« 小路好き | トップページ | ぶらぶら歩き撮りの後遺症 »

夜の土手での焦り

ちょっと都合にて、中身を差し替え

3db_7066ss

3db_7067ss
Nikon D300

線路って、交じり合うことのないような平行線の意見の場合、代名詞みたいに「線路のように平行線」なと云ったりするけれども、
実際は、結構交じり合っていたりする。

でも、電車がその上を走るときは、ガタンとかゴトンとか揺れるけれどな。

|

« 小路好き | トップページ | ぶらぶら歩き撮りの後遺症 »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

新潟空港をN空港と書き直しても、おまえが違法行為をして制限区域内から撮ったことはよくわかるんですよ。
どうせへったくそな写真なんだから、さっさと消せよ犯罪者!

投稿: h | 2011年9月13日 20時31分

h さん ご指導ご鞭撻ありがとうございます。

あなたの云うことはわかるけれど、最初は投稿者名「har」で、今度は「h」 になってたりして、
どこの誰だかわからないような人に「へたくそ消せ!」とも云われて、そんなあなたは何の権利があってそんなことを云えるんだろう、どういう人なんだろう?
普通に考えたらいたずらかと疑って当たり前だと思いますが、「そうですね、わかりました。」ってなりますか?

正規の立場の人なら、投稿名にしっかりとしたリンク先もあり、「さっさと消せよ犯罪者!」なんて書き込みはしないでしょう。

とは云え、あなたが、しっかりした立場の方だとわかれば、私だってちゃんと削除しますよ。

投稿: nyanta2030 | 2011年9月14日 19時49分

>あなたの云うことはわかるけれど
わかるんなら消せよ犯罪者!
おまえのした行為は明らかな違法行為だ!!

>そんなあなたは何の権利があって
法治国家にあって、どの面下げてそんな世迷い言言えるのか知らないが
日本国民が最低限守るべきものが法律だ犯罪者!!

投稿: h | 2011年9月14日 20時11分

h さん コメントご丁寧に何度もありがとうございます。
でも、こちらの言ってること、全然答えてないじゃない。

それで、これがあんたの回答が、

>日本国民が最低限守るべきものが法律だ犯罪者!!
3度のコメントしても所在のわかる投稿名も教える事もできない人間が、何が人のこと犯罪者やねん? 
まるで、説教強盗と同じ、早よ、あんたの撮った飛行機写真のブログでも、HPでもリンクして教えて下さいや。
「へたくそな写真」とけなすくらいさぞ立派な写真を撮ってるのだと思いますが、後学ため是非見せて下さい、お願いします。

*尚、あんたのリンク先を教える気、削除させる執行権利がなければいたずら・嫌がらせと理解して今後コメントはこちら削除してして行きますの、ご了承下さい。

投稿: nyanta2030 | 2011年9月14日 23時08分

盗っ人猛々しいとはまさにこれのことだな

自分の犯した航空法における制限区域内への無断進入を正当化し
あまつさえ居直る行為は人の道を外れている。
通報前に、削除する猶予と忠告をしてやったのに、おまえはそれを拒否した。
違法行為を、ネット上でそれとわかる状態で公開してただで済むと思うなよ。

国土交通省航空局と東警察への通報はしておいたから、首洗って待っとけよ犯罪者

投稿: h | 2011年9月15日 00時57分

h さん 早速のコメントありがとうございます。

しかし、私は残念であります、ついにはあなたは正体を明かなかった。正当な事を云ってるなら尚更、素性を隠す必要もありますまい。
何ゆえひたすら隠すのか、人生谷あり山あり色々とあります、こんな所で当たってストレスのはけぐちにしてもしょうがありますまい、運も逃げて行きますぜ。

私は証拠隠滅せずこのままちゃんと残しておきます、あななとIPアドレスも残っているし、コメントのやり取りも残しておく。
それにしても残念ですが、もし今度空港で会うようなことがあったらよろしくお願いします、どうせ制限区域外いるのでしょうから。

投稿: nyanta2030 | 2011年9月15日 01時30分

hさん、航空法違反といいますが、あそこは空港の管理区域ではありませんよ。
土手の看板をよく見てください。あそこに立入禁止と表記しているのは
新潟港湾事務所名の看板だけです。
その新潟港湾事務所の管理区域は海岸から約15メートルの区域まで。
「事前の周知のためフェンスにも設置したものです。」とのことです。

ランウェイエンドの土手を管理しているのは国土交通省河川事務所です。
その看板をよくご覧ください。人の出入りは禁止しておりません。
もうおわかりですよね。ランウェイエンドは立入禁止ではありません。

納得できないのであれば、土手を管理する国土交通省北陸地方整備局阿賀野川河川事務所、
空港を管理する国土交通省 東京航空局 新潟空港事務所、
港湾を管理する新潟地域振興局、新潟港湾事務所にご確認いただければと思います。
ちなみにご自分の想像だけで、他人を犯罪者呼ばわりするのは関心できませんね。

投稿: E170 | 2011年9月15日 22時31分

E170さん ありがとうございます。 犯罪者でなかったから安堵した訳でなく、
事の真相がわかって「なるほどそうだったのか」とすっきりした訳です、再度ありがとうございました。

フェンスがあるとはいえ、あそこは釣り人といい、犬を連れて散歩する人といい、そこそこの人通りがありますね。
人様のブログ、グーグルマップの写真なのを見ていて撮ってみたのですが、

唐突にこんなコメントがあり、(いたずらだと思い)もう消しましたが、

「 ここに上げられた写真は、全て新潟空港の制限区域内から撮影した物ですね。
  制限区域内への侵入行為は、航空法により禁止されています。

  即刻当該写真を削除の上、二度と同じ事をしないで下さい。」    

と上記の書き込みがありがました。それもどういう方わからない。

削除しろ、二度とするな!といわれてもねえ、「そうですか。」と納得できない。

E170さんのように ご説明を受けて、仮に 「だめ!」「二度としない方がいい」、「やめておいた方がいい」などとあれば即座に納得して削除しているはずですが、
あのような書き込みでは、いたずら、嫌がらせともとれる、どういう権限で発言されたのか主旨を知りたかったんです。

納得もなにも、E170さんの説明で十分です。

犯罪者よばわりに関しては、簡単に人様に言う言葉ではありません、きっと仕事、ストレス、人間関係でどこか心の病んだ人なので、
どこかに当り散らしたかったんだと思うわけです。


しかし、E170さんはどこから来たのでしょうか?どこかで hさんが 書き込みとかしてるんでしょうかねえ・・・まあ、かまいませんがね。

返す返す、コメント投稿ありがとうございました。

投稿: nyanta2030 | 2011年9月15日 23時39分

一応、航空路の直線上は立ち入り禁止にはなっておりますので気を付けてください!
この場所は何度か問題になっておりますので。
それと国土交通省の管轄であることに変わりはありませんし、フェンスが中途半端なのは、地元の漁業組合の方が反発したためで、釣り人は多目に見てあげましょうというのが国土交通省の見解のようです!
それと、同じような場所で撮影された写真が月刊エアラインに掲載され、イカロス編集部に抗議があったのも事実ですのでここでの撮影はやめた方がいいですよ。
確かにあそこで撮影されているかたたちは公に出していないですよ

投稿: kazu | 2011年9月16日 23時13分

kazuさん ありがとうございます。 前者のE170さん同様に模範解答のようなご説明、ご注意がありがとうございました。
まさに、こちらとしては真摯に内容が受け取れます。

月刊雑誌の掲載が問題になってたんですね、そういう意味 hさん クレームをつけたのかもしれませんね。
だんだん理由がわかってきました。

kazuさんのように説明を受け、注意を促しえもらたらすんなりわかったのですが、
突然、制限区域内から撮ったものは削除して 二度としないで下さい ではちょっと納得いかなかったんです。
挙句の果てに、犯罪者!よわばりですらねえ・・・・kazuさんのような説明が欲しかったなあ。

事情もよくわかりました、国交省管轄だの、河川事務所、漁業組合、釣り人は大目など、色んなものが絡んでややっこしくなって
その辺の見解取り方、意見も分かれてるのでしょうかねえ、納得です。


尚を、このコメントの御礼もありますので、ご確認されるかどうかわかりませんが、とりあえず、4,5日ぐらい先にあの記事を削除したしますわ。
大変ありがとうございました。

投稿: nyanta2030 | 2011年9月17日 02時20分

>kazuさん

>一応、航空路の直線上は立ち入り禁止にはなっておりますので気を付けてください!
「航空路」の定義は広いですが、一般的にはVORやNDBを結ぶルートや
RNAVルートのようなエンルートを指すことが多く、SIDやSTARも含まれますが、
それらの直線上が立入禁止とはどういうことなんでしょうか?
滑走路の延長線上のことを言いたいのだと思いますが、それはどこまでのことをいうのでしょう。
はっきりと断定されているので、ご説明いただけますでしょうか。
仮に進入表面、転移表面、水平表面のことを指しているのならば人は対象にしてませんので。

>この場所は何度か問題になっておりますので。
あなたたちのような一部の人たちが問題を”起こしている”だけの話で今も昔も立入禁止ではありません。

>それと国土交通省の管轄であることに変わりはありませんし、
>フェンスが中途半端なのは、地元の漁業組合の方が反発したためで、
>釣り人は多目に見てあげましょうというのが国土交通省の見解のようです!
文末の「ようです」という表現はあきらかに憶測ですね。それと内容が稚拙で返す言葉もみつかりません。

>それと、同じような場所で撮影された写真が月刊エアラインに掲載され、
>イカロス編集部に抗議があったのも事実ですのでここでの撮影はやめた方がいいですよ。
>確かにあそこで撮影されているかたたちは公に出していないですよ
民事訴訟を起こされる可能性があるので、そういった行動にでることは
やめたほうがいいと思いますので、老婆心ながらご忠告いたします。

あなたの書き込みによって責を負う必要がないにもかかわらず、
ブログ記事を削除せざるを得なくなったブログ主さんのお気持ちを
考えるとどうしても看過できません。
あなたのコメントではっきりと「航空路の直線上は立入禁止」と断定してますので、
憶測ではなく、新潟空港事務所へ確認をとってから、
この内容がどういったことを指しているのか回答いただけませんか。

新潟空港事務所025(273)4567

航空法、航空法施行規則、第九十二条の五
法第五十三条第三項 の立入禁止区域に境界を明確にする標識等を設置し、
且つ、当該区域に人、車両等がみだりに立ち入らないようにすること。

これはどこか。だれが見てもわかるのはワイヤーセンサーがついているフェンスの内側。
そこが空港の制限区域です。新潟空港事務所からも文書で回答を得てますが、
左岸土手のフェンスから先は「警告看板による協力願い」であって立入禁止ではありません。
土手は河川の氾濫から地域を守るために河川法による河川区域に設定されています。
その河川区域を航空法が制限できるとは航空法のどこを見ても書いてありません。
つまり航空法が河川区域を立入禁止にする法的根拠がないのです。
フェンス等の構造物を設置することは河川法の占用許可により可能です。
フェンスに占用許可標識がありますが、フェンスの存在そのものが
立入禁止を意味するものではありません。
進入灯も河川法による占用許可を得て設置しているのであって、
同じ国土交通省だから設置できているわけではありませんので。
行政は法律によって運用されるものなので、
そこに組織という概念は全く関係ないことなのです。


投稿: E170 | 2011年9月17日 09時33分

nyantaさん、はじめまして。災難でしたね~。
議論が気になったので私も参加させてください。
私も以前から疑問に思っていましたが、上の方のいうとおり
土手が制限区域なら立ち入った方は全員警察に逮捕されるはずですよね。ですがそうなってない。
空港の有刺鉄線のあるフェンスを越えれば間違いなく新聞沙汰になりますよね
同じ制限区域ならそのような差がでるはずないよな~と思います。
ネットで立入禁止を唱える人たちの文章を何回か見たことがありますが
フェンスが延長(設置)された、警告看板がついた=立ち入り禁止になった(制限区域になった)と思い込んでいるんではないでしょうか。
それにしても立ち入っている人たちを蔑んだ表現で書いていますが、
もしそこが立ち入り禁止でなかった場合、どう責任をとるんでしょうかね~。

投稿: マモー | 2011年9月17日 20時33分

2chに晒しといた

投稿: | 2011年9月17日 21時07分

はじめまして。
「新潟空港の飛行機掲示板」というところからリンクを辿って参りました。
皆様の熱い議論を読ませて頂きました。

あくまでも私の意見ですが、フェンスを越えて土手に入るのは個人の自由。
(もちろん法的に問題があるのであればその限りではないと思います)

そしてあの看板の意味を私なりに考えてみました。
事故が起きた時(あまり想像はしたくないですが飛行機のオーバーラン、着陸失敗など)
に命を落とす可能性が非常に高い場所でもあります。
看板の細かい文字は失念しましたが「飛行機の高度が低くて危ないから入らないように」という内容であったかと思います。

制限区域、管轄などの知識は私にはありませんが、入らない方が良いという意見が意味するところは
看板の文字の通りなのかと思います。

以上、失礼致しました。

投稿: UMA | 2011年9月17日 23時45分

E170 さん マモーさん ありがとうございます。

難しいですねえ、僕が思うにはたぶん撮ったのは僕が初めての人間じゃないはず、
どこかのブログでも見たし、グーグルマップのも写真が撮影ポイントまで明記されている、当然空港側、管制塔、等から見えているはずで、
完全な違法、禁止であれば、だれか捕まっているのはないでしょうか、
前記月刊エアラインでの撮影者も、そこまでいけが捕まっていてもおかしくない。

そして、皆さんがこれほどの注目度があるなら、誰かが捕まればうわさはあるはず、でも上記の中でもそんな話は出ていない。
そう考えると、禁止、違法はどうなのかと思うのですが、

僕は、詳しくないのでできませんが、詳しい方がおられたら、航空事務所、航空局、東警察確認した方が、早いと思うのですが。


追: 最後に >2chに晒しといた  投稿名なし・・・・

これです、皆さんのような真摯にコメントされる方々ならいいのですが、こんな感じで到底大人とは思えない書き込みであります、
真実を知るのはいいと思いますが、結構複雑で、ややっこしい問題、このような彼にかかわられると折角の意見の出し合いもめちゃくくちゃになりかねませんのでご注意下さい。
僕は最初彼の対応から、撮り空の人たちってみんなこんな人ばっかりなんかと思っていました。

ではなかった、ちゃんとした大人でありました、勘違いしてすいませんでした。
彼の態度は同じカメラを持って写真を撮ってるいる趣味の者としては、非常に寂しいです。

投稿: nyanta2030 | 2011年9月17日 23時55分

UMAさん ありがとうございます、またご丁寧なコメント頂きホッとしております。
先ほども述べたのですが、始めが始めのコメントした人ゆえに、
航空ファンってのはこんなもんなのか思っていたのですが、後からのみなさんのコメント見て安心しました。

皆さんと意見読ませていただいて、ふと思ったのは・・・・いつでもフラッシュたくようなカメラ初心者の方、
滑走路の飛行機進行方向の直線状の先で 「パシャ、パシャ!」やったらそれはちと問題かなあと、疑念は浮かんだのですが、
どうも、皆さんのお話から 「これという定義なく、看板の考え方もまちまち」、意外とどこの管轄も縦割り行政で、
あの場所は、町の境目、県境みたいですんなり手を出せないってことはないでしょうかねえ。
撮ってる良いのか悪いのかの問題置いておいて、あそこで撮った人間はひとりやふたりじゃないはず、釣りに行っている人間だって
夜通ればキレイ!て撮りそうな景色ですもんねえ。
そんなどれほどいるかわからない人数で、警告だとと捕まったっていう噂が、皆さんにないって所がねえ、ちょっと気に掛かっております。

ありがとうございます。

投稿: nyanta2030 | 2011年9月18日 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/52543422

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の土手での焦り:

« 小路好き | トップページ | ぶらぶら歩き撮りの後遺症 »