« 桜とマンストラクチャ | トップページ | 黄色き世界 »

あおによし、ならぬ青に桜

3db_2278ssNikon D300

桜はいつも凄いと思う、花が咲き始めて、「本番の春だなあ」と感じさせて、開花宣言が出る、目でも春を感じ、耳からも春を感じさせて、
目もくらむような満開の桜を目の前には、笑顔もでるほどに悦ばせて、散ったら散ったで、モノの儚さを感じさせるのだが、
しかし、果たしてそれは人間様だけなのだろうか?

桜が散ると、イメージとして桜の花びらなのだが、時々花びらではなくて花ごと散っている所もある、桜の品種なのだろうが、
以前、朝方のこと桜の木から「チュンチュン」とスズメが鳴きながら桜の花の根元ぽつりとくちばしで切って地面にいっぱい落としているのを見たことがある。

それを見た時は、散ってしまうないけ!何でそんな無粋なことをするねんと、スズメをにらみつけたもんだが、
たぶん、この桜は、ソメイヨシノ、散るのは花びらだろう。

3db_2253ss

人間様は、その分をあっという間の儚い桜の花を記録に残すである。

|

« 桜とマンストラクチャ | トップページ | 黄色き世界 »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

桜は、咲くまでがなんか良いですね~。春が徐々に近づいてくるんがわかります。
咲いていまったら一気に満開、そして散ってしまいます。

投稿: こば | 2011年4月27日 17時09分

こばさん そうなんです桜が咲くのを待ちわびているけれど
開花cherryblossomして嬉しいのですが、やっぱり咲いてしまう後は散るだけ、、、、もう、今は葉桜状態weep

でも、これからはまた美しい新緑の季節ですなあヽ(^o^)丿

投稿: nyanta2030 | 2011年4月29日 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/51501087

この記事へのトラックバック一覧です: あおによし、ならぬ青に桜:

« 桜とマンストラクチャ | トップページ | 黄色き世界 »