« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

お手製フィルター

3ds_5202ss

3ds_5198ss

3ds_5197ss

3ds_5210ss

3ds_5203ss
Nikon D300

もう7月も終りである、夜は冷房を入れて枝豆にビールで smile なんていうのはこれまで何日もない、冷房がいらない、日中でもなんとかなくてもやってこれそうなこれまでの夏。毎日ぐずつくようなはっきりしないお天気が続いている、こてって冷夏なんだろうか。
ちと農作物も心配になってくる、全国的に今年のお天気はおかしい、あちこちで大雨で被害が出てる早くjらしいお天気がなってもらいたい。
でも書く云うが、先週の雨の森にとりつかれた、突如現れた森の川モヤを見たら簡単に忘れられるもんじゃない。

その川モヤじゃないけどお手製のフィルターをつけてみた、ボーとして寝ぼけてるような感じになって良いのか悪いのか判断ができない、もう少し磨きをかけて、ぴったりの場面で使ってみようと思う。でも、このお手製ゆえのフィルターを街中で使用はちと無理っぽいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンディー・ウォーホル

3ds_5123ss
Nikon D300

これはこれは、∑ヾ( ̄0 ̄;ノ アンディ様。新潟市立美術館で「Andy Warhol展」開催された時も行った、UNIQLOでTシャツが売られていたのでこも驚きだったが、それはもう当然喜んでウォーホルどころかバスキアのTシャツまで買ったさ。
その前にKeith・HaringのTシャツが売られたので、何枚も通って買った。でも、そんなTシャツを着ていると「それUNIQLOで買ったでしょう」と云われるとスゴク悲しくなった、偉大なポップアートが手軽にTシャツが買えるなんてスゴイ事だよと、
弁明してもそんなことを分かってくれるような環境ではない、やっぱ「それUNIQLO!」なのである、でもこのTシャツはまさにこぞれウォーホルだった。
UNIQLOとは違った、これを着てたらUNIQLOなんて云われなかったろうなあ、でもたぶんこれは買わない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

慈光寺の森

3ds_5384ss

3ds_5365ss

3ds_5359ss

3ds_5387ss
Nikon D300           ザーザー降り、大木の杉並木で助かってる。

梅雨の空は、そのお天気なりに撮りようがあると思えるようになった、この日は雨を狙って森に出掛けた。
雨の日は雨を、感じる。自分的にはまた来たくなった、森のシンピだな。

続きを読む "慈光寺の森"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神頼み

3ds_5269ss

3ds_5271ss

3ds_5281ss
Nikon D300         

写真を撮りに出かけて、気になる神社があったりするとよく寄る、あとで悪い事がまとまって起こったりすると、
「あー、あの時気にはなっていながらあそこ(神社)寄らなかったからかなあ」とか思うことがあったりするので、後にそんな迷い・後悔とかを、
残さないように気にかかると寄るようにしている、でもこれってジンクスなのかでもやはり神頼みなので縁起担ぎなんだろうと思う。

続きを読む "神頼み"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1年ぶりの向日葵

3ds_4912ss

みんな後向きの向日葵。

3ds_4914ss

3ds_4915ss

3ds_4916ss
Nikon D300   雨の上がりの向日葵、でもみんな後ろを向かれたら、”向後葵”じゃないだろうか、そんな事を思って撮ろうとしたら、
雨宿り、休憩、向日葵に見とれたのか珍客であるが先客がいた。1年ぶりの開花を待っていたのは僕だけではなかったようだ。

続きを読む "1年ぶりの向日葵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3ds_5240ss
Nikon D300  

顔だと思った。
ここで座敷童に合った、それはまた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

水と土・・・

3ds_5069ss

新潟で「水と土の芸術祭」が始まった 2009.7.18-12.27 までの5ヶ月間どこかで芸術している。  「佐伯祐三展」はどうしよう。

3ds_5074ss

池の底に写真を敷いてあるが、そのままでも立派なマクロ写真。

3ds_5075ss

とんでもないくらいウマいのじゃなかろうか、しばし悶絶。

3ds_5092ss

これはどうかな?二番煎じゃあなあ。

3ds_5080ss

水に浮いていた「アメンボ」だって、芸術ぽっくって。

3ds_5082ss

この像は、今回メインなっているようで、何人も写真を撮っていた。

3ds_5085ss
Nikon D300     白髪のバアちゃんが、”写るんです”で何枚も撮っていた、現像して出来た写真をどんな顔で見るのか想像した。

芸術っていうのはどうも、わかりやすいものと、まったく理解出来ないものがあるが、前者よりも後者の方が僕は芸術なんだろうと、
思っている、美術館から出てからしばらく見た目の世界がこんなわかりやすいはずがない、きっと裏があるみたい錯覚させる、それが芸術の威力だと思う(笑)

続きを読む "水と土・・・"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お散歩・路地

3ds_5061ss

下町路地、生活のニオイがしてくるような、どういうわけか雨をイメージ。

3ds_5063ss

もう、こういうのを見つけると嫌がおうにも反射的に体が動いてカメラを構え撮ってしまう。

3ds_5136ss

商業地の路地、生活臭とかまったくなくて、路地をはさんでいる壁からくるものか、ペインティングも良いけど緑も欲しい。

3ds_5158ss

建物の影の角度は夏の鋭角。そして柳は柳都(りゅうと)新潟の代表の木。

3ds_5161ss

かなり奥に小さく人型見える、細くて長い路地、うなぎの寝どこ型路地どでもいおうか夜の酒場のニオイがしてくるようで、今度は夜の風景も。

3ds_5164ss

大人の怪しげな洞窟って感じかな、ちと僕でも足が進すんでいかないような(笑)でもって下が出口。

3ds_5165ss
Nikon D300        上からの出口、、、L字型の建物でこちら後ろで2階あり、なんだかますます怪しく、、、そんでもって、その出口

この街撮りは当然歩く、ぶらぶら歩く、実はここ1週間くらい腰に痛みの為、天候もあったけど日課のウォーキングもお休み気味なので、
ちょっと太ったような気がする、そんでもって、お天気も良いしリハビリかねて待ち歩き、カメラとカバンで軽く2㎏はあるだろう。
これを付加として2時間半だらだらと歩いてまわった。疲れた。

続きを読む "お散歩・路地"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(お散歩)街撮り

3ds_5045ss

よくわからないが、外からの見栄えはいいけど、こんなに陽の当てて良いのだろうか。

3ds_5142ss

シャッターチャンスを逃した、もっと大きく、明るく撮りたかった。

3ds_4314ss

3ds_5103ss
Nikon D300

梅雨の晴れ間、こんなに晴れるとは予想しなかった、太陽はありがたい。そんな中街撮りに出た、、、あるwebでお散歩フォトグラファーなるものを発見した、東京都内あちこちカメラ持ってブラブラ歩き「おっ!」という風景を撮る。
これやってること同じだ、街撮りとか云わないで、今度はお散歩撮りにしようかな。

続きを読む "(お散歩)街撮り"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

複雑の小林幸子

3ds_5146ss

ドーン~dash

3ds_5147ss

デーン~ dash

3ds_5149ss

バーン dash

3ds_5145ss

ぐううーー sweat02,,,,,.sweat01sweat02

3ds_5150ss

3ds_5153ss
Nikon D300      こんなのが動きだしたら、ドン引き間違いないし。

東京・お台場では全高18メートルの等身大のガンダムが、話題になってるけど新潟だって負けていない、等身大の小林幸子どーんdash
でも、ホントは負けてる、ガンダムは鉄製だしなんだったら、北への威嚇として日本海配備だって十分できる(笑)でも小林幸子の
割ぽう着、しゃもじじゃなあ、、、だいたい発泡スチロール製だし、久しぶりの街撮りでコースには入れていたけど、見たら複雑だった。
当然ながら、肩の位置で記念撮影権利のオークションはありませんm(__)m

続きを読む "複雑の小林幸子"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やっぱり、やっぱり、蓮

3ds_5172ss

頭にあったのは、フィルター効果だった。

3ds_5170ss
Nikon D300          試みとして自作でフィルターを作ってみた・・・・もう少し濁りのうすいのを探そう。         

久々に街撮りに出かけた、風景が変っているところもあった、でも僕のスタイルとしてムスーとしたオヤジがカメラをぶら提げて歩いていたら、
それだけで怪しいオヤジになりかねない、今日も遠くにおまわりさんが立っていたので道路の反対側に渡った。
そして人様と目線が合えばニコニコ顔してさらりと歩むようにして気を使っているが、今日例によって変なものを撮ってたら、
後ろからカップルが来て僕の撮ったものを調べるように見ていた、それでよく見ると男の方は一眼を持っていた。
「あのオヤジの目線はこうなんか?」と思われているのでないと少し恥ずかしかったが、街撮りってぶらぶら歩くので、当然そのカップルも
同様な進み具合でバツが悪くなって横道反れてまた変なもの撮って、前の道に戻ったらまだその辺にカップルがいたりして、
こういうのを相性というのだと思う、だからもし話ししたりするとけっこう話しがあったりするのかも知れない。
でも、そんなこんな街撮りしてもどうも試したい事が頭にあった、帰りに100円ショップに寄って「なんか良いもんねえか」と探して、
やっぱり、蓮だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨、やっぱり蓮

3ds_4900ss
Nikon D300          「ム、フフフッ。」

3ds_4891ss

雨も良いものだと喜んでいたら、朝からザーザー本降りだった。さすがに、参った。どこいいく予定などなかったが、
家から出るなと言われるとそれは、つらいもの。見切りをつけて出掛けたがさすがに、車に乗ってると何ともない景色が、
良く見えるものだが動いた車の中からでは撮るのはちと無理だった。でも新しいポイントを1ヵ所見つけた。

続きを読む "雨、やっぱり蓮"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

午後7時、蓮

3ds_4996ss

蓮のピンク色が、午後7時の夕闇には厳しい。

3ds_4998ss

夕闇に雨、いつものと違った不思議な世界、有りだな。

3ds_4957ss
Nikon D300       現在の午後7時、1ヵ月前より日は短くなっている。

雨の日の土曜カメラを持って出かける、雨の割にテンションは高め、雨はいいよ。
そんこんなで家に帰って車を車庫に入れたとたん、暗い蓮が見たくなって再度出かけた、小雨、時間は午後7時、撮れるのだろうか?
当然人などいない、どんなポーズで撮ろうが独壇場だったけど、ポーズは普通スタイルだけど、しかし暗めでピントが合わせ難い。
でも誰も撮らないような蓮が撮れてご満悦、手持ち撮影なのでブレブレもあったがかえって夕刻のリアリティさがあっていいかも、
でも三脚必須かな。

続きを読む "午後7時、蓮"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遠い記憶

Dsc_1369ss
Nikon D80         ホワイトバランスは太陽モード、実際と照明の色が違っているけどなんだか、温かそうでいいと思う。

遠い記憶、僕のパソコンのスクリンセーバーは初めてPCを買ってからあれやこれとその時に気にいったものを色々やってきた。
でも、最終的に探すのが面倒くさくなってきたのと、そんなこわだりがなくなってきた事もあってかどうでも良くなって来た。
そんな訳でスクリンセーバーの設定を「マイ・ピクチャー・スライドショー」してあるのだが、Windowsがどこどう拾ってくるのか僕の撮った写真を適当に拾ってくるのである。我ながら「うへえー」って改めて見入ってしまう事がある。
「いいじゃん。」と思ってもそれがどこをどう拾ってきたのか、いつごろどこを撮ったものかわからないモノが出てくるときがある。
特徴があれば、「あの時だなあ。」と分かるのだが、分からないもは”あのあたり”の時間で遡って探したりして改めてじっくり見たりして、
当時の撮り方を参考にしたりする、そんなアンバイのものをたまに載せようと思う。

続きを読む "遠い記憶"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

在庫をのせる。

3ds_3976ss

お日様は偉大であると思う。

3ds_3977ss

二次反射、間接照明、もったいないような光だった。

3ds_4053ss

3ds_4052ss

3ds_4055ss
Nikon D300         こんな戸は今ないだろう。

何枚も何枚も写真と撮ってブログに載せていると必ず余ってくる、選んだ時はそれなりによく見えるものだが、
旬を過ぎるとなにやらパッとしなくなってくる。までもそんな在庫の載せてみたが、今後この企画は増えそうである (^^ゞ

続きを読む "在庫をのせる。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大石ダム

3ds_4771ss

ダムを見るたびに思う、「人間はなんていうのを作ったんだ。」

3ds_4772ss

水位の目盛にでもなってるのだろうか。

3ds_4773ss

ここのダムの貯水部分はV字である、そんなV字の右側、水が大丈夫なのだろうかとやや心配になりそうなくらい水位と満水位置が気になる。

3ds_4780ss
Nikon D300       いうなれば、ダムのそこであるが、緑がキレイでモンゴルの草原と川っていう風景に見えた。

何年ぶりだろうか、ここに来たのは。
ダム自体変ってないけれど、前来た風景と違っていた、売店があった、その前にバーベキューが出来てそこでここで獲った魚を焼いて食べれたような記憶がある。その代わりっぱなトイレができていたし、対岸では公園が出来ていた。
そんなこのダムの情報紹介をするインフォメーション館なるものができたいた、僕の着いた時間もよるかもしれないが、
誰もいないようなインフォメーション館で、エアコンがしっかり効いていたのがなんだか不気味だった。
この時初めてV字になっている左の岸沿いに車を走らせて見た、誰もいないダムは、なんだかおっかなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

哀愁のひまわりなのだ:漏れいた。更新したつもりがもれていた。

3ds_4854ss

待っていただけに、やっと咲いた感じがする。これを青空をバックに今年は撮りたい。

3ds_4852ss

どこの世界でも、せっかちというか、気の早いものはいるものである。

3ds_4856ss
Nikon D300          ひまわりのつぼみ、話しは違うが枝豆も食べた、夏は始まっていた。

また高い代償を支払った。今年はあきらめていた自分の取っておき場所のひまわり、昨年はもう咲いていた様な気がして今年はどこか他の場所を探すか覚悟していた。でも本日ひそかに何輪か頭を出して咲いていた。
これから出掛けだったので”これは幸先がいい”とカメラを持って咲いてる花に近づくと突然足がズブズブと泥沼ならぬ土沼?だった。
うへーと、硬い土に足をのせ靴を見ればお気に入りのadidasシューズが泥だらけ、ひどいと思いつつも頭を切り替えともかく「ひまわりじゃ!」。
曇っているので最高って訳じゃないけど、これでひとつ今年も仕事をやり終えたような心地よい脱力的達成感。さあてと、車で予定先を向おうと細い道を左折・・・・「ちいとやばいか」とドアミラー確認ではOKと見えた。
アクセルとを踏むと、グア~と異音、嫌な予感で車をなんとか切り返して車を左を見ると・・・( ̄_ ̄|||) ガーン!!
即刻、撮影どころの問題ではない、帰らなきゃ! 自宅へ戻るとさっそくお気に入りのadidasシューズから泥落とし、これは前よりキレイになったshine
そこからである、マイカーどうしよう、来年買い替えの予定とは言え、これでもう1年乗るのかよって、少し落胆気味。
まあ、あきらめつつもしかたなく修繕用のタッチペンで車の傷口をヌリヌリ、そして外は雨が降りはじめ、もっと早く降っていてくれたら、
こんなことにはならなかったのではと、車庫でBGMで流したE・クラプトンが車庫の片隅でヌリヌリしている僕に、哀愁を漂わせ♪~

なんだか涙が出そうになってきた。

続きを読む "哀愁のひまわりなのだ:漏れいた。更新したつもりがもれていた。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

蒸し暑い夏だけど

3ds_4847ss

思わず夏の風景だなあと、タチアオイ。

3ds_4751ss
Nikon D300    梅雨空が停滞しているけど、こんな光線を見ると、やっぱり夏でしょ。

蒸し暑い日が、続くでもなあ、冬の寒さからしたら天国だと思う、そんな暑いけれど天国は長く続いてほしい。
気温は未だ、連日の30℃越えなんてないけれど、日差しがすっかり夏になったと思う、何となく日当たり部分は白飛びしている。
その点は腕もあるのだろうが、季節感を出しているという事でお許しを。

続きを読む "蒸し暑い夏だけど"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦手意識と波紋

3ds_4664ss

上と下の引き戸どちらが、いいか?上は狭くスマートで、下は広くメタボさん体型向けのような気がする。

3ds_4665ss

3ds_4678ss

思わず立ち止まったこの景色、古い小屋の先の緑が何だか良くて。

3ds_4668ss
Nikon D300     やっぱり、紫陽花に苦手意識あるようで、紫陽花ばかり頭にあってカマキリがいたなんて気づきもしなかった。

確かこの日はおかしかった、この紫陽花から始まってどうにかこの青を出そうカメラの設定を変えたが、それ以降設定を元に直すを忘れて、
ずっとそのまま撮っていた、これが苦手意識というものの影響だと思う、苦手な人だと黙っていればいいのに、黙っていたら尚更に、
状況が悪化しそうで何か話題を話したりするが、これが苦手な人なもんだから加減がわからず云わなくてもいいことまでしゃっべてしまし、
かえって、場がしらけたりする、それが連鎖するように続けざまくる、そんな時がこの日だった。

おまけに、原因の元とも云うべき紫陽花の青だってヘンテコな色のなった( ▽|||)サー

続きを読む "苦手意識と波紋"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夕日の蓮:諸行無常なるもの

3ds_4796ss

夕日浴びて蓮の実(種)、形成中。

3ds_4812ss

夕日のオニバスの葉。

3ds_4804ss

夕映え、明日を姿勢よく待つ蓮のつぼみ・・・実にお行儀がいい。

3ds_4809ss
Nikon D300     ハニカミ屋の花が風に揺れて、ちらりちらりと見えるんだ、なんとも愛おしく見えないだろうか。

諸行無常、輪廻転生とでも云おうか、早くも6月の梅雨空の下に咲いた大きな蓮の花も、花びらはとうに落ちて子孫の形成中である。
人間様はたぶん写真を撮るなら花・つぼみの全容を、そして一歩進んで気になる部分を切り取ったりして写すのが当たり前のようだが、
たまには、ひかえめの花にだってスポット浴びせたっていいじゃない、もしかしたら、だれにも気がつかれず枯れていくかもしれない。
そんな切ないようなことを考えてると、諸行無常は世の習いっていうけど、やっぱり苦労してるのに日の目を見せたいのが人情ってもんだよ。

しっかり、咲け!そこの蓮の花。

続きを読む "夕日の蓮:諸行無常なるもの"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

渡辺邸 2

3ds_4716ss

2階の障子の破れから、近所の立派な屋根はここで番頭さんクラスの家々、こちら同様に重要文化財になっている。

3ds_4726ss

翠(みどり)映る障子戸も、工事とあってはなんとなくナゲヤリって雰囲気だった。

3ds_4745ss

こんな修理でもなければこんな葦と土でぬられて壁なんて拝めない、手の暖かみが感じられる。

3ds_4731ss

土間の床、でこぼこが歴史なんだ。

3ds_4742ss
Nikon D300         囲炉裏でたく焚き木、次に燃やされるのは5年先なんだと、この焚き木に云いたくなった。

ともかく、ここの土間、茶の間、台所の空間が好きだった、全部柱・床・板塀は黒光りしていた、長年の焚き火の煙の匂いは、
家中にしみこんで、訪れるたびに懐かしさを覚えた、「俺は、前世ではここの住人だったのではなかろうか。」とそんなことを思う。

続きを読む "渡辺邸 2"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関川村・渡辺邸

3ds_4693ss

関川村・国指定重要文化財「渡辺邸」。母屋は、木羽葺石置屋根(こばぶきいしおきやね)という、独特な屋根。

3ds_4704ss

子供の頃か、そんな家を見たような記憶があるが、失礼ながらも立派と云うより、なんだかなあ・・・だったが、ココまでくれば立派である。

3ds_4703ss

この位置からは、今まで写真は撮れなかったが、、、、、、これもお徳パックのひとつ。やぱり豪邸ですわ。

3ds_4739ss

こう見ると何ともないようだが、母屋の床は修理のため痛々しいくらいに全部はがされている。

3ds_4705ss
Nikon D300     こういう大きな修理期間なのでお庭の掃除はなんだかしてるのだろうかって感じがした。

どこかでも書いたが、カメラを買うたびに以前のカメラとどう違うのか性能確認もあり、何箇所か行く場所あるが、ここもその1ヵ所。
ひとつには、古い、暗い、緑、趣、庶民的でない、そんなところをポイントでまわっているが、今回は着いて驚いた。
まさか、大修理とは、車で1時間掛けてきたが、どうしようか迷った。

続きを読む "関川村・渡辺邸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠くへ出掛けた

3ds_4785ss

一本道、まっすぐな一本道が好きだ・・・なぜだろう、目標一途で周りからの雑念がないから?分かれ道もないし。

3ds_4791ss
Nikon D300       犬、人、電柱、送電線の鉄塔、田んぼ、遠く見える家。

遠くへ行った。
が、しかし、新潟はどこへ行っても田んぼばかりである、これが当たり前の風景のなか車を停めてアイスクリームを食べていた、
遠くで犬と散歩する光景を見て、どういう訳かなんだか行った事もないスコットランド散歩風景を思い出した。
草原が、田んぼになっただけ、でもなだらかなスロープもなければ、電柱なんてもってのほか、だけど犬の散歩風景がスコットランドの散歩風景に見えたのでシャッターを切った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミドリの辺境地

3ds_4663ss

Nikon D300

車を急停止して、はっと思った場所までバックまでして撮った。地平線ならぬ地平田んぼ線だと思う。
でも見方をかえると、世界の行き止まりにもとれる緑の辺境地・・・・でもほんの一角だけ。

続きを読む "ミドリの辺境地"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それは雨だった

3ds_4647ss

雨の日、やっぱり水滴でしょうと、蓮の葉は云った・・・・ような。

3ds_4625ss

こういう構図はとかく目が命だと思う、その点僕は目がふたつもあるのに (/□≦、)

3ds_4609ss
Nikon D300

雨だった、どうしてだろう。こう云う時の雨はジッとしてられなかった、別段先着何名様の限定なんてないのに、
ともかく行きたかった、そして傘をさして撮った。

続きを読む "それは雨だった"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

線路と乗り物

3ds_4590ss

特急いなほ、485系。  はたから見ていてちいとコワいですわ。

3ds_4592ss

光る線路撮ったつもりだけど、、、、

3ds_4604ss
Nikon D300        新幹線 200系 各駅停車タイプ。 操作場での新幹線はたぶんなかなか見れないのでは。

今日は、カメラを持って歩いていたら紫陽花が咲いていた、ちょっと青系がダメなんだよなあって思っていたが今年最後かもしれないと、
思ったら何枚か撮ったが、あの垣根の向こうの青い紫陽花、キレイだった。でも遠くて撮れなかった、思わず「高嶺の花」言葉が浮んだ。

続きを読む "線路と乗り物"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨のハレマ

3ds_4300ss

3ds_4302ss

3ds_4366ss

3ds_4375ss
Nikon D300       カメラのモニターから見た紫陽花の青が出ない、しからば形だけでもとモノクロに。

梅雨の晴れ間っていうのは、休みの日に合わされると儲けモノをしたようでうれしいものである、ただ雨を望んだ日以外は。
その時の旬っていうのがあるようで、梅雨時期の雨には雨の良さだってあるだろう。
その昔、一目ぼれshineするような傘をお店で見つけた、でもいつもさしている傘の値段の8倍はした、迷って当然だけど、
悩みに悩みやっとの決断で買った時の喜びはそれはもうひとしおで、アパートの部屋で傘をさして踊ったものだ。
そのくらいどんなに雨を待ったことか、でも、雨の中をさせば新品のお気に入りの買ったばかりの傘が濡れる、それも気にはなったけど、
雨が降ってさして歩けば、それはもう「雨に歌えば movie」のジン・ケリー気分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分にとっての三役揃い踏み

3ds_4047ss

どことなく暗そうだけど、明るくその明度に何となく味のある、

3ds_4023ss

暗いと思うと、意外と明るかったり。

3ds_4033ss_2
Nikon D300         一緒にいるとホッとするような、場面もあり、

三役揃い踏み、そんな感じか、あくまで自分の存在のあり方である、他人はどう思っているかわからないが、自分の感じ。
たぶん、20代だったら、燦燦と陽を浴びるまさに字の如く向日葵の写真をここに載せるだろうなあ。
これって、歳ってこと?いーや、落ち着きが出てきたってことなんだろう ( ̄ー ̄)ニヤリ

続きを読む "自分にとっての三役揃い踏み"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨を待つ

3ds_3873ss

3ds_4033ss

3ds_4119ss
Nikon D300           黄色い傘が、まぶしげだった。

黄色い傘がまぶしげで、小学1年生が授業が終わって帰る頃、雨が降りだしてワイワイガヤガヤしている学校の玄関口の風景のようだった。
そんな黄色い傘が、雨を待つ梅雨前のある一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルガモ

3ds_4462ss

カルガモの親子

3ds_4488ss

これは ガマ

3ds_4464ss

子ども、3羽

3ds_4569ss
Nikon D300              お母さん・・・・この瞳の中に僕が写ってます(^^ゞ

蓮花撮り行ったおり住みつきのカルガモの親子だろう、当然最初は警戒されていたけど徐々に近づいていった。
でも、危うく○○こを踏むところだった sweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

紫陽花

3ds_4316ss

花だと思っていたけど、実は額だった。

3ds_4324ss
Nikon D300      まささしく、それは「紫陽花」だった。

蓮を撮った事で一仕事やり終えたような気分なっているのか、先に咲いてるアジサイは終ったと勝手に決め込んでいる。
でも枯れはじめてはいるが、そんな中先日見た額アジサイ、花かと思っていた部分が額だとわかって、ほんと自分は何してたんだろうガックリきた。
それ以来、額アジサイの本当の小さい小さい花の部分をずっと見ていたら、やっぱり花としての風格があるじゃないかと、感心してじっと眺めていた。

続きを読む "紫陽花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »