« 目の前の黄色の世界 | トップページ | »

花を写す、の日

Dsc_3337ss

Dsc_3347ss

いくつも咲いてる中で、この左の花に目が行った。

Dsc_3334ss

縦構図だったと思う、しかし見事なバックのボケ具合、赤も良い色を出してくれた。

Dsc_3355ss
Nikon D80    花を写す

本日、晩御飯を食べて日課のウォーキングをした、昼間は青空の春らしいお天気で夜までその天気が続くのは珍しいかもな。
よって月夜の散歩、そんな中地元でも早く桜が咲くスポットを通ると薄明かりの月夜のに白く桜が咲いていた、まだ一分咲きかな。

でもそんな風景の月夜の下の白さが、旅行出発前のちょっと不安のドキドキと何か楽しい事が起こりそうなワクワクな気分にさせた。

以前はプログラムオートで、今回は絞り優先撮ってみた、一眼レフはバックをぼかしてなんぼ。

4月5日現在の枝垂れ桜の咲き具合は、まだまだマッチ棒的な芽の状況、火がついたらそれはもう大変だろうなあ。

Dsc_3359ss
少し脇にあったベンチで眺めていた、これが満開になった姿を想像した、そんな枝垂れ桜が当り前のような京都が思い浮かんだ、今年は行けなかった。

|

« 目の前の黄色の世界 | トップページ | »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

百花繚乱の季節は 
すぐそこに ですね^^*

さくらが咲きはじめたら
にゃん五郎さん
きっと 花の旅人に
なっちゃいそうですょ^^@

京都は 山桜もソメイヨシノも
一気に 花舞へ。。☆

投稿: 吟遊詩人 | 2009年4月 7日 08時26分

吟遊さん、白い木蓮が青空に映えてました。
やっと雪が融けてた後に、こんどは白い花。
同じ白でも、ほんわりと暖かくて良いもんですね。

1ヵ所桜の期待してる場所がありますが、
カメラぶら提げて撮りに行きたいなあと、
まだ撮ってもいませんが、どうなる事かわかりませんが、
ちょっと期待してくださいbleah

なんでしょうが、桜に関してはどうも散ったら終りっていう落胆みたいなものがありますが、
そう考えると早く先に咲いた地方よりも、
開花のニュース、話を散々聞いて、自分の所のやっと咲く、
そちらの方が桜を感じてる期間が長いのではないかと思うわけです。
ですから、南よりも北の方が桜を感じられるシーズンが長いのではないでしょうか。

投稿: nyanta2030 | 2009年4月 7日 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/44590940

この記事へのトラックバック一覧です: 花を写す、の日:

« 目の前の黄色の世界 | トップページ | »