« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

秋の日差し

3ds_6757ss

3ds_6758ss
Nikon D300

昨日書こうかと思ったこと、ブログ更新をしてるいると屋根に伝わって雨の気配がしてきたが、やがて開けていた窓から雨の匂いがしてきた。なんだかいつでもそんなのは体験できる事だけれど、夜に窓を開けっぱなしなんていつまでも出来るもんではなく、こんな部屋でしみじみ感じるような雨の匂いももうすぐ終りかと思うとそんな匂いがなんとも気持ちを癒すような匂いに思えてきた。

とはいうものの、昨日は暑いのか寒いのかよくわからない日だった、そんな日はやっぱり寝苦しい。

続きを読む "秋の日差し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり気になった風景

3ds_6774ss

3ds_6776ss

3ds_6780ss
Nikon D300

ハタチ前に通学途中に気になっていた風景があった、でもその当時はだからと言ってカメラを持ち出して撮るような時代じゃあなかった、それから時間が山あり谷あり越えてデジタルカメラを買ってあちこちを撮り歩いたけど、そんなハタチ前のことなんてすっかり忘れていた。
それが昨日、そんな場所を久しぶりに通ってウン十年ぶりに思いだした。やっぱり撮ってみた、基本的に構造は変っていないが外壁は変っただろうが、こんな眺めは今でも変らず好きだと気がついた。
何だか過去に逆戻りして思い出もお金買えたような気がした。

続きを読む "やっぱり気になった風景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日の出と日の入り

3ds_6739ss

3ds_6815ss
Nikon D300

それはついてなかった、占いでは良い日のはずだったのに。日の出を撮りに行った、日の出時間までしっかり調べていったのに、
朝靄なんてそんな贅沢は言わないからとカメラ持って出かけたけど日の出どころか太陽はどこ?なんだあだった。
そして日の入り、海に沈む太陽を想像しつつ海に向う、ここでも日の入りどころか太陽様は雲にお隠れなって出てこなかった。

昨日、ウォーキングに出である車とすれ違った、だいたい日課の1時間をめどに帰ってくるとそのある車とすれ違った、それも同じ場所なのである。そんな偶然って有り得るのだろうか宝くじに以上にスゴクなかろうかと思った矢先の本日、日中は青空にもかかわらず、半袖で十分な気温であるにもかかわらず、朝日、夕日が見れなかった。これもある意味凄い事なのか、でも昨日車とすれ違う確率よりかはずっと低いだろうが、相手は太陽様だけに太陽様にそっぽを向かれたようで、ちょっと嫌だなあ。

続きを読む "日の出と日の入り"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

夕暮れ

3ds_6655ss

3ds_6676ss
Nikon D300

ススキの通りが撮りたくて出かけた、ここならいいだとうと目星はつけていたけど、実際にカメラを向けるとイメージと違った。
もうセイタカアワダチソウが伸びていた、空に向って上の方が黄色くなりはじめていた、くどいけどやっぱりイヤだあ。

続きを読む "夕暮れ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何やってるんだと、思う時もあるさ。

3ds_6143ss

3ds_6145ss

3ds_5986ss

3ds_6149ss

3ds_6117ss
Nikon D300

何となく在庫がなくなったって感じで貯めていたものをアップする。みんな水と土の芸術祭、我ながらまったく面白みのない写真たちだと思う。反省。

続きを読む "何やってるんだと、思う時もあるさ。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋は罠をしかける

3ds_6600ss

3ds_6610ss

3ds_6622ss

3ds_6618ss

3ds_6640ss
Nikon D300

一昨年ぶりである、昨年は雨で中止だった。一眼カメラを持ってる人がえらく増えたような気がした、その分ケイタイで撮影者が減ったように思った、三脚を持ってる人はいいけど、「三脚なしでは満足に撮れないだろう」と過去の僕の失敗からお節介にココロでつぶやいた。

ここもこの渡り鳥を迎える「雁迎灯(がんげいび)」のイベントが終わったら、秋。またひとつ秋へと僕をいざなう、でも僕は何度もいいけどいざなって欲しくないのである。日の短い秋なんて嫌だし食欲の秋なんて今どきメタボの対策の人にはえらい迷惑なのだと、あれこれと秋の証を押し付けて僕の中で段々と秋を深まらせていく。

続きを読む "秋は罠をしかける"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

彼岸の彼岸花

3ds_6555ss
Nikon D300

今日は曼珠紗華でなくて、彼岸なので彼岸花と書く。昨年から彼岸花の咲く場所を覚えたので、今年もその場所に行った。
撮ってると花を持ったオバサンがこちらを見て「こんにちは」と言ってくる、実はそこはお墓であり、お墓参りに来られた方がこちらに挨拶されてた訳で、そして始めてその時に今日がお彼岸だったと気づく、「なーんだ、お彼岸に彼岸花を撮っていたのか。」と我らながらうっかり連休のボケボケモードだった。でもそれも最終日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「猫の目」目線

3ds_6483ss

3ds_6499ss

3ds_6496ss

3ds_6500ss
Nikon D300

燃えない日だった、久しぶり街撮りでお天気もまあまあだったけどこれぞと目を引くものが何にもなかった。
しかたなく猫の目線で撮ってみたが、それだけの日だった。
こういう日はブルーになりがちである。

続きを読む "「猫の目」目線"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も赤色に挑む

3ds_6383ss

3ds_6385ss

3ds_6393ss
Nikon D300

なんて恐れを知らないタイトルだろう、自分のイメージの赤色を今年も出してみた、今時期に曼珠紗華、サルビアの赤がうまく撮れるかどうかで秋が無事越せて冬を迎えられるかが決まるみたいなところがある。
冬になって秋にやり残した仕事みたいに気になって後に引きそうで、だから赤色をしっかりしておかないとクリスマス時期のポインセチアを見るだけで尻込みしそうになる。
だから今年も赤色を出すのにちょっと手法を変えて陽の沈むのを待ってみた、いわば天然露出落としである。
でもすこし、落としすぎたみたい。

続きを読む "今年も赤色に挑む"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤い曼珠紗華

3ds_6436ss

3ds_6437ss

3ds_6438ss

3ds_6448ss
Nikon D300     妙にここ数枚の出来には満足している。たぶん前は撮れなかった。

今年の咲いた曼珠紗華より心持ちか昨年の方が赤かったような気がする、天候によるものか気のせいかわからないがともかく赤色が薄い。
そして、昨年はブログに載せる赤い色がにじむので比較的赤のにじみの少ない縮小ソフト変えた記憶があるが、赤色の出ない曼珠紗華じゃあセンチメンタルにふける秋には似合わないぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1年ぶりの曼珠紗華DAY

3ds_6381ss

3ds_6407ss

3ds_6380ss
Nikon D300

複雑である、まずは1年ぶりであること、この花を撮る云うことはもうすぐ10月完璧な秋でになるということ、そして2、3日前からどうやって撮ろうかと悩んで”モノクロ”というのが車運転中に浮かんできたけど決定的な答えが出なかったこと(ただ撮ったというだけ)、、そして現場に行くと風で花がずっと揺れていいたこと、それでも現場で悩みながら撮っていたけど、その時に1本足で踏んで新芽を折ってしまったこと。

続きを読む "1年ぶりの曼珠紗華DAY"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩夏の夕海

3ds_6336ss

3ds_6334ss

3ds_6355ss

3ds_6357ss
Nikon D300

晩夏とかいうけど、とっくに時期は終わっているだろう、でも夏の終わりはまだ完全に認めた訳でなく夏にない夕景、夜の色が変わってきても、秋だなんて認めたくなく、夜の日課のウォーキングスタイルも夏バージョンのままである。
そして今日は蚊が出てきて刺される。頑張れ蚊、負けるな蚊とココロで叫んで、体で蚊取り線香に火をつけた。

続きを読む "晩夏の夕海"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

夕刻、思いがけないデキ。

3ds_6324ss

3ds_6328ss
Nikon D300

早朝、夕刻、晩と撮影をするようになると真昼間の普通の光に興奮しなくなるみたいで、夕刻太陽が沈みかけた時海に向かった。
きれいな夕日を撮ろうなんて訳でなくて、そんな沈みかけた夕日をあびたアート作品を撮りたかった、この作品と初めて撮り終えてからこんなシチュエーションが浮かんでいた。が、この日は狙ったものとは違ったものができた。

しかし、やっぱ荒波の時でないと僕のイメージにはならない様だった。

続きを読む "夕刻、思いがけないデキ。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夕方(ユー・ガッタ・フィーリング)

3ds_6345ss
Nikon D300      夕方海岸に行ってみた。

本日整理をした、物としては存在してるけど、最近まったく活用のないもの、故障して正常に動かないもの。
レーザーディスク、レコードプレイヤー、アンプ。ずいぶん重量級であった、アンプは1台で10Kg近くあるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手:ハンド、アート

3ds_6106ss

3ds_6105ss
Nikon D300

手に目が行った、作為的なのかたまたまそういう出来になったのか、生きるてめの力のこもった手に見えた。
これも水と土の芸術の作品のひとつなのだが、こんな感じ方をするのもあるのだなあと眺めていると初老の夫婦が記念写真を撮っていった、あちこちとこれら(水と土の芸術)の作品をまわっているとカメラを持ってそれを目的に来てる人が、僕が思うより多くオリエンテーリングしてるような感覚でまわっているように見える、みんなこの人たちは芸術に飢えているのだろうか。

続きを読む "手:ハンド、アート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の日記、曼珠紗華

3ds_6313ss

3ds_6315ss

3ds_6312ss
Nikon D300

曼珠紗華、別名彼岸花、あれ逆かなあ、どっちだっていいけど先週くらいから気になってはいたけど、本日の天候は小雨模様。
咲いていたらロケーション的には最高なんじゃないだろうかと頭に浮かんだら気になって頭から離れず、とこっそり抜けて行ってみた。
まだだった、やっぱり早かった。稲刈り状況からすると1週間から10日くらいは植物の生育は遅れているのだから今月の下旬でもよさそうだが、
季節の遅れなんて頭からはずれ紅い華を気になって追った。たしか昨年はここからが咲くのは早かった、週末には咲くだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海抜0メートル

3ds_6163ss

3ds_6164ss

3ds_6160ss
Nikon D300

海抜0メートルを体験できるというのでので行ってみたけど水面ギリギリまでカメラは届かなかった、イメージだとぐっと低い目線で周りを見渡すがはずだったが。
他の人のリアクションを見ても自分と同じイメージでやってきたけどチョイっと違うなあって感じだった。

続きを読む "海抜0メートル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(まだまだだけどディスプレイの)調整を終え

3ds_3818ss
Nikon D300

新しいPC設定から一晩明けて大体の通常動けるような設定を終え、やっぱり気になるのはフォルダのツールバー関連の字、直しても直しきれずで、あとはディスプレイの色だったが、一時は僕の写真のカラーが危ぶまれたが(僕個人だけ)、あちこちの写真ブログを除いてみてやっぱりそれらも変てこな色だったので安心するとともに、これはディスプレイの設定しなければと色々調整、明るかったのを暗く(新品を考慮してもどうしても明るすぎ)、黄色、赤が強すぎで昔に使ったコダックのフィルムのような色になっていた。
とりあえずは抑え気味で調整するがまだ赤みがつよいかなと思うけど、あちこちマイピクチャを見てこれは行けそうかなと思ったものを載せてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改めて色、嘆き悲しむ

3ds_6171ss

3ds_6172ss
Nikon D300

PCが電源を入れても立ち上がらなくなり色んなデータを入れっ放しでオシャカ状態、、新しいPCを買うがどうも画像の色合いが最初はなんて美しいのだろうと感じていたけどブログ更新予定の写真を見たら gawk 何だこれ?こんなんではないはずと背筋も凍りこのブログに載せるような写真なんてぐあーんと減ってしまう。

以前のPCより色めちゃくちゃである、そうなってくると当然全体の構成もおかしくなってくる、これが本来の色なのかは分からないが仮にそうだったらこれまで僕を根底からひっくり返すよな大事である、そして今まで何をしていたってことになる。
大枚はたいて段々落ち込んでいってはまずいとさっき気づいたのである、なぞ解明せねば、でもあれもこれもPC設定しなおしが待っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕刻6時

3ds_6224ss

3ds_6225ss

3ds_6202ss

3ds_6238ss

3ds_6240ss
Nikon D300

どこかで見たが、漁師さんは見かけからしてどうしてもお片づけとか苦手そうなんだけど、実はキレイ好きなんだとあった。
ほんとかよと気になっていけど、そんな目線で漁港をながめてみると、それなりの男の整理整頓風景が見えた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ノスタルジー:硝子灯り

3ds_6300ss

3ds_6306ss

3ds_6310ss
Nikon D300

夜の明かり、何だがキレイだなあと少し酔いも入ってか戯れて撮った、そういえば子供の頃から考えると、そんな突拍子もないものがキレイに見えたことがあったような気がするけど、写真なんて撮るわけもなし、年を重ねるごとに忘れてしまってる、夕方降りつもっていく雪とか、怒られて懲らしめに物置小屋に入れられ、鍵穴からみた外の風景とか、でもこれはノスタルジーなんかな。

続きを読む "ノスタルジー:硝子灯り"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すっかり涼しい夜

Dsc_0356ss

Dsc_0348ss

Dsc_0352ss
Nikon D80

例のJR東海の「そうだ京都行こう」のCMで、サンずい(水)に「京」と書いて涼しいって読むと貴船の川床の写真があったけど、
そんな洒落たような涼しさではなくて、こちらの今夜は、窓をあけておくと冷気がふわーーとドライアイスの煙のように入ってきて、体では涼しいを通り過ぎて肌寒いといってもいいくらいだけど、頭の中では意地でもそんな季節を認めたくないとTシャツ1枚で頑張っている僕がいる。

続きを読む "すっかり涼しい夜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

燈台に登る

3ds_6195ss

白い壁、(日本海的)エーゲ海。

3ds_6194ss
Nikon D300

海はいいよ、海はねえ、広くって。1枚目(レンズのゆがみかもしれない)が水平線が丸い、地球は丸いことの証明。
そんな感じで眺めているとどこかの旅人のオバサンが「この下の海岸は泳げるのか」というようなこと僕に聞いていた、僕はそうか県外からの旅人ならと丁寧に観光ガイド並に説明してたが相手のオバサンの顔を見ると全然聞いていないような顔だった。

続きを読む "燈台に登る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漁港の夕暮れ時

3ds_6233ss

3ds_6230ss

3ds_6221ss
Nikon D300

漁港に入る、車の中にはいつでも思い立ったら釣行できるように釣竿が入れてある、この夕暮れに何だか釣れそうな気がして竿を出す。
僕も釣りはもっぱらルアーで、それもソフトワームとよばれているルアーで魚の如くに竿先を揺らしてにルアーにアクションを与えあたかもお魚さんが泳いでいるように見せてフィッシュイーター(小魚を餌にする魚、メバル、ソイ、スズキ、ヒラメ、カマスetc)を 狙うのだがそんな僕も見て帰りがけたオジサンが「何つれるの?」と尋ねてきたけど、初めても釣り場でもあったので何が釣れるわからないかったので、素直に「わからないです。」と答えたがそのあたりから妙に空が気になりだして車の戻ってカメラを持ち出した。
その時点で釣りは終わったので、ルアー釣りで釣れたのは魚ではなく竿の動きでオジサンが釣れたということかな。

続きを読む "漁港の夕暮れ時"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水曜ロードショー

3ds_6235ss
Nikon D300

その昔、水野晴郎氏司会の日テレ系映画番組があったけどはじまりはこんなだったような、しかしあの番組で記憶のあるのはルパン三世しか思い出せない、それも「カリオストロの城」何度見たことか tv

続きを読む "水曜ロードショー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひかえめな陽光

3ds_4047ss

3ds_5948ss
Nikon D300

在庫がなくなってきた、かといって今さらに桜の写真とか季節はずれのものではなあとせつに感じながらも、時にはしゃーねえかと思ったりする日もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月になって

3ds_5706ss

3ds_5705ss

3ds_5707ss
Nikon D300

関係ない話、マイカー運転中、フロントからどうもネジのゆるんだようなカサカサと軽い音が聞えてきて気になっていた。
でもエンジンオイルくらい見てみようとエンジンオイル確認ゲージを引き抜いて調べてみたらゲージに油がついてない。
何度やってもゲージの L leftright H 間どころかゲージ自体にオイルがついてこないということはエンジンルームのオイルを空の状態は知っていたことになる、恐ろしい事である、夏場の運転でよくまあオーバーヒートしなかったものだ、これも冷夏のお陰?
そうそうにYellowHatへいってエンジンオイルを足したらカサカサの軽いどこかゆるんだ音がおさまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだそれーー!

3ds_6130ss

桜の森

3ds_6126ss
Nikon D300

8月末に隣県の福島会津に荷物をゆうパックで出した、出した時は「この時間なら(出した時間が)明日にも届きます。」とか受付のお姉さん言われて安心していたけど、送り状のお問い合わせ番号から、ネットで到着を確認、次の日になっても届いてない様子で心配になって荷物到着通知メールを希望した。
でも昨日もついてなくて新潟からその先がどうなっているのか進んでいない、どうなっていたるんだとあきらめ半分、そして本日忘れた頃に到着メール連絡、どうなっているのかと配送明細をネットで調べたら出した翌日に郵便局の「新大阪支店」通過なっていた、新潟→大阪→福島郡山→会津 dash 何でsign02 隣りの県なのに逆方向とも言える大阪方向、なんぼなんでもこれは発送ミスだろうなあとあえて、自分の控えの送り状を見るけれど大阪に行くような書き方もしてないし字だって一応読めるよ。
しかしボクの荷物は良い旅rvcarをしたなあ何だか羨ましい。

続きを読む "なんだそれーー!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

壁と落書き

3ds_3825ss

3ds_5914ss
Nikon D300

壁と落書き、落書きは何かの記念って訳ではないけど文化財とかまったく無視して書いてしまうのだろうか?僕はあまりした記憶がないけど、写真を撮るようになって色んなもの見て気に入った景色を撮ってるけど、壁もそのひとつ。そこでその壁の写真をソフトで加工して奈良・東大寺、法隆寺の壁に落書きをどうどうとするのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水と土の芸術祭 周る

3ds_5893ss

東方の船  グァン・ファイビン

3ds_5890ss

3ds_5898ss

風で揺れ、風でポコポコ・ボーボーと快く鳴らし芸術が近く感じられた。

3ds_5894ss
Nikon D300

水と土の芸術祭 新潟で作品をまわっているうちにだんだん脳ミソが柔らかくなってきたのか、作品でも好き嫌いよりが出てきて、
考えさせるものよりも、感じさせる(体感させる)作品が良くなってくる。

下の作品は岡の上にあって竹で作った作品が快くポコポコ鳴り、あるいはぶら提げられて竹筒からボーボーと鳴ったりする、頭よりも体で体感、、、、なんかいいかも。 

続きを読む "水と土の芸術祭 周る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »