« お世話になっております | トップページ | 石、廃線を歩く »

史跡を巡った

3db_5488ss

3db_5481ss

3db_5490ss

3db_5479ss

3db_5477ss

3db_5482ss

史跡を巡った、何度も行ってるのだが、新潟市中央区柳島にある「みなとぴあ」内の旧新潟税関庁舎(無料)、撮っていてこれもしかして竜宮城をイメージして
建てたのではないなか、新潟港のいわば玄関口であり、中心でもある、そんな港の建物として竜宮城かあと初めて気がついた。
そんな風に見えてきて撮ったあ後にこうやって見直すと、なるほどとは思うが、何か違うなあと史跡めぐりならば全景とか、人とか撮るんだったっと。

そしてここの係のお姉さんは、建物の入り口付近だけれども客の出入り邪魔にならないようになのか(と、いっても人などまばら)、目立たないような影にいる感じでそこから「こんにちは」と声をかけてくる、
建物と同化しているような感じで”おっ?! 人がいたんだ。”となるのだが、視線というか態度がしおらしく、「こんにちは」の声すら”別に無理に観てもらわなくてもかまいませんよ、
ともかくよい時間をお過ごしくださいませ”みたいなおしきがましいところがないように聞こえてくるので、”そうかいそうかい、じゃあ観てやるかい”って気持ちなり、
ついつい「ここで靴をぬぐのね?」と声をかけてしまい、建物内をぶらぶらと見るのだが、その間ついて来て説明をしてくれる訳でもなくずっと座っているのである。

そういうのって、建物よりもずっと印象に残る、があまりしおらしい雰囲気でもあり、顔が思い出せないのであった。

そして旧第四銀行住吉支店を移転復元した建物内、昔ここにたんまりとお金が入っていたのかとすりすりしたのはいうもでもない。
3db_5452ss

3db_5462ss
こんな所会談してたらお金の価値感も庶民とはぜんぜん違っていただろうと思うのであるが、現代だってもしかしたらそれ以上かもしれない。

|

« お世話になっております | トップページ | 石、廃線を歩く »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/52364750

この記事へのトラックバック一覧です: 史跡を巡った:

« お世話になっております | トップページ | 石、廃線を歩く »