« エゴノキ の花 | トップページ | シャッターチャンス »

人が通るという事

3db_3768sss

3db_3769ss

3db_3767ssNikon D300

「この風景はいけるなあ。」と感じるが、何だか物足りないって時に人を中に入れてみるのだが、そう都合のいいようには通ってくれない。

そして待つ、するとそんなタイミングを待っている自分の姿が人にはどう映っているのだろう?怪しげなオジサンに映ってはいないか?
いや、そう映っているだろう、でも、待てば海路の日和ありってものだ、もう少し待ってみよう我慢だオレ、、、、

3db_3781ss

3db_3780ss

そんな変な葛藤と共に人が横切ってくれるのを待っているのである、1分を越えてくるとその思いは徐々に葛藤と焦りが増え「早来い!」になる。

ここで、おまわりさんに突然職質を受けたら、「写真を撮っています。」なんて事で「あーそうですか!いいご趣味ですねえ。」なんて具合に簡単におまわりさんは、納得して開放してくれるだろうか、ましてや写真のために誰かが通るのが理由にずっと待っているのである。

3db_3779ss

プロカメラマンがそんな場面でイメージに合うように”1時間でも人を待つ”ってことを聞いた事があるけれど、それはプロの仕事ってことで、十分におまわりさんを「お仕事ご苦労さん!」的に納得させるものがある、アマチュアの怪しげなオジサンとでは信用・ステータスが違うと思うのである、同じ事をしても許されない時もある。

そうやっているうちに、時にはその場面にタイミングが合うように歩調を変え不自然にならないような歩く技を身につけるのである。

|

« エゴノキ の花 | トップページ | シャッターチャンス »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/51959920

この記事へのトラックバック一覧です: 人が通るという事:

« エゴノキ の花 | トップページ | シャッターチャンス »