« (ゴジラ的な)狛犬 | トップページ | 紫陽花 »

負と正

3ds_3779ss

タイル張りの壁に映った風景

3ds_3781ss
Nikon D300          小さく小さく釣り人だろう、堤防を歩いている。
負と正、ガラスの映りこみはよく撮るがタイル張りの壁にでっかく景色が映っているのはあんまり撮ったことがないかも。
負と正、1年に1度くらい見る夢でそれは欲しかった物だったり、あるいは大金だったり、あまりの嬉しさに、これは夢ではなかろうかとそれをぎゅうと手に握って目もぎゅっとつむってから目をあける。
大体それは、いやほぼそれは夢だったりした。

鹿君の写真が余っていた。

3ds_3581ss
昨年、奈良へ行ったおり目の前を鹿が歩いているのが信じられなかった、でもいい機会だからと鹿せんべいを買ってあげなかった、
これが痛く、後悔の念を抱いている、奈良では鹿は神の使いである。そんな訳でこちら新潟で鹿を見つけエサをあげた。
しかし、ここはフェンスがあるからいいけど鹿にエサをやるのってちーと怖いぜ。

|

« (ゴジラ的な)狛犬 | トップページ | 紫陽花 »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/45329820

この記事へのトラックバック一覧です: 負と正:

« (ゴジラ的な)狛犬 | トップページ | 紫陽花 »