« 椅子の想い出 | トップページ | 哀愁のドラム缶の唄 »

鉄道員

3db_7021ss

3db_7022ss

3db_7023ssNikon D300

JR日本貨物鉄道(Japan Freight Railway Company) EF510形機、記号のEFは電気で動く機関車だからエレクトリックの「E」、
「F」は貨物の Freight であるのかと思えばさにあらず、駆動車輪軸が何本あるか「F」は6軸あるよってことで、「510」は形番だなと写真を撮りは始めてわかってきた。そして貨物のどこかボディの部分には「JFR」のロゴがある。

こういうのが知識として頭に入ってくると、「おっ、EF510・後ろはEF81か?!」字を覚え始めた子どもの頃のように、こんな景色も身近になってくる。
とはいえ、2、3年までは、そんな写真を撮りまわって騒いでいる奴らは「何かおかしい?」のではないかと思っていたのだ、
今やその僕も、写真を撮っていてうっとりと恍惚感を覚えることもある。

が、基本的に風景して、風景の中の鉄道の写真、簡単にいえば線路だけの風景よりもその上に汽車を走らせた方が景色なるだろう、その汽車も色々あるし、全体の風景だってそれにより雰囲気が変ってくる、とか云っても、こんなこだわりは人様ら見たら皆同じ鉄道マニアなんだろう。

3db_7018ss
こういう風景、時間は午後5時頃だった。この場面の前にすっと止まった機関車から一人が降りて手を振った、すかさず運転手は汽笛を「ピュッ!」と短く鳴らした。
”いいねえ。”こんないいシーンを撮ればいいのだろが、そんなシーンが照れくさくてどうも撮れなかった。

でもねえ、こんなシーンを眺めていると人生で鉄道員の選択支もあったのではないかと思ったのだが、選択当時の僕は漠然として、
漠然以前かな、なーーんもわかっていなかった。

|

« 椅子の想い出 | トップページ | 哀愁のドラム缶の唄 »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/52743405

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道員:

« 椅子の想い出 | トップページ | 哀愁のドラム缶の唄 »