、えらく昔に撮ったものように思えてくるくらいあちこち撮った。

そして、新しい驚きが起こる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Noel: ノエル、イルミネーション

Img_0649ss

Img_0650ss

Img_0655ss

Img_0653ss
Canon5D MarkⅡ

12月も中旬近くになってくると、クリスマスだの、お正月だのと実感がなかったものが身近な出来事に徐々に感じられるようになってくる。

そしてあちこちには、キラキラ光るイルミネーション。
遠くから見ると綺麗なのでついつい近くに寄ってみるのだが、「なんだ~!」って感じで遠くから見ていた方がキレイな夢のままでいられる。

そして、気になって近づいて確認すると今年は節電でLEDに変えられいるものが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たそがれまでに

Img_0566ss

Img_0605ss

Img_0600ss

Img_0538ss

Img_0487ss

Img_0587ss

Img_0486ss

Img_0620ss

Canon5D MarkⅡ

黄昏近くに写真を撮った。冬至に向かい陽は短くなってきているので昼から出掛けるとあっという間に太陽が傾いてくる。
陽の長い明るい時期に目も頭も、身体も慣れているので陽が傾き陰が長くなってくるとそれが3時半であっても、
「そろそろ帰らなくちゃ。」暮れて暗くなるまであれもこれも撮っておこうと体全体で感じてきてそわそわしてくるの時間帯である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(都会の)風に吹かれて

3db_0143ss_2

3db_0144ss_2
Nikon D300

日本と思えないというか、自分の住んでいる新潟ではこんな風景はありえない。

時々出掛けてみるのも楽しいだろうと、わかっている、「また、年明けでも来よう。」な~んて思うのだが、思うように行かないのが現状である。

が、てなことを言わずに何とか努力したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極楽寺坂切通付近

Dsc_1752ss

Dsc_1757ss

Dsc_1758ss

Dsc_1759ss

Dsc_1760ss
Nikon D80

その昔1333年、新田義貞が鎌倉幕府を討入り時この坂はどんだけ難攻だったか、そのため坂を越えられず潮のひいた海岸へとまわって
鎌倉へと至ったが今は2011年、険しい山もなければ幕府軍もいない、坂を越えるのはたったの10分あまり。
とはいえ、大小のカメラ3台をブラさげて、何時間も歩いた疲れた足取りでは坂の上にある成就院の階段を上る頃にはきつかったが、
それでも越えるのに10分、いい時代である。

その時代、写真を撮っていてどれだけ張り巡らせてあるような電線が目立ったことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬、銀杏景色

Img_0878ss

Img_0875ss

Img_0870ss

Img_0888ss

Canon5D MarkⅡ

予定して事、思っていた事はままならない。
ここも銀杏の葉っぱで黄色い景色なった頃に9月、10月と思っていたが着たのは早すぎた時期とそして裸になった銀杏の木々の時期。

でも、毎年同じような風景撮っているよりも「こんな風景もけっこういいぜ。」と、にんまり風景だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉叙情、長谷寺にて

3db_9719ss

3db_9737ss

3db_9722ss

3db_9735ss
Nikon D300

これだと感じた、冬のはずが思いのほか暖かく、ここから眺める相模の海は穏やかでヨットの白い帆が浮いている。
自分の住んでいる冬とは風景も気候も気持ちだって穏やかになってくるような冬がある。

「どこに住んでいるのですか?」と尋ねられたら、
「鎌倉ですわ。」と答えてみたい僕がいた。

そう答える「鎌倉」は穏やかな日差しの冬があり、お寺、大仏、小町通、町並み、坂、湘南の海、江ノ電が一瞬にうちに頭を巡った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日暮里谷中ラビリンス

3db_0107ss

3db_0109ss

3db_0111ss

3db_0112ss

3db_0106ss

3db_0105ss

3db_0118ss

3db_0096ss
Nikon D300 & Nikon D80

東京・日暮里下町情緒漂う谷中、ここで行き止まりかあとついい迷宮に迷路の果てを発見としたと思いきや、忍者屋敷のようなからくりあり
さらに奥へ進む。路地好きにとっては歩いていると何ともいえない至福の喜びが降ってくるかのように天を仰いで”にやり”と顔がゆるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽が欲しい

Img_0021ss

Img_0060ss

Img_0099ssss

Img_0408ss

Img_0417ss

Img_0428ss

Img_0507ss
Canon5D MarkⅡ 

寒く荒れた日曜日、お気に入りの山へ行った。ぱらぱらと雨粒が当たるがせっかくここまで来たのだからと森へ入るが昼の段階で暗い。
予想はしていたが、時期も12月だし僕の行った時は寒いしだれも歩いていなかった。それゆえ、誰にも云えない”ミッション”を遂行してきた。
そんな神をも愚弄するのような”ミッション”の為か、手袋を片方落としてきたようである。


ともかく、カメラを持って気持ち的には陽がさしてほしいと願うばかりだが、それならそれでと只今健闘中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラを抱いた渡り鳥

Img_0261ss

Img_0232ss

Img_0239ss_2

Img_0241ss

Img_0295ss

Img_0283ss

Img_0281ss

 

Img_0282ss_3
Canon5D MarkⅡ

山形県鶴岡市善寶寺。

関東に旅に出て今度は山形県鶴岡市、もう1週間待っていれば高速道路も無料化が始まるのに、わざわざ料金を払って
出掛けてみたくなる訳は、やっぱり新しいカメラで、じっとしていられないこと、越後ではいつ空から雪が降ってくるかわからない、
そうなったら行動範囲にも制限がある、まして「頑張れ東北!」であるしなあ等という理由をつけて新しい愛器を抱いて隣の県へと出掛けた、
やっぱりこの優しい写りこれもカメラとこのレンズなせる業だと山形の空の下でにんまり。

が、撮れば撮るほどわからなくなってくるのが写真とカメラの奥深さであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉市大船駅前

3db_9920ss

3db_9921ss

3db_9933ss
Nikon D300

こんな駅前風景は眺めていても歩いても好きである、でも何と云ってもここはモノレールと大船観音だろう。

大船駅前のホテルに泊まる、陽が暮れるのも早くそこそこにホテルにチェックインして大船駅前をD80をぶら下げて探検・散策。
D80はいいカメラなのだが”ここぞ!”って時にボタンを押してもシャッターが切れず、何度もチャンスを逃している。

画像はそれなり綺麗なのだけれどもスナップ写真は、やっぱり「ここぞ!」って時に撮れないのでは意味がない。
D300はその点、ほとんど「ここぞ!」に反応してシャッターは思うように切れるが、1日の歩き回った身体にゃあやっぱり重い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南モノレールに乗る

3db_9873ss

3db_9885ss

3db_9886ss

3db_9878ss

3db_9882ss
Nikon D300

モノレールである、未来都会的であり、遊園地の乗り物を連想する。上から吊るされた列車はどんな乗り心地なんだろうかと、
気分は浮き浮き田舎のおのぼりオヤジ丸出しである。
僕の頭の中はそんな気分だから観光地並みに駅も人でごった返しだろうと予想したがまったくホームはがらんとして
楽にというか予想に反して先頭車両に乗り込こめた、車内はどことなしか小振り感はある。
通常は通路真ん中に中吊り広告が、両座席の上にある。

しかし、ホームで待って線路のないホームを滑り込むように入ってくるモノレールにはちょっと違和感を感じた。
列車は線路を走るもんだ頭は反応しているのだろうか、移動中の揺れ方は普通の電車とまったく同じだけれど下からの振動、響きはない。
大船駅に到着の頃は満員であった。

長生きはしているものだ、いつかは乗ってみたいと思っていたがやっと念願かなったなあ。

江の島から大船まであっという間、今年も早や12月であっという間である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柴又へ、プチ旅気分

Dsc_1957ss

Dsc_1976ss

Dsc_1978ss

Dsc_1981ss

Dsc_1985ss
Nikon D300 & Nikon D80

東京駅から柴又帝釈天へと目指す、田舎もんは虎次郎の哀愁とは異なりプチ旅気分。
東京駅を降りてひたすら歩き地下鉄浅草線日本橋駅へ。でも通勤でこんな移動を毎日やっている人もいる訳で、都会の人は近場のコンビニまで車で行くような田舎もんからしたらどんだけ健脚だろうと思った。

柴又駅前にある「寅さん」像、思った以上に哀愁があるのが印象的、恋に破れてか、トラブルを起こしてだろうか、ふるさと柴又に「あばよ。」と別れを告げこれから遠く旅に出て行こうする様は映画のシーンを思い出す。

続きを読む "柴又へ、プチ旅気分"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »