« 夕日の蓮:諸行無常なるもの | トップページ | 蒸し暑い夏だけど »

苦手意識と波紋

3ds_4664ss

上と下の引き戸どちらが、いいか?上は狭くスマートで、下は広くメタボさん体型向けのような気がする。

3ds_4665ss

3ds_4678ss

思わず立ち止まったこの景色、古い小屋の先の緑が何だか良くて。

3ds_4668ss
Nikon D300     やっぱり、紫陽花に苦手意識あるようで、紫陽花ばかり頭にあってカマキリがいたなんて気づきもしなかった。

確かこの日はおかしかった、この紫陽花から始まってどうにかこの青を出そうカメラの設定を変えたが、それ以降設定を元に直すを忘れて、
ずっとそのまま撮っていた、これが苦手意識というものの影響だと思う、苦手な人だと黙っていればいいのに、黙っていたら尚更に、
状況が悪化しそうで何か話題を話したりするが、これが苦手な人なもんだから加減がわからず云わなくてもいいことまでしゃっべてしまし、
かえって、場がしらけたりする、それが連鎖するように続けざまくる、そんな時がこの日だった。

おまけに、原因の元とも云うべき紫陽花の青だってヘンテコな色のなった( ▽|||)サー

海岸沿いに車を走らせて急に右折して海岸に向った。

3ds_4843ss
まだ今は問題ないだろうと、浜にカメラを持って行った、今月の末になったらカメラ持って砂浜歩いていたら、後ろからおまわりさんに、
声をかけかねられない、怪しいにオヤジになってると思うが今なら夏浜のカメラ持込OKの最後ではなかろうかと、夏の海を撮るつもりで行った。
しかし、外国人の男女が、あっちにこっちにと数組もう浜では水着で横たわっていた、流石に外人さんといえど、やっぱり体裁わるいなあと、
撮影もそこそこに引き返すが、車を出そうとしてその時狭い道路を向うから車が来るのですれ違いは難しいだろうと、手前で待つことにした。
すると山形ナンバーだったが見るからに車の中は外国人のお姉さんばかり、道を譲った僕に全員で頭を軽く下げてお礼。
思わず顔が緊張して笑顔の作れなかった僕、なぜ?当然である、海を撮りに来ていわばバツ悪く退散でショック、そして帰り際の外人のお姉さんたち、ここは新潟のはずなのにホントはどこなんだろうというのと、新潟に外人専用ビーチが存在していたのかという考えが頭を交差して顔はこんな catface だったのではなかろうか。
そしてしばらくしたこの浜を離れてから、これは調査せねばなるまいと近々密かに潜入してみるつもりになった。

|

« 夕日の蓮:諸行無常なるもの | トップページ | 蒸し暑い夏だけど »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

苦手意識ですか

わたしも あるかもしれない
仕事上
あっては ならないのですが
誰にも あると思います

少しずつ 克服できたらな。。


にゃん五郎さんの きょうの海
いままでの海も 
どの海のシーンも
いいですね~すてきclover

投稿: 吟遊詩人 | 2009年7月16日 15時08分

吟遊さん、こんにちは
仕事上での苦手意識が誰だってあるでしょう、
仕事上では一時期、苦手意識がないなどと思い込んで、
大失敗したことがあります。
増長慢になっていたのでしょうねえ。

やっぱ人間は謙虚が一番だと思います(笑)

海ですが、当地で近いので簡単に撮れるけど、
それゆえに、難しいですよ。
海には色んな顔があって、どれがほんとやら gawk

投稿: nyanta2030 | 2009年7月16日 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/45625352

この記事へのトラックバック一覧です: 苦手意識と波紋:

« 夕日の蓮:諸行無常なるもの | トップページ | 蒸し暑い夏だけど »