« 石、廃線を歩く | トップページ | 大雨の後で、睡蓮でなく、蓮花。 »

大雨後の信濃川

3db_5510ss

時々撮る角度の柳都大橋から萬代橋方向、信濃川は増水し普段は緑色の川の水が泥の川になっていた。

3db_5509ss

3db_5511ss

3db_5520ss

3db_5528ss

3db_5531ss

Nikon D300

あちこちからご心配いただいた、ありがとうございました。水は出たものの被害らしい被害はありませんでした。

今日は、すっかり暑い夏に戻ったけれど、先週後半は、大雨だった。 
夏なんだし暑いばかりより雨でも降ってくれてさ、涼しくなってくれた方がいいじゃないと思っていたが、くれどもくれども雨、雨、雨、
そして時々ザーザー降り、静かになってやっと止んだかと思えばまたザーを降ってくる。そんな雨音だかなら問題もないけれどTV、ラジオ、
ネットでも雨の被害を言いはじめ、「おいおい、この辺りも大丈夫なのか?」と過去数回の水害の経験からちょっと心配なりはじめ、
いつまでも止まないザー、ザーという屋根をたたく雨の音が恐怖音にも聞こえきてちょっとばかりドキドキしはじめ「そろそろ良いいいんでないの!」心の中で呟いた。

が、そんなマジで夜も心配で寝れんくらいだったのに、雨音がまったく消えた土曜日にはカメラを持ってそんな雨の形跡撮ろうと出かけていた。

3db_5555ss

3db_5557ss

新潟市は、大きな川が2本流れている、阿賀野川と信濃川で川幅もあるし、水量もそこそこあるのだが、いざ水が出るとあちこち支流から流れ込んでくる水で水位は上がる。そんな過去の痛い経験を生かし土手を高くして、補強したり、水を逃がすための分水(Wikipediaより)も造った。
そのお陰で、長野県から日本海までの距離のあちこちに支流降った大量の雨も水位1m強くらいの上昇で済んでいる。
なければ川の水は写真どころでなく周囲はあふれ、こんな悠長に写真など撮ってはいらなかっただろう。

|

« 石、廃線を歩く | トップページ | 大雨の後で、睡蓮でなく、蓮花。 »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/52381199

この記事へのトラックバック一覧です: 大雨後の信濃川:

« 石、廃線を歩く | トップページ | 大雨の後で、睡蓮でなく、蓮花。 »