« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

マリンピア日本海 クラゲを撮る

3da_3335ss

3da_3316ss

3da_3338ss

3da_3345ss

3da_3357ssNikon D300

新潟市水族館「マリンピア日本海」の職員が水槽水の消毒及び寄生虫被害防止の際に塩素酸ナトリウムを誤認使用したために、
大水槽の約40種類7000匹の魚が大量死した。そのため、復帰するまで今月いっぱい無料開放ということなので、、、、

再度山形・加茂水族館へクラゲを撮りに行く前の練習としてちょうどいいかあと出掛けたけれど、
でもわかった、小さいクラゲは撮りにくい。クラゲの入った水槽はクラゲが美しく見えるように水の流れを作ってふわふわとさもクラゲが泳いでいるかのようにみせているのだが、これがクラゲが小さいと水の流れに影響されやすく速く動きやすく、まして暗めなのでブレやすく撮りずくなるである。
やっぱり、加茂なのだ。

しかし、「わあー!きれい」と言いながらケイタイで撮っていたいたのをも見たけれど、うまく撮れているものなのか、気になった。

続きを読む "マリンピア日本海 クラゲを撮る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速無料化 社会実験スタート

3da_3183ssNikon D300

とうとう来たるべき日が来た、高速道路(一部)無料化(社会実験)。出たついでに日本海東北道を走ってみた。
開始と同時にどんだけ道路が混むのだろうかと気になっていたから遠くから高速道路を眺めているよりも走った方が早いと走ってみた。
通常道路の一番交通量の多いのが週明け仕事始めの月曜日。
次に徐々に火・水・木と少しずつ減って金曜日に増える、そして土曜日は仕事をしている車と、休日お出掛け組の車でどっと交通量が増える。

走った感じ、時間帯にもよるのだろうがやっぱり多い、ところによっては車が何台かつながった。ここの高速道路が出来たばかり時は交通量があまりに少なくて片側2車線がもったいようで真ん中を走っていたくらい(時効)(^^ゞ
あちこちで「社会実験中」の標識が目立った、工事用の梯子を積んだ車が走っていた、それも危なっかしいような積み方、大丈夫かよ突っ込みたくなるよう車もいたし、明らかに高速道路の運転初心者マークのような走り方で後ろに何台もつなげて走っているような車もういたけれど、高速道路としては問題なく役目を果たしていた。
仮に渋滞になっても「無料なんだしまあイイか」とそんな寛大の心で許せるようだっだが、たぶん高速道路の事故は増えそうだなあと思った。

僕みたいに、物見遊山のように無理に走る必要のない者でも、「タダなんだから走ってみようかな。」いるだろうが、社会実験は今日始まったばかり、これからである。問題は週末だろう土日うちの土曜日がどうなるかである。

そんな中で今までほとんど使った事のないインターチェンジで乗り降りした、無料となればこれからは使用回数も増えるだろうと、運転しながらICに「よろしくね!」と挨拶をした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

緑深まる渓谷で

3da_3245ss

3da_3247ss

3da_3240ss_2

3da_3218ss

3da_3236ssNikon D300

新緑から深緑へちょいとモジャモジャなような緑である。テレビで出てくるような”行ってみたい感”というのか、「こんな所があるんだあ。」みたいなそんな感じがしてこない緑風景。
写りは腕なんだろうか僕のカメラはカメラは高いからなあ(笑)、いい訳をさせないためにも高いカメラを買ったのだから、キレイに写ってなければそれは僕の腕、答えは簡単。

実は3週連続同じ場所を撮りに行った。1回目は、普通に緑を、2回目は、雨が降った後の緑はどう写るのかはどうもレンズが今多用しているレンズが汚いような感じなのでニコンの普通のレンズに換えて、そして今回3回目は、雨の降っている状態で撮ったら、そんな感じで出掛けた。

続きを読む "緑深まる渓谷で"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレデターか、それとも天狗かも?

3da_3260ss

何気に、真ん中あたりの葉っぱの重なり具合が、怪しくて。

3da_3260_sscNikon D300    ちょっと拡大、左を向いて右手を木に掛けているようにも見えるのだが?

1週目がお天気だったせいか、近くで何組もの親子グループでバーベキューをしていが、2週は雨降ったが、後でもあり誰もいなかったが、
撮っていてなんだか気のせいか誰がいるような気がしたが、撮ったあとで確認したらこんなのが・・・真ん中あたりに葉っぱのかたまりに見えるが、人影風にも見えるが、思わず映画「プレデター」を思い出して、「オレはここで、死ぬのか?」でも勇者でもないんでもないぼくだし、生きていたらもしかして天狗?天狗のうちわをかざすと姿がきえるのでは?そんなことを思いながら念のためにもう2枚くらい撮ったが、同じようなアンバイ。
相手も、警戒したジッとしているとも考えたけど、未だに結論はでず、、、、でなくてあたりまえか。

続きを読む "プレデターか、それとも天狗かも?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

巨大地下道と気になるメール

そんな中で気になる差出人があった、有名人だとか、見知らぬ女性の名前とかがあったり、「おめでとうございます」、「お金受け取って下さい」、みたいなほぼ怪し系はあるけれど、
気になったのは差出人が自分だった!性格には自分のメルアドだ。

3da_3173ss

3da_3169ss

3da_3167ss

3da_3176ssNikon D300    以前にケイタイで撮ったけどあんまりひどかったの気になっていた、愛機を持って地下にもぐった。

迷惑メール区別されるファイルをのぞいたら、御苦労な事に相変わらずきている。

続きを読む "巨大地下道と気になるメール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部分月食と銭湯ペンキ絵

3da_3425ss_2

22日撮影プラティクス。

3da_3429ss

24日プラティクス。満月に近づいていく。

3da_3440ssNikon D300          そして、遊んでみた。

26日に部分月食がある、最大に欠ける時間は午後8時半くらいらしい。
でも、今梅雨時期でお天気は心配だけど、それなりの撮り試しをする。

今回あることをきっかけに、銭湯における富士山の絵を調べていた、関東の銭湯には当たり前というくらい湯船の上には富士山のペンキ絵がある。
全部行った訳でないし、行ったとしてもかなり昔の学生時代に風呂屋巡りはした経験だけど銭湯には富士山のペンキ絵がつき物ではないのかと、
そのあたりからネットで探っていたら、興味深く、面白いブログを発見した。それは銭湯ペンキ絵師のお弟子田中さんの書かれたブログだった。

   銭湯ペンキ絵師見習い日記  

日常の作業はもちろん、あちこちの銭湯の内部、そして当然のように壁に描かれるペンキ絵の模様を、お弟子さんタナカさん書かれたもので読み始めると日本文化を知るのにも興味深いといよりも、「今回タナカは、空と松を描かせっていただきました。」面白い文章を書く方です。ちなみのこの方は美大大学院出のお嬢さんというから驚いたです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

犬も歩けば、、、

3da_3294ss

先週様子を見た時は全然だったのに、ともかく 今年お初の蓮のつぼみを見つける。

3da_3304ss

3da_3308ss

3da_3287ssNikon D300

夜いつも歩いているコース、住宅区画整理で歩道付きの広い道路ができたので最近コースをこちらを通ることにした、
毎回同じコースではどうもマンネリ化して気分を替えるにも そこでいつも通って家で、夜9時でも真っ暗家だとか、
テレビの音が大きく洩れてくる家だとかあるのだが、その中の一軒の道路に面した窓が銀色がかった作物をつくる遮光カーテンのようにも見えるけれど、なんだかよくわからい素材のよくわからんカーテンの家があった。
中の明かりがそんな遮光カーテン越しにうっすらと見えることもあったが、
夜のせいかわからなかったけど、先日の日曜昼過ぎに日課のウォーキングをし、その気になる家の前を通った時、窓を見て、ドキリとした。
なんとそのカーテンはカーテンであってカーテンでない。
今では見なくなったあき缶のプルトップをいくつもつなぎ合わせたカーテンだった、カーテンと言っていいのかわからないが、
そのカーテンにするためには相当数の缶をあけないとあれだけの窓を埋め尽くすほどの量にはならないし、いまどきプルトップなんてないだろうと、
それを今まで取っておいたその努力と数を思えばカーテンと認めてならなくもないくらい。

世の中、一面だけ見て判断してはいけないとういうような、我慢しても我慢しきれず知人の家でトイレで、うんこをすることになり、
やっと出たーと思って紙で拭こうとしらトイレットペーパーの残りが少なくなってて、「拭けるか?」どうしようと「紙の予備くらいおけよ、
ここの家もんはこういうこと気がつかんのか!」などと焦りで汗をかきながら文句とどうしようと心配しながら事なきを終え、トイレから出ようとした時にたまたま上を見たら棚の上に山ほどトイレットペーパーを発見。
僕の今の悩みは何だったの、「それにしても今頃気がつくなよ、オレ」みたいな時がある。勝手な思い込みはイケない、それにはそれの意味があるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜、海へ行った

3da_3147ss

3da_3148ss

3da_3154ss

3da_3098ssNikon D300

どのくらいぶりだろう、釣りに行った。行こう行こうと思っていても、中々行けず、釣りに行くなら写真だろうってくらい、写真優先だった。
でも、今日は5,6枚花の写真を撮ってみても気が乗らなかったので場所移動、山方面か海方面どちらだ、山だったらついでに温泉につかるのもいいなあと思いつつも海の風景が頭に浮かんだ。
そして車を走らせているうちの「釣りでもすっか!」竿はいつでも車につんである、写真よりも今日は釣りだあになった。
昔よく来ていた港に到着、ずらり釣り人が並んでいた、ただ多さを眺めるのではなく、この中に混じって釣りをするぞーーって気分になったのも久しい、誰もいないところよりも人が多いと「目に物見せてやろう」僕の闘志はメラメラと燃えてくる。

一投、ニ投と徐々に海の雰囲気にも慣れてくる、向こうのあんちゃんが何やら釣った、「なんだこれ?なんて魚、ブラックバス?」などと友だちに話している、そらあ「ソイ」だろうと僕はブラックバスが淡水魚で海で釣れる訳がない事を知らないようなビギナーなあんたちゃんに釣られたことに少しムッカーってきた。
でも、結局は何も釣れずに終わったが、海辺の風を感じ、堤防、テトラ、砂地と歩き久々に海の雰囲気を感じたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3da_2812ss

3da_2823ss

3da_2841ss

こう云うのを雑居ビルというのだろうか、あちこち飲み屋街を撮ってると似たような建物どこにもある。

3da_2828ss

何年前だろう、「人体の不思議展」が来た、あんまり不気味なので入場者などいないだろうとよそうしたら、何でかその逆だった。
そして今度、「新」がついて標本一新とある、今回はどうしよう。
Nikon D300

6月中旬である、そろそろ蓮の花の季節を迎える。昨年の記憶からすると今月の末には蓮の花を撮っていた。
けれども、今年は桜の開花が昨年よりも1週間くらいは遅かったので同様な開花サイクルからするとやっぱりおくれるだろうか?
そんなことを考えながら果して人さまどんな蓮の花の写真を撮ってるのだろうかとネットで写真素材用の画像を参考に見てみたが、写真の上手下手の差は当然あったけれど僕が撮る構図と変わらないばかり、そんな色んな撮り方が出来るほど器用な花でははあるわけがないなあと思えてきたが、中にはなるほどとφ(..)メモメモ参考になるものも、
そして何やら気になるものがあった、それは蓮ではなく睡蓮である、たぶん睡蓮だよなあと、花からの下の茎は細くて短い、葉っぱもひとまわり小さくて、水面から高い場所にでてるのではなく、ぼぼ水面で濃い緑の開いている。
この人たちはついでにこの画像をアップロードしたのか、それとも睡蓮をホントに蓮だと思って撮っていたのか、プロがそんなこともわからんで撮ってたりしたら、いい加減な僕も何だかプロのレベルが届きそうな感じなり、何だか嬉しくなった。
写真はやっぱり成長せねばなるまい、昨年と同じでは撮る意味がない、今年はどうとろうかなあ。

続きを読む "蓮"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

時々弱気な自分

3da_3155ss

3da_3158ss

3da_3159ss

3da_3166ss

3da_3119ssNikon D300

現実を、見据えられない時がある。
おれ・私にはないという立派な人もいるのだろうが、普通は誰にだってあるだろう、それは目の前のことなのだけれど認めたくもなく、認めることは現実を受け入れること。
そしてそれは頭を抱える様な悩みがまたひとつ増えることなる。簡単に解決出来たら問題はないけれど、
物事はそう単純ではなく色々絡み合っていて、今はともかく静観するしかないような、人にまで迷惑をかけるようなことではないし自分だけのことなので見えてるが見えない、焦点だって合そうとしない、簡単に云ったら逃避かもしれない。
そんな自分を感じながら気分が曇りがちになりながら、何もなかった様に髭をそっていたりして鏡の自分に「おまえは何者?」云ってみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の愉しみ 

3da_3032ss

3da_3020ss

3da_3057ss

3da_3041ss

3da_3083ssNikon D300

年に何回あるだろか夜の撮影。でも、今のように夏至向かって日が伸びていて暗くなるのが遅くなっている今に、撮るなんて我ながら珍しいし。
けれど新しい場所でもあった。逆に日が沈むのが早い時期は午後6時くらいには十分撮れるけれど、ともかく寒いのである。
そんな寒さどころかTシャツ1枚の格好で夜な夜な気軽に行動暴れまわれるなんて、灯台もと暗し的改めての発見。
寝耳に水的棚からぼた餅、目から鱗で今後の写真ライフに影響しそうである。
ただねえ、よる夜中に、カメラ持って暗い中で撮影している怪しいオヤジいたら職質されても不思議ではない。
警官 「何をしているの?」
オレ 「夜景の撮影してます。」
警官 「夜景っていても、何も工場以外ないじゃないの?」
もうひとりの警官 「怪しいなあ(¬д¬。) ジーーーッ」
警官 「身分証明できるものある?」

みたいにならないとも限らないから、ともかくモニター見せてキレエーー( ̄▽ ̄;)!!って言わせれば許してもらえるだろう。

続きを読む "夜の愉しみ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車の思い出、、、、

3da_2898ss

3da_2908ss

3da_2910ss

3da_2914ss

3da_2922ss

3da_2920ss
Nikon D300           こんな親切な電車がなくなるなんて惜しい、廃線までに乗っておけばよかったと思っても遅いであった。

電車に乗ると時々思い出すことがある。中学時代だったろうか友だちと何両か連結されいた中の誰もいない運転席付近で、ふざけていた、ふざけていたといよりも正確には僕だけだったと思うのだが、そんな光景をどこかのお姉さんが見てた様で、それを意識てか段々とエスカレートしていき、友だちを笑わすつもりがそのお姉さんがこらえ切れなくなって、笑い始め「あんたって面白い子だねえ。」と言われて嬉しくなった記憶があるのだが、
確か、ブラインドを閉めたり開けたりして、開けた時に「こんにちは!」と友だちに云っただけなのだが、そのお姉さんはそれまでにこらえていたものが耐えられなくなって噴出したのだと思う。僕のまわりにサービス精神込みのおふざけの要素はこの辺りから始まったのではないだろかと思おう。

続きを読む "電車の思い出、、、、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄ちゃんとなる日

3da_2879ss

3da_2883ss

3da_2880ss

3da_2931ss Nikon D300

暑い。すっかり暑くなって日差しが、もう先日までの初夏のものでなくて完全な夏である。夜だってちょいと寝苦しい、さすがに今からエアコンをつけて寝るなんてしたら罰は当たらないかもしれないけど、今年の夏は越せるような体力なくなるだろうなあ。
あちこちまだ明るい夕刻車を走らせると、焼肉屋とか焼き鳥屋とかいつもより混んでいそうな気もする、子ども手当てに、もうすぐ景気が悪いとはいえボーナス時期、暑くなる前の体力強化かなあ。

続きを読む "鉄ちゃんとなる日"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

月潟の類産梨

3da_2870ss

3da_2873ss

3da_2876ss

月潟、その昔の越後角兵衛獅子はここが発祥の地。

3da_2872ssNikon D300

犬も歩けば棒に当たる。車にナビがあるにもかかわらず、廃線になった電車と駅を写真を撮ろうとウロウロしていた時に、ナビに観光マークが出た。
月潟の類産梨 まわりは部落家々と田んぼだけ、何もないからかえって分りそうだがマークの脇を通っても発見できず、あきらめても良いけれど、
めったに来ないところだし、また来るなんてあるだろうかと、ここまで来たのだからついでと梨畑の中でやや意地張りつつも探し当てた。

「国の天然記念物」こういう文句には僕は弱い、国宝だとか、国指定とか特に写真を撮るようになってから、どうもそんなオーラに魅かれるようなった。

しかし、この日までこんなところに「国指定」があったとはわからなかった、でも見れが並みはずれたようなどっしりとした幹の太さ、この梨はまさにこの地域をずっと見てきた主みたいなものかな。
でも、この樹になる梨が気になるのだけれど、国指定の梨だからなあ。

続きを読む "月潟の類産梨"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメラを持ってひたすら歩く、汗

3da_2806ss

3da_2804ss

3da_2801ss

3da_2799ss

3da_2822ssNikon D300

物置である作業の流れで、靴の箱をあけてみたらなんとまだまだ履ける冬用の靴が何足かでてきた。「おーそうだ、これこれ。」みたいな、
冬場に別段なくてもこれまでやってこれたのだが、ずっとなくなっていた足の一部が突然目の前に出てきて、「あーそうだった、俺にはこいつらがいたんだっけ!」ってずっと別れていた分身に再会したようなものだろうか。
しかし、今年はどうしていたのだろう、昨年はどうだったろうと、何だかそれすら「おや?」とは思ったくらいなにげに冬を越していたようだ。
そうなんだ、冬用の靴だから春がきて片付けてそのまんま次の年は箱の事はすっかり忘れてたってことである。
さすがオレ!良いモノ買って手入れもよかったので履けるものあった。れど、天然ゴム使用底のワラビーだけは、ゴムが固くなってしまっていたけれど、どうなんだろう今年はこれら忘れないで履くだろうか、ちょっと自信がねーな。

続きを読む "カメラを持ってひたすら歩く、汗"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノドもと過ぎれば、、、

3ds_0097ss

3ds_0096ss

3ds_0091ssNikon D300          以前にも載せたけれど、奥の木あるのだが、、、search

日課のウォーキングをする、本来着るものは軽装に限ると思ってるだけに、暖かくなってくれば長袖よりも、半袖で街中を夜風を感じながら歩くのは気持ちいいものである。それもいつしか歩いていると汗をかくくらいの季節なっていたのだなあと、空が暗くなるのだって8時前だもの。
暑ければ暑いだけにこれからもっと息もできないくらいに暑くなるのに、どうしようなどと変な悩みがもたげ始めた、、、あの冬からしたら贅沢な話であるよ。

続きを読む "ノドもと過ぎれば、、、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偶然の大凧合戦

3da_2963ss

3da_2964ss

3da_2969ss_2

3da_2970ss_2

3da_2971ss

3da_2972ss

3da_2973ssNikon D300

新潟・白根の大凧合戦、ニュース、新聞、噂などで聞いていたが、遠いこともあり行くのが初めてだった(・・・車の調子も兼ねて遠出していた)。
目的は他にあったのだけれど、行く途中になんだろう?と遠くに見えていた、今日だったのかと思いつつも気分は、どうでもいいやモードだったけれど、いつしか頭の中でこんな催事は今度見れるのはいつになるやらわからんし、撮たいと思ってあん時撮っておけばなあなどと後悔したくないので、ちょい重い足を大凧に向けた。

続きを読む "偶然の大凧合戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだかだるい週末

3da_2864ss
Nikon D300

何だか週末、たいした事をしてないけれど疲れたなあ。実は、3月末に新車が来て、2ヶ月になるけれど最初は気がつかなかったが、
新車の運転に慣れてくるにつれ、どうもネジがゆるでいるよな妙な音が聞こえてくるのに気になり始め、原因をさぐるもわからず、車の1ヵ月点検時に見てもらったけれど、心当たりらしきところをネジを全部締めなおしたというけれど、それでも音は消えず、本来楽しいはずのドライブも、そんな妙ちきりんな音で、段々運転が不快になり、頭の痛くなってきて新車といえどものりたくなくなっていたが、再度のディラー持込で、テクニカルな人を乗せて走ったらさすがに専門職、良くわかったようで修理に小一時間で直したいうけれど、あれだけ頭を悩ました音は消えるはずもないと恐る恐る乗るがホントに消えた。
まったく、聞こえてこなくなるが、でも2ヶ月間不快な思いをしただけに条件反射的に運転=異音になっており、聞こえるはずもなくなった音が、どうも聞こえているような感じになっている。
これは、毎日乗って体に異音が消えたんだということを体に覚えさす必要があるのではないかなあ。

まあ撮るものは撮ったしまあ良しせねばなあ。

そんなわけ、週末修理もあり、異音で悩まされて疲れが出たのか、ほんとの疲れ簡単に終る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟大和 

3da_2814ss

3da_2819ss

3da_2818ss

3da_2820ssNikon D300

今月25日閉店するデパートがある。全国あちこち有名百貨店の「あそこがあ!?」などの驚くような閉店ニュースを聞きいているけれど、
ここ新潟でさえ御多分にもれず驚くような地元を代表する百貨店閉店のニュースが入り驚かない人間はいないくらいの、
歴史と由緒あるデパートだったが、でも言われてから皆「そうだよなあ、行かなくなったもの。」と心当たりというか納得するものが、あるはずである。

続きを読む "新潟大和 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三つ子の魂

3ds_8746ss

3ds_8749ss

3ds_8768ss

3ds_8836ss

3ds_8863ss

3ds_9159ss

3ds_9175ss

3ds_9190ssNikon D300

ここまで来ると恒例的というか、このところ枚数撮ってないので手抜きというか、まあ何でもいいけど、ファイル内を整理したいだけ。

どんだけ貯めたのかとうよりも、載せようとして後から撮ったものを先に載せたりしてともかく載せるタイミングがなくなり今日に至る。

続きを読む "三つ子の魂"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりの五月晴れに誘われて

3da_2675ss

3da_2673ss

竹、伸びる時は1日1メートルはのびると聞くが、、、、皮の下はガンガンと固い立派な竹である。

3da_2687ss

3da_2692ssNikon D300            

久しぶりの青空だった、清々しい5月相応しい気持ちのいいお天気となった。どこへ撮りに行こうとかの目的はなくても、家でじっとなんてしてられなくて行き先を決めてどうするなどの目的というより、ただ「あっちの方へ行ってみよう。」と車を走らせた。
走らせると、山のスキー場が目に入った、雪のない草ぼうぼうの緑のスキー場も面白いなあと向かったが、スキー場手前で立ち入り禁止になっていた、「何だこれ?!」引き返すと、2台だったか車とすれ違ったが、相手にパッシングして教える訳でもなくタダすれ違った。

続きを読む "久しぶりの五月晴れに誘われて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜を歩くから、はじまって。

3da_2754ss 

真っ暗である、肉眼では星は見えてるようでも、、、

3da_2752ss

やっぱり真っ暗である

3da_2756ss

こんななか、夜のスポットライトを発見、誰が歩いてくれたら絵になったのに。

3da_2771ass

Nikon D300          やや寝ぼけ頭で撮った「下弦の月」      

夜を歩く(ウォーキング)、ずっと雨模様で歩けなかった(・・・が、日曜日あたりから天候が回復してきた)。
そのせいもあり、空を見て星が気なった、そういえば昨晩は、月も出ていたがなどと、日課runを終了後カメラを車に積んで出掛ける。
改まって星を撮ろうなど空を見ると星ってこんなに見えなかっただろうかと感じた。見えてる時はもっと見えていたようであり天の川まではっきりと輝いていたような記憶がある、季節的、空気の汚れ、あるいは視力もあるのかもしれないが、もう少し綺麗だったはずが今日は見えない。
とはいえ星は見えたがどこを眺めても月はなく「昨日見たのは、何だったのだ?」と月を探すが見えず現れず、家に帰ってさて寝ようかと部屋の電気を消して外が明るいことに気づき、真夜中月の撮影をする。
ここで撮らないで寝たら後悔して寝れないくなるのではと、カメラを持ち出し撮る。「やれやれ。」
冬場の方が空は綺麗と人さまに言っていたが、今年はエライ雪騒ぎと共に寒さに負けて、星どころではなかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »