« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

雪の擬音語

3da_9780ss

3da_9779ss

3da_9867ss

Nikon D300

角館観光協会ブログから、

雪を擬音語で表すと
1「ふわふわ」、 2「しんしん」、 3「ひらひら」
4「さくさく」、 5「ざくざく」、 6「そくそく」、7「きらきら」

8「もっそもそ」、 9「もっこもこ」、 10「がりがり」

11「ぎんぎん」、 12「びしびし」 などがあります。

雪国の人は、その表現で雪のどの部分を言っているのか、
どの様な雪を表しているのか、、
どの様に降っているかが分かります。
更に言葉の表し様で、
自分の感情、すなわち歓迎する雪か、
そうでない雪かも分かります。

例えば、
1から7までは歓迎する雪で、
8から12までは歓迎したくない雪です。
1と2と3と8と11と12は雪が降っている様子で、
それ以外は地面に積もった様子です。

それ以外に融けかけている雪を、「びちゃびちゃ」、「ぐちゃぐちゃ」などがあります。

雪によって様々な擬音語を使いこなせる、
雪国の人々は、
それだけ表現力が豊かな事ではないでしょうか。

なるほどと、思ってみても、雪を見てはやっぱり今頃のさんざん降られて積もった雪は、雪である。
ちなみに、本日は気温0℃、道路の雪は、「がりがり」、「さくさく」だろうか、雪が融けない状態。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

毎週末、雪になっている

3da_9416ss

3da_9421ss

3da_9422ss

Nikon D300      本日はこんなに雪ほど降ってはいなかったが、波は見事な荒れ放題だった。

まだまとめ整理していなのだが、以前に撮った風景、そして毎週末ごとの荒れて天気の雪降りに日、そして今日は良いだろうとと思っていたが
行くだけ行ってみようと、到着の頃にはやんできたけれど、波はやっぱり荒かった。車の外気温計では、0℃、、、、そんな中荒れた波を
撮っていてわかってはいたのだが油断して足元に波が、0℃のわりに冷たくはなかったが、カメラだけは濡らすまいと焦って逃げようとした態勢は
そらあ、人が見てなくてよかったと思うくらい、ぶざまだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取りとめなくドラマの話

3da_9486ss

3da_9491ss

3da_9494ssNikon D300

リアルタイムもあるけれど、ほとんどネットではドラマは無料で見れる、ただ画質に文句を言わなければ、過去のもの見れたりする。
僕は、そんなんでドラマを見ているのだが、その27日放映分の「ホンボシ」を見た。

 よくよく見たら、原作が真保祐一だった、驚きだった。同時に今放映中の「外交官黒田康作」も確か同じ原作の真保裕一、これって「ホワイトアウト」、「連鎖」の人だ、「ホワイトアウト」は読んでびっくりした、和製「ダイハード」のように面白しろくぐーと本の中に引き込まれた。
どうりで、「外交官・・」は面白いし、織田裕二が主役してる訳だ。原作が裕一で、主演が裕二っていうのも、何だか気になる。

話はもどって、今季のドラマは、各社の同じ様な設定が重なっているところがある。
いわば心理的捜査、朝日系「ホンボシ」、TBS系「LADY」、フジ系「コントロール心理捜査官」、特に「コントロール」と「ホンボシ」は相手のしぐさで心理を読むところは、何だか同じくかぶっている。
何で突然のように3つも同じ様な設定のなるだろうか、いまさら時代がプロファイリングに注目し出した訳でもないだろうに、あまりにも偶然。
前期の秋のドラマでは、脱税をテーマにしたかのようなドラマがかぶっていた。これって偶然なのか意図的なのかである。

ともかくそんな事は置いておいて、「ホンボシ」の事件現場をグーグルマップで探し当てた、新潟にいながらそんな事を成せるって、グーグルさまさまである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の中のささやかな喜び

3da_9890ss

3da_9908ss

3da_9914ss

3da_9961ss

3da_9962ss

3da_9863ssNikon D300

今の時期は周りは白い風景、そんなものばかり、そして色のあるものへと出掛ける。

すると、えらく新鮮に見えてくるのである、ちょいと早い春を見つけて現在の白い世界を忘れられるのが冬の楽しみひとつである。

続きを読む "冬の中のささやかな喜び"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地図好きのやつがれ

3da_9868ss

3da_9472ss

3da_9471ss

Nikon D300

地図マニアって訳じゃないけれど、地図を見るのは好きである。この道路がどこかに繋がり、その先は枝分かれ的に色んな道へと
つながっていく、だから格言の「すべての道はローマに通ず」は納得なのだが、じゃあ、日本からローマはどうなのか?
それは、港まで行けば船に乗って行けばいいだけのこと。

そんな訳でもあり、京都フェチでもあるので、京都ものドラマはたいてい見ていて、ドラマの中に出た建物とか場所がでるとどこなのか
調べたくなるのである。そして地図好きはネットのグーグル・マップを見て、ストリートビューで、所在を確認して見つけると、
何だかひと仕事したような達成感を感じて誰かに言いたくなるのである。

NHKドラマ「フェイク 京都美術事件絵巻」に出てくる主人公の浦沢右の実家「浦沢骨董店」の舞台の家が、特定できたのである。
京都市東山区中之町(新門前通)の夢工房という骨董屋さん、我ながら新潟にいながらそれを発見できるなんて大したものである。

続きを読む "地図好きのやつがれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の走馬灯

3da_9816ss

3da_9817ss

3da_9819ss

3da_9820ss Nikon D300

用事でスーパーに買い物に行った。
寒いので近場であっても、冬支度だ、ダウンを着て毛糸の帽子をかぶりと、、、お出掛け前は枚挙いとまがない。

そうやって、近場とはいえ車で移動して買い物。
そして、あれと、これと買ってついでだから後で、「しまった!」などとならないよう、他に何かあったか?と昼飯用にカップめん、缶コーヒでもと
買っておくかと、ぐるぐるまわった。

そして家に戻ってPCをいじりながら帽子がまだかぶったままだったので

帽子を脱いだ・・・・・!

・・・( ̄  ̄;) うーん  裏返しだった。

急に、背筋がぎゅーとなって、冷たいものを感じた・・・スーパーの買い物時間が走馬灯のように浮かんだ。

どうりで、お客、レジのお姉さんの僕を見る目が何だかおかしかったような。
見てはいけないものを見た、
でも、視線は気付かれないように知らんぷり、みたいな視線だったなあと。

縫い目、タグ、丸見えだった!誰が見ても最新のかぶり方をしてるのだとは思ってはくれてないだろうなあ。

思い出すと、恥かしくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

納得いかない構図、雪風景

3da_9799ss

3da_9811ss

優勝して10万円とった人の写真を、同じ場所、同じ様な出来だと思うのが、何で優勝なんだかわからん。

3da_9788ssNikon D300

写真を撮ってると自分の視線というか構図のとり方が出来てくる、性格もなるのかもしれない四角の中には、何でもかんでも詰め込む、
ほぼ空白にしてその空間を読みとってもらうなーんて事も、あったりする。

一番上の写真は自分目線で、自分の納得の構図を見つけて撮影してみたもの、2枚目はこの構図で、
人さまが撮って優勝して10万円ゲットしたものを、たぶん同じ位置から撮ってだいたい真似て、出来も同じと思うのだけれど、
どうもこんな感じが何で優勝して10万円なんだかよくわからない、よっぽど僕の狙った構図の方がよさそうなんだが、
写真っていうのは、その辺が難しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街歩き、モノクロ

3da_9826ss

3da_9827ss

3da_9828ss

こんな街撮りも、いわゆる散歩運動を兼ねる

3da_9831ssNikon D300     雪は少なくてもこんな感じの道路状態、雪のないところへと行こうする訳だ。

ずっと運動不足で、それでいて飲んで食って、気にかかってはいたが、冬の天候では思うようにはいかず、そのため不足分を補うかに様に
土日2日連続と地下トンネルを歩く。でも、本日は時間が時間で車を停めた地上入り口部分が冬時間で5時半閉められた。

通常はみなとタワーというと所のエレベーターでの地下へと移動するのだが、やっと1時間歩いて、それも昨日よりもペースを上げて歩いて
疲れ気味、やっと終わったと地上に出ようとすると、建物の入り口を警備員が施錠をしていた、「?!、ここらから上に出れないの?」と聞くと

続きを読む "街歩き、モノクロ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また、週末は雪なのか

3da_9764ss

3da_9766ss

3da_9770ss

3da_9775ss

3da_9777ss

Nikon D300

最初のポストには、参った。昔からある赤いポストは、寒い雪の中、氷までぶら下げて景色としては問題はないのでけれど、
あの投函注意事項のデカイ張り紙は何とかならんないものだろうか。
センスがないというよりも、それ以前問題で景観条例にひっかりそうなくらいの痛々しい光景のようで、郵便でも出そうって気にならない、
わざわざ古い赤いポストにしている意味がないだろう。

でも、プロならそんなんで撮らないかもしれないけれど、僕はアマだしとりあえず撮ってみたが、今度夜中でも行ったらはがしておこうか。

また、雪が降ってきている、今週もまた週末は雪なんだろうか?そろそろ飽きてきた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Snow ship

3da_9726ss

3da_9728ss

3da_9713ss

3da_9723ss

Nikon D300

Snow ship 勝手な造語、雪の積もった船。

鳥取の大雪では、係留中の船に雪が積もって転覆ってあったけれど、こちらはそんなことは聞いた事がない、雪国でこうなんだから、
それだけ鳥取の雪は、大雪、さしずめゲリラ雪だったんだろうなあ。

そいうえば、雪の止んだ所のイメージで撮ってみようかと思い、雪が止むのを待っていたけれど、こんな所でぽつんとカメラ持って傘さして立っている
自分を客観的な目でみたら何だかおかしな人と思ったので、そこそこにしてシャッターを切って切り上げた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の荒海にて

3da_9424ss

Nikon D300

寄せ狂う波、ただ黙って眺めていた風景がある。
そしてこんな時、なーんも考えずに眺めているだろうか、
もしくわ、あなたはひとり眺めているとどんな事が頭に浮かびどんなことを考えて眺めるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日の雪風景

3da_9743ss

たぶん、肉眼では車で移動してるのもあり、もっともっと目視しにくい・・・ちなみに停まって撮影。

3da_9747ss

山は良いなあと思っていても、到底近づけるものでなく、、、

3da_9754ss

通った事のある道が、雪で景色が変わってしまっているどころか、道がどこなのか?両サイドに道幅ポールで何とか確認、でも対向車が来たら・・・

3da_9746ss

3da_9760ssNikon D300      JR羽越線、この上を電車が走ってるのかと思うと乗ってたら怖そである。

日曜の雪風景、湧き水を汲み行ったが、いつもの所はさすがに雪で近づけず、第二候補は水が凍り、第三候補へと移動風景。
白くて何だかわからないように見えるかもしれないが道である。カメラの加減でこんな風に撮れたかというとそうではなく、
まさにこんな風に白一色道路。轍、デコボコがあっても全然わからない、正直なところ「このあたりだろう」的な運転している。
自分の知っている景色は、変わり「ここはどこだろう?」見たいな、「当然道はどこ?」みたいなでも、ここでナビが活躍するとは思っていなかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どんと焼きの日の風景

3da_9669ss

3da_9670ss

3da_9671ss

3da_9672ss

3da_9674ss

3da_9677ss

3da_9682ss Nikon D300

これは先週の15日の模様、どうもこのところ週末は荒れ模様の小正月、どんと焼き昨年のお札を焼いてもらうのに神社へ。

雪が降って、移動中の車からの撮影が多いが、外に出て当然厚着、傘をさし、手袋をして、カメラを操作って、
これから撮るぜと狙うとキャップ付けっぱなしだったり、慌てて外そうとすると手袋で作業しにくくかったり、おまけに傘さしてるもので、
思うように撮れないのだが、ある写真家はそこが意外性、自分の意志と違った視点で撮る訳で、それもひとつの撮り方だと。

まさに、自分の好きなように撮っていては成長はしないだろう、時に新しい発見も必要なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨晩の続き、予定変更とイメージ

3da_9583ss_2

3da_9573ss_2

3da_9575ss_2

3da_9578ss_2

3da_9580ss_2

3da_9598ss_2

3da_9605ss_2Nikon D300

予定の変更とイメージの続き。ボーと眺めていた荒海、撮る予定もなかったが、もっと近づいて撮ってみようかなと!
こらがイケた、遠くで見たいただけでは、面白モノも撮れんなあと、でもって僕の撮る写真は、「君子危うきに近寄らず」だ、
たまには「虎穴に入らずんば虎児をえず」だなと思った風景だった。

続きを読む "昨晩の続き、予定変更とイメージ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予定の変更と、イメージ

3da_9548ss

3da_9553ss

3da_9555ss

3da_9559ss

3da_9566ss

3da_9567ss Nikon D300

まとめて、アップする。

冬、雪が降ってこれはイケるだろうと、撮りに行くとやむ。青空が出て、この光はいいなあと思って出掛けたら降ってくる。
ならば、急きょ変更して青空から雪降る景色にしようと思うと、思った程降ってくれなかったりする、
雪の中の運転中、あの景色がいいなあと思っても車の停められない高速道路だったりして、いたちごっこのようなあんばいである。
でもダメならそれなりのものでも探して撮ればいいだろと試みるが、撮ってみても全然イケない。

そんなイメージの変更がきかない頭で、こんな海を見た。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

荒れる波、冬の日本海

3da_9502ss

3da_9483ss

3da_9482ss

3da_9495ss

ウミネコが飛び

3da_9494ss

3da_9514ss

Nikon D300

週末また寒波がやってくるらしい、先週もやっぱり3連休は荒れた。移動にも雪道のノロノロ運転で、到着時間が計算できない。
ひたすら車の中でイライラしながら「これだから雪は嫌だ」とひとり外を眺めながらつぶやくのである。

知り合いの知り合いの話、南アルプスが好きで、家まで売って南アルプスの見える別荘地に転住したという、
でも最初は毎日しあわせな気分だったが、生活して何年もするうちに失敗したと感じて来たという。やっぱり雪らしい、
雪のない季節はいいけれど最初は喜んで家の周りの除雪もしていたけれど、毎日、毎日、雪、雪、雪ではさすがの南アルプスも
うらめしく見えてくるって言うもの。山の別荘地では除雪車も街中ほど来ず、だんだんと除雪の量も多い、雪のある期間だって長い、
移動となるとやっぱり雪が阻み段々住んでる場所が嫌になったというのである。

雪は、時々見るからいいのであって、生活の一部になったらそれは雪であって雪でない代物になるようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の結晶の森、氷の微笑

3da_9641ss

雪結晶の森だ

3da_9629ss

3da_9635ss

勝手に天使だと思いこむ、↓ 木につかまって何かを取ろうとしてるのか、それとも矢を射ろうとしてるのか、想像はふくらむ。

Ss こんな風に見えるのだけれど。

Nikon D300

雪は、想像力を駆り立てる。白く降り積もる雪ではあるけれど、積もる表面では雪の結晶の森が存在していた、
あくまでもイメージの世界なのだけれど、狭い範囲の中の雪をじっと眺めていると色んな風に見えてきた。

ただ降る雪は、ここまで撮れない、ある程度気温の低下は必要で、狙う方も細かい繊細な結晶だから息をかけて融けたりしないよう、
息を止めジッと「どこを撮ろう」かと眺めて、ここだと思ったらピントが合うまで構えている、さしずめ針の穴に糸を通すような、
自分の知らない世界を発見すると、僕はあそこはどうなって、そこはどうなってるんだと色々とかき立てられるのだ。

3da_9659ss

続きを読む "雪の結晶の森、氷の微笑"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪、漁師小屋のある浜風景

3da_9386ss

3da_9410ss

3da_9418ss

3da_9419ss

3da_9429ss

Nikon D300      これはモノクロでなくて・・・カラーで撮っているのだ。

実は、雪の結晶を撮ったのだけれど、「撮ったぞー!」っとお見せできるような出来ではないので、今の所は保留だけれど、
冬はあまり好きでなく、雪なんて「以ての外」的な僕としては、暑い夏の方が全然いい。
昨年はの猛暑では夏バテして大幅に痩せたが、今回のXmas、正月と食べて飲んで運動不足、当然体重増・・・そこからしても夏が健康にいい。

続きを読む "雪、漁師小屋のある浜風景"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寒い冬の晩

3da_9333ss

3da_9335ss

3da_9336ss

3da_9332ss

3da_9331ss

3da_9330ss

Nikon D300

ブログネタの所に、*お餅の好きな食べ方は?があった、そんな事を聞いてどうすんのと思うのだけれど、
僕の好きなのは、やっぱり定番は磯部焼きだろうなあ、それをふたつと、あとは餡子を餅でくるんで食べる。
磯部焼きだけのいいのだが、やっぱり甘いものも食べたい、そんな欲張った食べ方をするのだけれど、
イメージは寒い冬の晩、小腹の空いた時に囲炉裏で焼いて醤油をつけてパクリと食べる、磯部餅は冬でないといけないのだ。

続きを読む "寒い冬の晩"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪の3連休

3da_9346ss

3da_9364ss

3da_9369ss

3da_9375ss

3da_9352ss

3da_9353ss

Nikon D300

成人式、3連休は終わった。正月が終わってもまた正月くるような感じだった今回の3連休、これで僕的にはホントの新年の始まりモード。

正月のロクに撮れなかったものだから、今回その分しわ寄せ的に撮るに撮った。天候だって正月よりは悪天候だったのに、
平凡の風景よりは、そんな変化があった方が撮るのも増えた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪の日に出掛けてみる

3da_9394ss

3da_9399ss

3da_9406ss

3da_9404ssNikon D300

来るものが来たって感じ、でもなあよりによって連休に来ることないじゃないと思うのだけれど、雪で仕事に支障きたすよりも、
連休中に雪騒ぎが済んでくれてた方がいいじゃない。

そんな訳で、荒れたお天気の中、海へと出掛けた。途中除雪車と何台もすれ違い、ブレーキをかければ、
ぐーーーーと滑ってブレーキが効かず久しぶりにちょっと焦った。

まあ、でもその甲斐があったかなあと思える日だった。 しかし、雪国の人間なのに雪を撮るのがヘタだなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤い雪

3da_9316ss

3da_9270ss

3da_9217ss

普段の雪風景

3da_9196ssNikon D300      どう見えるのかわからないが、僕の雪のイメージはこんな!

雪国の僕の思う雪がきれいだと思うのは、気温がぐっと下がってサラサラ雪になったとき。
それは山でも、街でも、川でも、そして究極が、吹雪かもしれない、あれをわざわざ撮ろうという人間は、あんまりいないだろうから、
あんまりお目にはかかれないかもしれないけれど。

ともかく、別の角度で雪国の僕的観点の「雪が、きれいかも」撮ってみた、夕焼け染まる白い雪、寒さも忘れ撮っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一本の木

3da_9229ss

3da_9222ss

3da_9231ssNikon D300

一本の木を撮った。寒い中一本で黙ってじっと我慢しているような木。

「良いなあ」と思ってカメラを向ける、ちなみに撮ったのは↓4枚目の後、指先がシャッター押す感覚よりも、どこに当たっているのかすら
わからなない、ただ指でこのへんだろうと押す。もっとも水面の波を消したかったので長秒撮影のため、夕暮れ時刻近かったので、
なおさらに気温が下がっていて、あれこれと撮り終えて車で帰る頃のには気温は0℃だった。

でもそんな中これはと思って撮った一本の木、魅力的なのだろうが、寒かったからって訳じゃないけれど僕にはそれを表現できんです。

続きを読む "一本の木"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おたくは、どう撮るの?

3da_2622ss

Nikon D300      「おたくは、どう撮るの?!」

通常の写真のストックがなくなった。毎年年末新年早々出掛けて山ほどあるのだが、なくなった。

たまには良いだろう。新年でまさに新たな年っていうことで、それならブログを更新しなければいいのだろうが、それはそれ。
そういう時にこそ、昔に撮ったストックの中のストック、ホントの出しそびれである。

続きを読む "おたくは、どう撮るの?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早咲き?菜の花

3da_8833ss_2

3da_8845ss_2

3da_8848ss_2

3da_8854ss_2

Nikon D300

ど根性「菜の花」が咲いていた。暖かい地方ならあり得るかもしれないが、雪国で気温が低いばかりでなく、一度は雪だって降ったというのに、
最初は、あまりに不自然の光景なので、それだとすら気がつきもしなかった、でも「もしかして!?」と早朝の薄明るい中でよくよく見ると
まぎれもない菜の花、衝撃を感じた。これが人間だったら「お前ここで何してんだ!?」と云って口半開きで相手の顔をのぞいただろう。

咲くには3か月も早い、はたしてど根性なのか、偏屈なのか、突然異変か実際はわからないけれど、朝日でも撮ろうかという気持ちが、
その季節外れの菜の花でなえてしまった。自然は、凄いよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンセットぎりぎり

3da_9175ssa

3da_9176ss

3da_9177ssNikon D300

正月休み終わりになって、やっと時間が出来たので、久々のカメラ2台体制で日本海へ。

うす暗くなってくる空とフロントガラスにみぞれが当たってきたりして、空と時間を気にしながら高速を走って目的地へと、
だいたいのイメージは出来ていて、三脚まで出して雨粒の当たる中「こうかな?!」と撮って数枚目、電池が切れた。
もう一台に切り替えるも、気分が萎えた。

「また、リベンジだな。」と、頭に浮かびつつ、最近思うような色が出せなくなっている僕の頭に中にはもうひとつ「何でだろう?~♪」と、
テツ&トモのあの例の歌が浮かんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年の虹、、、初虹である。 Over the rainbowなんちゃって。

3da_9108ss

3da_9112ss

3da_9113ss

3da_9121ss

Nikon D300

1月2日に、虹を見た、年初なので初虹だ。それは虹の7色光が降ってきたような、虹の光が燃えてるような光景だった。
普段の色のない光だとほわーと白くなるだけだけれど、色のついた7色の光だと7色の炎の火事のようにも見えたためか、ちょっと興奮した、
偶然だろうが野鳥たちも騒ぎ始めて一斉にどわーーと飛び立ったのだった。

しかし、残念なことに失敗した。カメラのWBは曇天モードだったため、全体的に赤くなった。
それは僕が他のものを撮っていて突然離れたところに、車が停まったかと思うと窓を開けて「わっー!」とデカイ声で言った。

てっきり僕の知り合いが声をかけてきたのかとそちらを見ると、ケイタイを出して写真を撮りだした、「?」と思った瞬間に僕はそちらに向いた。

「おー!」であるが、そんな突然なキレイに2重の虹、年初めの虹、僕はともかく撮った、またこれでもかあと虹にとらされた
だから、カメラの設定まで、頭になかったのだ。 そんな感じで同じ様に興奮して虹を撮っていた人がその場には何人かいた。

ともかく、これって幸先がいいってことなんだろうか?

続きを読む "新年の虹、、、初虹である。 Over the rainbowなんちゃって。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

二枚の写真

3ds_9381ass

3ds_9382ass

Nikon D80      ちょいやり過ぎかな。

正月どこに行って撮ろうかと、参考に昨年の今頃撮ったものを見直していた。
そして、写真はどう撮ろういいじゃんかと、昨年のモノを今年風に編集してみた。

1月2日なので、2枚ってことで。

写真は、その時を記録、人間の目では見えない世界、撮ったモノを題材に編集してアートにする、
これはオレ自身のこころの中みたいものを風景から切り取っていくと思う、相手の撮らされているうちは、自分っていうのはねえんだな。
と、前から思っていたのだけれど、未だについつい珍しい様な観光地とかいくと我を忘れ撮らされてばかりいるものなあ。

そういう意味では、こんなの良いかもしれないというか、僕は撮った写真に色を付けてみたいのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西暦2011年、新年のごあいさつ

3ds_7706ssa

Nikon D300

新年明けまして おめでとうございます         

昨年中は、皆様に大変お世話になりました、

本年は、そのお世話になったお礼のお返しも含め

より一層精進し良い写真を載せられるように頑張る所存でございます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »