« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

越後村上 屏風まつり・・・・続き

3da_5475ss

3da_5451ss

3da_5456ss

3da_5460ssNikon D300

毎年撮り行っているが、この9月の「町家の屏風まつり」の頃はいつも暑くていかにも残暑って感じで、
暑いけれど、空は青さを増して漂う雲ももわもわ感を増して僕にとってはそれが夏の終わりの
区切りの様な気がする。町歩く人もちょっと寒い3月の「お人形さま巡り」から比べるとどことなく、
肩の荷が軽い様な歩き方で、あちこち巡って回る軒数も1軒、2軒と3月の頃より多いのではないだろうか。

続きを読む "越後村上 屏風まつり・・・・続き"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

村上、町家巡り、、、

3da_5448ss

3da_5449ss

3da_5521ss

3da_5574ss

Nikon D300

9月城下町村上に行く。毎年3月に「町家のお人形さま巡り」、9月に「町家の屏風まつり」と各家で代々受け
継がれ来たお人形さまと秘蔵の屏風と、そして普段は中々入っていけない町家の中を
ずけずけと入って
拝見することが出来る貴重な町めぐりの出来る月である。

続きを読む "村上、町家巡り、、、"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤に迷う季節到来

3da_5388ss

3da_5585ss

3da_5587ss

Nikon D300

赤がきれいだなあと思って写真を撮るが、それが出ないことがしばしばである。
それゆえに、赤が思った様に撮れてないと悲しくなる。
これからは、曼珠紗華、サルビア、紅葉だの赤が満載である、、紅葉に関しては新潟は、どちらかというと黄葉だけど。

ともかく、秋の天高い青空と白い雲、そこに赤がいい季節である。

全然話は変わるけれど、ある時間になると陽が射しこんで良い感じの場所があったのだけれど、
先日前を歩いていたらいつの間にやら高いマンションが出来ていてそんな良い感じの光の場所がひとつ減った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Woods

3ds_5757ssa

Nikon D300

土日とカメラを持って出掛けたが、目的地は土日と離れていて違うのだけれども、カメラ持ってぶらぶらして時に
行き先が同じだった人がいて、また今日その人と遭遇した、同じ様に会おうたって会えるもんじゃい、
そういうのって何か人間同士に縁があるっていうのだか、それとも単なる偶然だろか?
もう一回会ったら、話しかけてみよかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貯まったものを大量放出・・・・とかいってもなってことはないのだが。

3da_3118ass

3da_3629ss

3da_3633ss

3da_2900ss

3da_2768ass

3da_3982ss

3da_4035ss

Nikon D300

ファイル整理、ブログのアップ用の画像がファイルいっぱいになった、載せないのなら処分すればいいのだろうが、
一時は載せようと思ったし、撮った被写体にも申し訳ないので、課題とかタイトルとかまったくなしのUP。

続きを読む "貯まったものを大量放出・・・・とかいってもなってことはないのだが。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼岸花か、曼珠紗華               画像をクリックすると大きくなったり、雰囲気が変わります。

3da_5420ss

3da_5413ss

3da_5392ss

3da_5397ss

Nikon D300

咲いていた。今年は、地球が狂ったんではないかと思うくらい猛暑続き、ヒマワリだってぐったりして。
そんなんだものいくらお彼岸に咲くからって今年は無理だろうと予想はしていた、本日お彼岸、雨、、、取り分け行くところもないし、
僕の秘密のポイントへ行ってみたら曼珠紗華が、雨の中で見事に咲いていた、しかし、赤のと白のとがあるのだが白い花だけが咲いていて、
赤い方は、ぐるりと周りを見てもまだつぼみだった。

続きを読む "彼岸花か、曼珠紗華               画像をクリックすると大きくなったり、雰囲気が変わります。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残り100日かあ

3ds_8437ssaNikon D300

暑いsweat01、、、さんざんもらし、挨拶代わりになっていたが、もう9月お彼岸である。言い変えると今年も後3か月、残り100日。

この電線はなくポツンと立つ電柱を見て、僕が落ち込むとこんな状態だといわんばかりに集約さてるようで、
気にった。残り今月も100日である、「どんな年だった?」と聞かれた時に、そんあな落ち込んでいた時なら、
「こんなかなあ。」と表現できるのような風景だった。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

大尾不動滝のつづき

3da_5154ss

3da_5186ss_2

3da_5193ss

3da_5211ss

Nikon D300

ナビがあって、地図があって、地元新潟県だわかっていても、ここはどこなんだ?と、どうすることも出来ないくらい、
まるで夕方暗くなってサザエさん放映の時間帯でったら、どんなに心細くなったろうとか、
そんな不安な気持ちの中やっとの到着の、「大尾不動滝」・・・新潟県東蒲原郡阿賀町七名大尾
**gooの地図サイト航空地図ありの為ちょい時間ががかります。

駐車場(スペース)から、徒歩6分といのだけれどちょいとの山登り、重力を感じるものの、誰がどうやって6分なんだと、京都・栂ノ尾の神護寺の階段よりはずっと楽かなあなどと考えていると、
到着・・・おーー、このゴロゴロとしたサイコロ状の石の上を流れる滝は、人工的なようで自然物のはず。
今までにあちこちと滝を見てきた訳じゃないけれど、これって珍しく貴重ではないかと感動の大尾不動滝だった。
しかし足場はゴロゴロとした岩・石で歩きづらいのに、そこに今登ってきた足腰では、カメラを持った僕としてはちと恐怖と覚えないでもなかったけれど、どうも登って見れる位置はどうも木の枝が邪魔になって、対岸からの方からならと思えども、川を渡らねばならす、
そんなことで、迷って写真を撮ってると、左足が「ジャボンsweat01」、、、、ぐあーー、とその時、今までの道のりを浮かべるとそう来れるもんでないし、ここは対岸に行かずに後で後悔するよりも、行くしかねえだろと。

新潟県っていうと所は、広い・・・っていうか、魔境に引き込まれるような感じだった。
道を行けども、行けども「キリがない」どこまでも舗装道路、キリの手ごたえ足がかりもなく、ずぶずぶと水の中をもがいて
沖に流されていくような気分で「ここ
新潟なんだよなあ。」思いつつも、どこにいるのかもわからなってきて、
それでいて山奥なのに、りっぱなトンネル、橋、そして家があったりするのを見ると、魔境にでも足を踏み入れてしまったかとそんな気になってくるのである。・・・住んでいる人には申し訳ないけれど、そんなショックだった。
でも、家に帰りちゃんと地図でよく確認すれば、山を越えた向こうは福島県只見町・・・納得した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いざ、大尾不動滝へ

3da_5186ss

3da_5145ss

3da_5232ss

Nikon D300           ついでに山道をふらふらと・・・野猿の集団に遭遇・・・ざっと10匹は越えていた

久方ぶりに、滝を撮りに行く。猛暑の為水不足で、滝が情けなかったらいけなかろうと、時期を見ていたのだが、
それにしても、道路を一本手前で曲がったのが、ちょっと焦った。ナビ付きの車とはいえ、ナビなんぞ役に立たぬくらいの山の中で、
ナビは、地図とは違うのだと実感された、道路があるのに、ナビでは道路がない、それもそんな出来たばかりの道じゃない、
そんな山の中にも、失礼だけれど集落あって人が住んでいるの驚きだった道を進んでいくと何と行き止まり、
しからばあそこでまがるのかと、行くも車一台やっとの山道、流石に進めど違うだろう引き返すが、そんな調子で間違った道を、
おおもとの道まで戻るのは距離があり過ぎるだろう、何とかこの辺りに抜け道でもありそうだがと、見つけたのがこの道。
たまらなく細く山を登っていくが、先ほどの山を登っていく道からしたら大通りにも匹敵しそうなありがたい道に思えてきた。
そんなこんなで、普通は目的に着くものだが、それでもナビがあろうが、地図があろうがテンでわからんような道なりを「大尾不動滝」へと・・・

今日はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休最初のモノクロのつまずき・・・・

3da_5135ss

3da_5136ss

3da_5140ssNikon D300

3連休、何を撮ろうかと考えてるより、カメラを持ってともかく出掛けてみる方がいいだろうと、出掛けては見た。
久しぶりの信濃川走る、遊覧船に乗ってみて燃える物がでてくるんじゃないと思ったが、また
「これは、イケそう?!」と撮ってはみたものの、てんでダメ!挙句にボートと波紋「ここしかないだろう!」
と、シャッターを、切ったら電池切れ・・・・写真が撮れないで、ただ歩くのって何だか自分的に不審者ぽい、
堪らんが、ここぞという場所を2か所ゲットして次につなげる。

と、帰路の夕方キレイな青空、、、、これは星空イケそうだなと、飲みたいアルコールもぐっと我慢で飲まず、
カメラテストもOKで、夜を待ってたのに、雲が出てきた!・・・・これもまた、堪らなくなってやけ酒を飲む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Business hours

3ds_7128ssa_2

Nikon D300

シャッターは、面白い。そのお店の顔だとかではなく、カッコつければ文化。
僕は、ただただシャッターに描かれたデザインだの、錆び方だの、風合い、色合いだのを見ては「渋いなあ!」なんて感じるのである。
当然シャッターに描かれるデザインはその時代の反映でもあるので、現在、過去を感じつつ見て行くとそれはそれで楽しいのある。

このシャッターは、そんな目で見たひとつ、黒塗りのペンキが錆びて赤茶けて、白ペンキの字も相まって、
僕にはジュージューと焼かれバターとガーリックが降りかかった肉汁たぷりのサーロイン・ステーキを出されたように感じなる
・・・無論どんだけ眺めていても腹いっぱいならんが。<br />そんなお気に入りのシャッターが何か所かあるけれどもひとつネックある、それを見れるのはお店が閉まっている時なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然の・・・・

Dsc_5506ss

Dsc_5493ss

Dsc_5532ss

Nikon D80    お気に入りの建仁寺と祇園

暑さも終わったのか、ひと雨ごとに涼しくなってきて、このまま紅葉へと向かうのかと思うと、
急に京都の紅葉を想い出した。2年前に行った写真を眺めた、あの季節は初夏だったけど、眺めていて行きたくなっ。
でも、行けそうにない、諸般の事情ってやつだ。そんな思いこめて、再度自己満足的にUPする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の「隣の芝生」

3ds_5616ssaNikon D300

夜が涼しくなった。「冬まで暑さが続く!」なんてとんでもないような事聞いていたけれど、きっちり秋が来ると思う。
そんな夜に、日課のウォーキング、だいたいコースは決まっているのだけれど、今日はいつものコースから逸脱して(・・・秋なんで気分も変えてカッコいい表現で)街中を歩いてみた。
子供の頃は、街中は歩いてる見る景色だったが、最近は、車から・・・それもめったに通らないのだが。
歩いてみると、そんな昔を思い浮かばせる店、家が残っていて昔通った、歯医者の前を通り、
「そうだよなあ、ここ通ったんだ」と子供の頃が思い浮かび始めたら、歯医者だけでも数えたら5軒は通った。
虫歯が多かった事もあるけれど、そのたびに行き先を変えていた、今から思うと子供頃に「隣の芝生」ならぬ
「隣の歯医者」は、気になっていたようだった。ギギーギー・ガガガーとあの痛さは子供にとっては重要な問題だ。
少しでも痛くなく、先進技術を持って治療してくれる歯医者なのか、それがあちこち理由ではなかったかと、
そんなことを考えながら、歩いていると向こうから、男子高校生が、ケイタイをいじりながら歩いているいてきた、でも近づくと違った、なんと文庫本を読みながら歩いていた、今では珍しい光景だった。
僕は、昔を物思い、彼は読書で、「これも秋なんだなあ!」感じられ、コースを変えた甲斐があったかもなあと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Two rabbits

3ds_3744_ssa

Nikon D300

暑さが残る9月といっても、8月よりも確実に季節が変わってきてる、涼しい日、涼しい時間も多くなって、
夕暮れあっと思うくらい早まってきていている、急激ではないけれど一日一日秋が深まっている。

今年の中秋の名月は9月22日、以前に福島県会津裏磐梯に釣りに行った。のんびりしてたすっかり暗くなった、
そんな帰路を焦るように車を走らせていた時、バックミラーを見ると驚くような大きな月!
それは赤みがかった黄色いお月さま、怖いくらいな大きな月だった。その時、あとしてに思えばあちこちで三脚を立て
カメラを構える人を何人か見ていたので「なるほどなあ!」と思った納得の大きな月だった。

磐梯の山の陰と見えたそんな大きい月にも餅をつく兎の姿は見えなかった、その頃がちょうど9月中秋だった。
あれほどの大きな月を未だに見ていない、あれは新潟よりも月に福島県が近いってことだろうか、、、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝焼け

3da_4880ss

3da_4882ss

3da_4927ss

Nikon D300

星に魅入られたかのように、仮眠してまた出掛けた。先日は、細い新月だとはいえ月明かりで、
星の明かりも消されていたのではと、真っ暗だったらどんなにキレイなんだと、気になりだしたら止まらなくなった。
今度は、カメラ2台体制で、ひとつは通常の夜の星座を、もうひとつは長時間露光で星の軌道を写すことに。
車から降りた時、3時半真っ暗だったが
見上げると思わず「おーー!」と声を出した、天候の読みドンピシャ当たったが、
長時間露光するべきカメラが動いてくれず、夜の闇の中で焦った。そんなショックを知ってか知ねか、
何だか、怪しげなうっすらとした雲も出てきたのだった。じっと待つ間も、撮っては見るがモニターか見ると空は、
今ひとつな感じ。そんな状況なので空が白んで太陽が昇るまでチャンスを待ったが
遂にはチャンスは来ずお陰で、
何しに行ったのかわからいような始末である。
すると・・・何だか景色が朝なのに夕焼けのように空が赤くなってきてこれが「朝焼けだ!」と言わんばかりの空、
シャッターを切ったのだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Water

3ds_3763ssa

Nikon D300

先日まで記録的な暑さで、涼を求めあちこちと湧き水を探していた、冷たくて美味しいとのは当たり前だけれど、
どんだけ飲んでも無料だし、カロリーがないから健康的だし、暑い夏に水分補給に適してる、
あちこち周るので少し探検気分も味わえる、そして意外に水の流れる音と冷たい水に触るのが癒しにもなってくるので良いことづくし。

どこの湧き水も「えっ、こんなところに!」と自宅の近所なんだけど盲点のような意外の場所にあったりする。

そんなマイブームの「湧き水」だったけれど、9月に入って30℃が涼しいと感じるようなってどうでもよくなったみたいだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Pond

3ds_3365ssa Nikon D300

目玉焼きでも焼けそうな連日暑さ8月、9月に入ってもそんな暑さが続くぞ!なんて予報もされて「こらたまらんなあ!」と、
「えらいやっちゃ!えらいやっちゃ!よいよいよい!」とサウナ風呂の中30人で阿波踊りしてるようなイメージが
浮かんでいたけれど、このところはそんな阿波踊り30人が20人に減り小踊りに変わったようで、
日中の暑さは和らいできたかなあと、とは思っていたが残暑ちょい厳しい9月なのだが。
今日、ピンクのコスモスが咲いてるのを見つけた。「ちょいと咲かせてもらいました!」なんて控えめに見えたけれど、
コスモスどころの秋の気候じゃなかろうに、どうやって季節を感じて咲いたのだろうと驚き、不思議さ、感嘆と、
「偉いよ!コスモス。」と、もう秋はここでも来たてるんだと色々な事が同時に頭の中に浮かんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Beach side

3ds_8404ssa

Nikon D300

海へはよく写真を撮りに出掛ける、遠くに見える水平線、そこに掛る雲、寄せ来る波々、形かわる砂浜、風と戯れるカモメ、
時には海を眺め癒しを求めに来た人たち、そこへ
晴れ、くもり、風、雨、雪と年中同じ風景はない。
でも流石に夏場だけはウロウロ出来ない、「カメラを持った怪しげなオヤジ」になっては絶対まずかろう。
今年のように夏が長いと海へ中々行けない。

写真は、そんな海岸から見えたポツンと目立つマンション、そんな問題を解決してくれそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Street

3ds_0997ssa

Nikon D300

新潟市内繁華街に街撮りに行くと、週末なのに思ったような人出はない、これが「疎ら」なんだと云う感じである。
そんな疎らの街を歩いて写真を撮ってると、「あれ?今日は休みだよなあ」と休日だということを疑うようなことさえある。
ここで人が欲しいなあという風景にもなかなかに人が通ってくれないような塩梅ある。
そういう点は、大都会はうらやましいかも。

P1150885ss_2

もはや中核の大和デパートは撤退、はす向かいの老舗本屋の北光社も店じまい、ちょとした本を探す時はここまで来たもんだが、
それもなくなった。人々の買い物は郊外の大型ショッピングセンターに移動して今ではそこは昔の繁華街なみである、
さしずめ繁華街ならぬ繁華ショッピングセンターである。

3da_4566ss_2

今から思えば、大和デパートがいけなかったのではなか、新潟の繁華街としての中核ゆえに店に活気があり人を
呼び込んでいれば店と周辺商店にも相乗効果もでもたものを、現に過去の隆盛を誇った頃がそうだったように。
そしてそれが富山県の本店のデパートでなく、関東の有名デパートだったらまた状況も今とは変わっていたように思う。
要するに、車時代で交通に便利な郊外へはなったにしろ、人を呼び込めず人が逃げたのである、
その点、伊勢丹を中核とする万代センターは、まあまあな成功だったのではないか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

星座

3da_4633ss

3da_4624ss

3da_4626ss

3da_4636ss

Nikon D300

ずっと夜空の星が撮りたかった。
けれど自分の酒飲んで運転出来ん、眠いだの勝手な都合
、天候のコンディションなのでずっーと延びていた。
それが夜空を見てたら「今日しかないだろう」くらいの星空だった、どうしようかと迷ったが、
真夜中の3時頃に出掛けることにして、仮眠した。
到着すると、空には新月が出ていたが星をかき消すくらいでもないし、むしろ足元は真っ暗に近かった。
空をじっと見上げて目が馴れてくると、東の空高くにオリオン座が見えてきた。

続きを読む "星座"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Green & black

3ds_4104ssa_3

Nikon D300

9月に入ってもう中旬になろうとしている、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉もあるが今年はどうなんだろうと思っていた。
例年なら「残暑厳しいねえ~。」などと言ってそれでも暑さに対して「ありがとうね、夏は終わったが、お名残り惜しい、
冬はまだまだ来なくていいので、がんばってね!」みたいな気持がするのだが、誰だって今年は別だろう。
でも、この台風の影響か、ぐーと涼しくなり日中温度27℃、5月くらいなら「暑い」温度なのに今は涼しい。

写真は、春のものだが、カメラを始めてこんな光景を見つけると、夏よりも春って良いなあと思えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Night

3ds_0405ssa

Nikon D300

暑いと毎日と思っているのに、夜が、すっかり早くなったなあと気がつく、油断しているといつの間にか夕方が終わっている。
太陽の照っている明るい時間が短くなると何だか損をしたような気分になってくる。

3da_4637ss
冬至に向けて日に日に短くる昼間遂には、午後4時を過ぎて暗くなってくると「あーぁっ!」てなぐらい悲しくなってくる。
やっぱり昼間は明るく長い方が人生も健全に生きられるのではないかと思うだが、朝日などを撮りに行くと、
僕にとっては信じらないような早い朝なのに、朝の散歩、ウォーキング、犬を連れて、等で歩いている人が思いのほか多い。
こいいう人たちは、僕よりはずっと人生健全なんだろうなあと眺めているけれど、靄っていたり、早朝のまだ弱い光っていうのもあるが、、
昼間の風景の中の人たちよりも何だか影が薄いように見えるのであるが、やっぱり寝起きで体が起きてないからかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

In Morning

3ds_7733ssa

Nikon D300

朝は毎日来る、朝の来ない日はない。でも、僕はずっと学生時代から夜型人間なので、朝が弱いから早朝の風景は見ることよりも、
「勘弁してよ~!」寝ている事を選ぶ。
でも、人が目を覚ましていない朝の風景は「自然はいいなあ」と何とも言えないものを持っている。

続きを読む "In Morning"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Chair

3ds_3673ssa
Nikon D300

椅子、イス、いす、チェアー 、色んな椅子があった、でも椅子といって思い出すのは、小学校1年の木製の椅子だろうか、
多分この場合は平仮名の「いす」だと思う、おぼろげだけれど当時の自分の座席の周り座る友だちの顔も浮かんでくる。

そして当時、覚えているのは、「起立!、礼!、着席!」の時、いたずらである女の子の「いす」をさーと引いて尻持ちをつかせたこと。
小学校に入学したてのまもない右も左も知らないような子供だ、「いす」を引くと女の子はストーンと見事に後ろに尻もちをついた。
「おとととっ!」と後ずさりするような笑えることなく、無抵抗なまでにキレイに決まったいす引きは危ないくらいだった、
僕は本当に悪いことをした様な気持なり、それからは女の子に椅子引きはやめたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Water lily

3ds_3327ssa

Nikon D300

夜ウォーキングをする、蝉が鳴かなくなった、かわりに秋の虫の音が聞こえてくる、ひしひしとそんなとこでも秋は来ている。

ずっと晴れ続きだったが、夜中に雨の音がした。窓を開けて見ても暗くてよくわからいので手を窓から出すと雨で濡れた。
久方の雨が降って「うれしい」気がしたが、ちょっとすると雨が手に当らなくなり雨音だけになった。
猛暑続きのおかしな天気で、水滴の雨が降らずに「雨音だけ」が降るようになった気がした。あっという間の雨だった。
あまりの呆気なさに終わったのかとがっかりした。

そして翌日午前中にザ、ザ、ザーとスコールのような雨が降った、台風7号の影響だろうが雨が台風でも来ないと降らないっていうのはどうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bandai city

Dsc_0609ssaNikon D300

街撮りに出掛けるのだけど、以前に赤だの青だのとマネキンが服を着せられてキレイだなあと思ってショーウィンドーを撮っていたら、
巡回中の警備員にジロリと見られ「許可なく勝手に撮らんで下さい!」と言われた。
それからであるこのBandai city 辺りへは行く回数が減った。
原因は、怒られた事自体でなくて、言われたとたんに「撮ろう」やる気が失せたのだった。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

オヤジオバサン化

3da_4108ss

3da_4114ssNikon D300                                                                                                                                                                                             *** ガガブタ

歴女、鉄子、女子カメラ、山ガール、仏像ガール、旅ガール、考えごとの好きなのはカンガルーと、はた又バス・電車の女性運転手と
婦女子の本来男の領域へ進出には驚くばかり。

ウォーキングしてたら向こうから若い女性がタバコを吸いながら歩いてきた、まったく目線を合わせても悪びれもせず
日常茶飯事的に吸ってた。ひと昔前ならばと思うのだが、これも○女、○○ガールと関係していることなんだろうか。
僕にはあれだけ、キモイだの、汚い、臭いなどと嫌っていた「オヤジ」がやっていたことを始めてもそんな「オヤジ」を認めたって
ことでないだろう思う。

きっとこれは女性ゆえに、新しい人種として「オヤジオバサン化」してるのだと考える、オヤジ、オバサンの凄い部分を取り込んで
成長していくのだろうから、あんなところも、こんなところも合体したらと想像しても恐ろしい。
それゆえに日本おいて何らかの危機を迎えても何とか生きて行ける屈強な人種になるのではないだろうか。

でもなあ、「おやじギャグガール」はいつ出てくるんだろう、待ってるぜ^m^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早くもというか、うかうかしてたらっていうか、ともかく9月突入だぜ

3da_4521ss

Nikon D300

ついに9月突入、依然日中の暑さは、おさまりそうにない。
学生さんは夏休みが終わってまた学校、久々に登校して「夏休みどうだった?」と聞かれ、「暑いしかないって!!」みたいない会話が聞こえそうである。
ほんと夏休み期間まるまる暑いんだも、猛暑で「もうしょうがねえ」なんて冗談も云えないくらい。

依然昼間はこの暑さなのに、「10月まで続くんだ!」なんて話も聞くと「勘弁してよ~!」なんて云っていまう、それって、誰に対して勘弁なのか?!太陽さま?でも、こんな風に「この先秋まで○○日!」って親切に教えてくれたらなあ・・・「すぐじゃん!」って胸の内がもやもやが少しは治まりスッキリするだろうに。
今年のこのムカッ腹くるような暑さに、税金を掛けたら税務署員も大忙しなくらい来年税収が相当増えるし、それを聞いた僕は水戸黄門のクライマックスのように「やったぜ~!」てニヤリってしそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »