« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

お気に入りの色

3ds_6007ss

3ds_5995ss
Nikon D300

1枚目のボートがどう写るのか撮ってみた、日に当たるボートと橋の下の日陰のボート、そして橋の暗がりを越えて見える奥のボートが、
見た目通りに写ってくれるか?カメラは人間様の見た目のようには写ってくれないものだから、ここまで写ってくれたら万々歳。
また、2枚のボートに映る光と影、新潟の冬を過ごせばどうしても好きになるパターンだろうか、照らすものがあってこそ陰もある。
ついでごとだけど、山之内製薬と藤沢薬品の合併で出来た「アステラス製薬」は星のStellaもあるのだそうが、明日を照らすから、、アステラスって聞いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3ds_5693ss

3ds_5695ss
Nikon D300

ミドリ色は目に良いのだと昔から言われていることだけど、精神的にも良い、そんなミドリと簡単に言うけど、奥の深い緑色である。
もうすぐ9月で秋だけど紅葉にはまだ早い、もう少し翠を追ってみようかな。

続きを読む "翠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方都市風、夏イメージ

3ds_5939ss

3ds_5940ss

3ds_5942ss
Nikon D300

あっという間に夏の代名詞のような「8月」も終りになる、他県は知らないがこちらでは7月よりも8月になってからの方が完璧に暑い。
とはいえ不思議だけどこちらはどんなに暑い夏も9月の10日を過ぎるととたんに秋らしくなる、そんな前に夏の印象を残しておかなければ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

黄色い関係

3ds_4404ss

3ds_5953ss
Nikon D300

変な夢を見た、部落と町の中間くらいの所で、どこかに水汲みに行った。でもそこすらどこだかわからない、しばらく行って人に出会ったが、明らかに外人さんで英語を話していたが、僕には日本語に聞えたが、ともかくもとの所に帰りたいと僕は訴えるが、はたしてここはどこなのかわからず前に歩いてきた外人の少年に「Where here?」、「Where?」(英語が合っているかどうか別として)などと何度かきいて、少年は世界地図のベーリング海あたりの島を指した。

夢はとっぴな物だけど、ベーリング海とは初めてだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の風物詩、花火を撮る

3ds_6037ss

3ds_6051ss

3ds_6092ss

3ds_6052ss

3ds_6053ss

3ds_6033ss

3ds_6060ss
Nikon D300

写真撮りに最高なくらい良いお天気だった、仕事帰りにこれは撮らないとゼッタイ後悔しそうだったのでともかく参戦した。
けれどここの町は何度も通っているわりに地理的なものがよくわかっていない、でも眺めのいい場所は人もいっぱいいて行ってみればわかるだろうと、花火を目標に重い三脚をもって暗い町を歩き回った。

続きを読む "夏の風物詩、花火を撮る"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

気持ちよく、芸術をまわる 

3ds_6014ss

3ds_6013ss

3ds_6011ss
Nikon D300           海抜0メートルより、かつての水面は低かった。

この水と土の芸術祭をまわり始めた時、はてこれが芸術、オブジェにしては少し無理があるのではないかと思ってたが、まわるたびに頭が芸術的になって柔らかく感受性が高くなってきたのかと、シャッター音も快かったが、作者に悪いけがこれには参った、頭の中で描いた下書きではたぶん最高の出来だったろう。
僕だってかつて水の流れていた水門あとにガラスを敷きつめて水に見立ててた太陽光線がぎらぎらと反射する様はまさに新潟の空の下に水面が揺れるさまの復活のオブジェとしては lovely good だったろうが、どうも僕としては水面にはどうしても見えなかった、そう思ってるせいかシャッター切ってもそんな風には写ってくれなかった・・・未熟である自分がそう思わなければそうは写ってくれいないのだろうと感じた作品だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れ、芸術をまわる

3ds_5966ss

3ds_5967ss

3ds_5968ss

3ds_5972ss

3ds_5970ss

3ds_5975ss

3ds_5974ss 
Nikon D300 35㎜              

前日から晴れたら久しぶりに街にで単焦点35㎜レンズで撮ってみようかと持って出た、出掛けは昨日書いたように気分降下になったが、
空を見上げたりしてるうちに空からパワーをもらったよう気分が乗ってきてのか、35㎜をカメラに装着して1枚目を撮ったものをモニターで確認した時から
写真撮り楽しいモードに入った、実に写りがいい思ったような雰囲気で撮れるし、見た目の風景を切り取ったような大きさで撮れている。
そうなれば足取りもかるく~♪そういう訳でもないだろうが芸術が気に入った。しかしデカイ、僕の予想していた10倍は大きいかなあ。
そして市民が芸術の中で和んでいた。こんな気分でスタートしてあちこち芸術をまわった。

しかし、芸術は写真で撮るのは簡単だけど、撮る人間によって芸術の考え方同様に写真でイメージが変ってくる、だからオレ的芸術撮影としておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気分の高揚と、気落ち

3ds_5959ss

3ds_5958ss

3ds_5992ss
Nikon D300

本日予定外なくらい写真日和のお天気、晴れてればいいってものではなく撮る人間様をも気分よくさせて、気持ちよくシャッターを切れるようなお天気だったので、水と土の芸術祭の作品をあちこち回った。気分がいいと作品も快く見えてきて。

3ds_6019ss
ゴジラになって蹴りつけたい。

続きを読む "気分の高揚と、気落ち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風吹きコンビ

3ds_5916ss

3ds_5917ss
Nikon D300

子供の頃に絵本で見た北風と旅人の雲イメージだった。そんなのありえないと思っていたが探せばいるんだ。
そういえばちと今日の風は秋が混じってたなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おにぎりとシュークリームと水族館

3ds_4371ss

3ds_4758ss

3ds_4359ss
Nikon D300

お昼の外食でお店を探すしてるうちに、サークルKに目が行った、「おにぎり100円」これだ!でも100円だって明太子、鮭じゃああんまりお徳感なしだった。けど一緒に買ったデザート用のダブルクリームのシュークリームは正解だった。
ホイップクリームとチョコクリームが口の中であいまってもう満足、でも特売とはいえ100円のおにぎりよりデザートのシュークリームが高いのはちょっとひっかかった。そう言うことにこだわるお年頃なのである。
満足してクルマの中で久しぶりのお昼寝、でもすぐ寝れるもんじゃない。やっとウトウトしたかと思うと呼び出しの電話がなった(ーー;)

そういえば水族館前を走ると駐車場は満車状態で警備員が立っていた、さすがに夏休み平日とはいえ家族連れ多し、夏休みの宿題絵日記の材料になるのかしらと、ボクのブログとかわんないなあと水族館の前を通って感じてしまった。

続きを読む "おにぎりとシュークリームと水族館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸術の捉えどころとは

3ds_5084ss

3ds_4327ss
Nikon D300

今週末はどうしようかと、考えたら新潟水と土の芸術祭の作品でも見に行こうかと頭に浮かんだけど、どこが芸術で、何が芸術なのか今ひとつわかりかねる僕としては足が一歩でない。
この写真で上が芸術的表現なら、僕としては下の写真だって僕的美の表現としたいな、白い波打った壁、時間を表す汚れ、無造作のようで何か意図のあるような換気口と電気メーター、それがあいまったような白壁にこの時は何だか魅力を感じたのである。

そんなレベルなので頭をやわらくしてお出かするとしますかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Green:雨が懐かしい

3ds_5787ss

3ds_5799ss

3ds_5819ss

3ds_5814ss
Nikon D300

8月お盆を過ぎて急に暑くなる、涼しい夏に体が慣れていたせいかこの暑さに直ぐには対応できませんわ、このたび大雨の災害に見舞われた地方の方に申し訳ないが雨が欲しいと思うように体的にキツイ急な暑さの猛反発である。

続きを読む "Green:雨が懐かしい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の終りのハーモニー

3ds_5874ss

3ds_5882ss

なにげに左回転

3ds_5884ss
Nikon D300      このオバサン僕のより良いカメラなんだもの、暫しお話しする。   

立秋はとうに過ぎてるので当たり前といえば当たり前だけど、秋かなあ、そして夕焼けが色づいていく、ウォーキングなのであちこちの庭の花を見ると秋の花っぽいのが咲き始めて、僕としては嫌だなあと「もっと頑張れ夏!」と言いたい。

続きを読む "夏の終りのハーモニー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アートの祭り

3ds_5841ss

3ds_5839ss

3ds_5852ss

3ds_5838ss
Nikon D300

今夜日課の夜のウォーキング、歩くのにちょうどくらいの涼しさ、もうコオロギが鳴いていた、セミも鳴いていたけど、やっぱりコオロギが鳴くのを聞くと秋が来たなあと至極当たり前に感じるんだけど、しかしさあ、今年は暑い夏もなかったようなのにどうしてコオロギは出番がわかるのだろうと感心しながら歩いてると、遠くから秋祭りのお囃子の練習が聞えてきた、すっかり僕も頭もこれを聞いて初秋モード。

続きを読む "アートの祭り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨は雨なり、晴れは晴れなり。

3ds_5722ss

3ds_5725ss

3ds_5729ss

3ds_5731ss
Nikon D300

雨模様、ぐずついた天気歓迎で森に通い続けた結果、本日久しぶりの晴天だった。そうなると僕の頭は晴天モードにはすぐに切り替えられなかった。まるで7年間地中に過ごして地上に出てきたセミのように、そして今、あしたのジョーのように白く抜け殻になってるかも。
でも、あの天候の中、やっと通った甲斐があってか自分なりのベストポジションを見つける。

でも、やぱっり自然系は雨の日がいいらしい。

続きを読む "雨は雨なり、晴れは晴れなり。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虹梁と彫り物

3ds_4826ss

3ds_4827ss

3ds_4828ss

3ds_4832ss

少し気になる、左側の白い影?

3ds_4830ss

3ds_4825ss
Nikon D300

国宝の宝庫、寺社仏閣の多い京都・奈良でさえ、ここまでの彫り物をこらした虹梁は見たことがない、地元新潟にもそんなスゴイ文化財があった、村松浜・金比羅神社。新潟の匠の腕もバカにするもんじゃない頑張っていた歴史的証拠。
しかし(ただ興味の問題であるかもしれないけれど)その割にあまり存在を知られていないのは寂しい、本来は虹梁は屋根(瓦、柱)全体の重さをこれによって分散させるための横柱ではないだろうか、でもいくらなんだって柱というよりも彫刻、彫った匠だってそんな事を十分承知していたいただろうが。
では、建物の強度より彫刻を選んだ訳はなぜ?
僕の見解、依頼主からの希望であったが、彫り始めたら中途半端では気が収まらなくなってきてあれこれと止まらなくなったと思う(この気質が新潟の県民性なのかも)。
現在はだいぶ風化して痛みが激しいので雨風が当たらないように神社のまわりをガラスサッシで囲まれて、虹梁には鋼鉄製の補強が入っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノクロを追え

3ds_5557ss

3ds_5568ss

3ds_5481ss

3ds_5569ss

3ds_5466ss

3ds_5517ss
Nikon D300

なんていうのか確か言葉があったと思うが、偶然性の出来事で意味が存在するってこと、たとえばウォーキングしているとどこの道がどんな交通量とかだいたいわかってくる、それでたまにコースを変えていつも誰も通らない道でもあるいてみようかと急に思い立ったりすると、その時の限りどういう訳かクルマ、人通りがあったりして、不思議な感じをさせる。
そのことは偶然にしか過ぎないけど意味が存在する、そんなようなことを何とかといったけど思いだせない。

続きを読む "モノクロを追え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残暑見舞い申し上げます。

3ds_5646ss

3ds_5739ss

3ds_5721ss

3ds_5742ss

3ds_5658ss
Nikon D300

残暑見舞い申し上げます。

とはいえ、こちらでは「残暑厳しい折から・・・」の文句もつけようになく、今年はいつもの違うs涼しい年かもしれません。

でも昨夜は寝苦しかった、寝た気がしないようなで頭も( ̄_ ̄|||) どよ~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虚空蔵様

3ds_5675ss

3ds_5676ss

3ds_5684ss

3ds_5686ss
Nikon D300

たぶんあの当たりだろうと頭の中の地図で現在位置を想像しながら、車を走らせているが、走ったことない山道ではちっと心細くなってくる、
果たしてこの道は合っているのだろうかと少しこの道を選んだことを後悔も出てきた頃「とんでもなく」って言葉が正解かどうかは別として、凄いものを見つけてしまったような気持ちだった。
僕にとってダダモノではない雰囲気だった。

続きを読む "虚空蔵様"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風景

3ds_5671ss

3ds_5757ss

3ds_5672ss
Nikon D300

長い梅雨空うえ、大雨、地震、そんな訳で地層でも狙って撮ったわけでもなくここに通るたびに気になっていたけどカメラは持ってなかった。
実はある滝を撮りに行った折やっとこさ近場を通り、思い出したように撮った。

雨が多いせいかなあ緑がどこへ行ってもキレイに見えてくるshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(緑の)森へ通う

3ds_5526ss

3ds_5494ss

3ds_5512ss

3ds_5450ss

3ds_5508ss

3ds_5440ss
Nikon D300

森と言っても山奥のお寺までの杉並木、初めの頃は森林浴と喜んでいたけど、今では何かも忘れて”何か”感じ、撮影する事で、
ストレス解消になっているかもしれない、でもそれって森の力がそうさせているのだろうか。

自分の性格からすると凝りやすく冷めやすい、通ってみた結果晴れた日は行きたくない、雨の日が最高だと思う緑の森。

続きを読む "(緑の)森へ通う"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

monochromeの旅

3ds_5596ss

3ds_5597ss
Nikon D300

見知らぬと所へ行くと、何でも新鮮に見えてきてついバチバチとシャッターを切りがちだけど、何年ぶりかに行ったところでは、
たぶん、前回と同じ所を撮ってるみたいで、シャッターを切る数も減っていた、当たり前のようだけど、何回も通っているような森は少し違っている。
森林の神秘のパワーなんだろうか、しかしブヨに10数箇所も刺されてたまったもんでないが。

続きを読む "monochromeの旅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノクロの森

3ds_5530ss_2

3ds_5531ss

3ds_5532ss

3ds_5535ss

3ds_5536ss
Nikon D300

本日も、森へ行った、3週連続は始めてかもしれない、森の雰囲気とモノクロがあってるのかもしれない、過去の写真整理で一通り目を見返してみると自分のクセがわかってくる、それも踏まえて撮るが、
いつの間にやらまた元に戻ってるかもしれない、そろそろ矢鱈メッタラ良しにしようというので、撮影枚数は減ったが、ただ今色々と手法考え中。

しょうがないけど、白地バックにモノクロってなんだか厳しいと思うけど、何とかしてと@niftyさんに言いたい、どうせダメだろうけど。

続きを読む "モノクロの森"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪で出来た虹

Dsc_3317ass

冬の虹。この時は海から雪が迫ってきていた、ということはこの虹は通常の雨ではなくて雪で出来た虹なんじゃないだろうか?

Dsc_3288ss

Dsc_3334ss

本日整理して見つけた、春。

Dsc_3337ss
Nikon D80

整理して改めて見つけたもの。季節は冬と春。雪の積もった砂浜で、日本海を望むと海から迫ってくる雪にお日様が反射して雨ではなくて雪から出来た虹と本日気づく。
写真整理これまで、7Gbくらい削除してだろうか、実に意味のある削除だった、望遠はあんまり効かさないほうがいい、時としてどうやって撮ったのか不思議な写真がある。

続きを読む "雪で出来た虹"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

整理中に見つけた技

Dsc_8517ss
Nikon D80

写真を整理している、ぶれていたり、何でこんなものがあるのかと思うようなモノまで削除中、今6Gくらい整理処分削除した。
そして、過去の写真見てショック中、撮ればいいってもんじゃないと思った。
その整理中に見つけた一枚。ソフトも使わずどうやって撮ったのか考え中、この技つかえるだろうか。

続きを読む "整理中に見つけた技"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Woods:木とムシ

3ds_5452ss

3ds_5460ss

3ds_5458ss

3ds_5476ss

3ds_5566ss
Nikon D300

人がどう思うと、この杉並木は僕はお気に入り、写真が趣味なって何度も訪れているが、来るたびに森の表情が違ってる、
そんな森だけど帰り際に僕同様に三脚をもって森の入っていく人にすれ違った、「オレだけじゃないんだ。」とこの森に惹かれてるのは。

続きを読む "Woods:木とムシ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森:杉林

3ds_5432ss

3ds_5483ss

大蛇伝説の石碑の前で見つけた。

3ds_5577ss
Nikon D300

モノクロは難しい、白と黒の色でしかないようだがイメージした色が出せない、このモノクロを自由に思う程に扱ってみたい。
明るかめにすると軽くなし、暗めにすると重くなる。そんな事を考えながら約2時間杉林での森林浴でリフレッシュした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

この道、寄り道、まわり道

3ds_5590ss

3ds_5616ss
Nikon D300

何年ぶりだろうか、そんな山道を走っていたら狭い道、広い道に別れいた最初はどういう訳か狭い道を選んだが100Mくらい進んでからなんだが違うなと気づき引き返して広い道へ、これが間違いの元だった、とんでもないどころか行き止まりで途中で近道かと左折した道の行き先は、とんでもない山奥だった、右か左か?悩んでいると一軒家の民家の白い老犬が心配そうに吠えもせずホント心配そうに、車の脇まで近寄ってきた。
そして、右を選んだが選んだが事をすぐに後悔した、なんで引き返さなかったのか?そう思ってもUターンするスペースもないなんと車幅1台分の道は幅で、これよりも山の中に入っていく、気持ちが救われるのは下り道、舗装されていることだった、もし対向車が来たらどうしようばかり考えていた。
目的地はそれからカンの調子を崩したのか何度か違えなら進むんでやっと着いたが、帰り道を走ってると最初に迷った細い道が正解だった。

続きを読む "この道、寄り道、まわり道"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨空のリベンジ

3ds_5467ss

3ds_5469ss
Nikon D300

先週も出かけてすっかり森に魅入ってしまって撮り続けてるうちに、山の夕暮れと雨で退散して撮り残しがあったのと、どうも満足いかなかったところもあるので、リベンジ出かけて、しかし8月だというのに果たしてリベンジのように天気が悪くなってくれるか心配だった、晴れたら先週の続きならないから。
そして見事前夜はたぶん雨、日中くもり、夕方雨の予報、森といっても虫だらけなので長袖を着て帽子をかぶり万全を期した。
今日の梅雨空のリベンジ度は100%は越えてるのではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月:August

3ds_5403ss

3ds_5415ss
Nikon D300

雨を待つ、そういう時って晴れるもの、しからばというのでウォーキングで2時間歩く、途中から雨、「夏雨じゃあ濡れていこう。」
そして明日を待つ。

続きを読む "8月:August"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お茶屋

3ds_5253ss

3ds_5255ss

3ds_5225ss

3ds_5277ss
Nikon D300

ここはいわゆる史跡なんだけど、カメラテストも兼ねて自分の実力もテストも兼ねて忘れていたのをふっと頭に浮かんだ時行く史跡で、
だいたい地元の人でも知らな人もいるくらいで、お客なんてあんまり来ない。だからのんびりカメラ持ってウロウロできるである、もっともそんなに広くはないけど。構図取りとか色出しとか勉強兼ねて尋ねて撮りに行く。
そんなはずなのに、カメラ持つレンズの前を子供が横切った、確かに足音聞えたようだけどカメラを外すとどこにもいない。
まさか座敷童かと思ったが真昼間だし、座敷童なら怖がる必要もないなとすこし安堵したとたん隣の部屋からなにやら子供の声が。
隣りの部屋をのぞくと小学校1年くらいの女の子3人がくつろいでいた、何でまたこんなところで井戸端会議?近所の子供の遊び場なんだろう、管理人だって黙っていたし、もっとも子供だって史跡を楽しむ権利はある訳だしな。

続きを読む "お茶屋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »