« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

気に入った色、艶、写り。

3ds_2176ss

眺めて景色がどういう訳が美しく見えるときがあるが、それを映像に収めたつもり、日陰、日差し、建物色、全体の雰囲気で、僕的にポイントが高い。

3ds_2179ss

NHK大河ドラマの「天地人」こちらも地元、直江兼継の「愛」看板の白と日差しに目が行った。

3ds_2143ss

単純な疑問があった、こんな太陽光線を当てていいのだろうか。でも選びやすい。

3ds_2120ss
Nikon D300

こんな色・写りがだしたい、晴天と初ETCと遠方遠征で好条件がそろって気分がよくなったのか確率として出したい色・写りが出せた。
あっさりしていていながら、艶っぽくってつるんとしているような写り、そんな写りがお気に入り。
だけれども、ひょっとして購入以来初めてかもしれない、何枚も自分で納得できる色が出せたのは、でも客観的に見ると晴天が影響大だったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ショートな日帰りの旅をした

3ds_2159ss

何年前かに発見して再度、写真を撮る。前と構図の違いが出ていた、ただ撮りと雰囲気を撮りだった。

3ds_2162ss

3ds_2160ss
Nikon D300
まだ載せてないけど、長岡・宝徳山稲荷大社に出掛けた、ETC着けたら、とりあえずそこそこの距離を走ってみようと、そして宝徳山稲荷大社が頭に浮かんでいた。
信じれないくらいの大きさで、始めて行ったときは想像していた大きさとは桁違いなくらいのあまりの大きさに度肝を抜かれた記憶があった。
再度参拝したいなあと、思っていたが昼から時間が出来たので高速でひとッ飛びした。
その後の長岡市の街撮りした。

続きを読む "ショートな日帰りの旅をした"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初ETCで、出掛けた(^^)v

3ds_2196ss

こんな店いいなあ。

3ds_2197ss

3ds_2139ss
Nikon D300    走行中ではなく、渋滞のため停止中に撮影。
ETCを車につけて初めて高速でちょい遠出した、地元に写真撮ってると撮り尽くしではないけど、見る目のマンネリ的なワンパターンみたく同じようものばかり撮ってしまうので、違う環境は新鮮な気して、お天気も青空でそれはもう言うことないくらいの光をあびた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「プロフェッショナル」をみる

Dsc_4305ss

来年まで奈良で拝めるのはお預け。昨年見ておいて良かったけど、薬師寺の日光・月光菩薩は見れなかった、あれは今の気にかかっている。

Dsc_4944ss_
Nikon D80   奈良町通りから、興福寺五重の塔をみる、絵画ペインティング、いいかも。

ヤバイ、更新忘れるとこだった。NHKのフプロフェッショナルを見る、奈良興福寺の阿修羅像運搬輸送についてであった、昨年見ただけに非常にあの繊細なくらいの阿修羅像の腕をどうするのか気になっていた、奈良から東京、そして来年向け福岡である、そんな移動を果たして大丈夫なのかと気になっていたが、最後まで詳しく放送しなかった、企業秘密もあるのだろうが、がっかりした。
それにしても、昨年見ておいて良かった、来年まで奈良に行っても見れないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大荒れの中、新緑を撮る

3ds_2086ss
Nikon D300
まさに新緑の始まり、大荒れの天候でさえ、若葉が白く光ってるようにみえる、でもってハナミズキがこちらは最盛で桜の変わりに頑張っている、僕としては同種のヤマボウシが好きである、白い花に真ん中が青く、名の通りぺちゃんとした帽子のようみえるし、大群の喋々が止まってるかのように元気に花を咲かせているが、このハナミズキの後に咲いていたような気がする。
そんな新緑日和のはずが全国大荒れ、北では雪が降ったという、当然なくらいに冬に逆戻りしたような寒さだった。

しかし大風で木々は揺れに揺れシャッターチャンスを狙って待つも並大抵でないくらい揺れ続け、あきらめてファインダーから目を離すとすーと揺れが止まるのである。

続きを読む "大荒れの中、新緑を撮る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜も終ってペンタブレットを買う

Dsc_3513ss

Dsc_0134ss

Dsc_0277ss

Nikon D80
当地の桜も終り、修理に出していたNikon D300は桜に間に合わなかったので、密かにあるところの桜を狙っていた。
秋田・仙北市角館、国天然指定枝垂れ桜が169本だったかあり、町全体が桜御殿の中ように限りなく白く、淡くピンク色に染まっていた。
まるで浦島太郎が、竜宮城に着いたときの驚きのようにそれは絵にも書けない美しさでもカメラがなら撮れたけど。
初めて行った時の感想は、上を見上げて「スゲー cherryblossom 」だったように思う、それが5月3日くらいで桜全開モードだった。
そんなこともあってか、今年の桜の開花は早いのでそれも頭にインプットしてたはずだったが、ネット検索で今週が満開とのこと、それなら今日にも行けば良いのだがお天気確認で大雨模様、ETCをつけて高速で走っても6時間かかろう、雨の中6時間、ついて雨ではなあとあきらめた途端に、密かに今年最後の桜撮りと画策していた計画がパーになった。

続きを読む "桜も終ってペンタブレットを買う"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天気の悪い日は物撮りでもしようかねえ

3ds_2063ss

バス釣り用アメリカ製ルアー、バドガールならぬ、バドルアー、絵柄で魚がつれるはずはないけれど、酒飲み魚なら釣れるかも。

3ds_2046ss
Nikon D300    メモばさみ、オランウータンだろうかチンパンジーだろうか。
ブラックバス釣りをやっていた、これもカメラ同様にハマった、何事も熱しやすく若干冷め易い性格、こんなルアーを硬いのでハード・ルアーの部類なる。ちなみにソフト・ルアーはワーム系で虫を模したソフトプラスチックがほとんど。
そんなバドルアーだけど、このバドワイザーそのまま作るのはやはりアメリカ的で最近はコラボとか言われるけど、そのコラボという前にユーモアを含んだルアーである。
しかし、相当数あるこのハードルアーより、釣れたブラックバスの数のほうが圧倒的すくなく、企業的見地からいけば元が取れていない原価割れ、大幅赤字ってところだろうが、趣味となるとそんな大赤字は覚悟。

続きを読む "天気の悪い日は物撮りでもしようかねえ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物撮り(ブツドリ)

3ds_2020ss

ゼンマイの小物おもちゃ、ゼンマイを巻くとともかく跳ねる、それだけのおもちゃ。

3ds_2021ss

小さい鉄の玉を穴に落とさずに20の脇のゴールまで運ぶ、ほんわかとして原始的だけど本気モードなること間違いなし。

3ds_2023ss
Nikon D300   カエルのメモばさみ、、、何となく色っぽく愛嬌のあるフウボウにつられ買った。

暇って言うわけでないけど、写真撮りに何だか満足行くような撮り方を桜撮り以来してないので、モヤモヤした気分がたまってきている。
昼間ふと物撮りでもしてみようかと、頭に浮かんだけどその物(ぶつ)はどこに、、、、かなり前にお店でながめていて妙な色気が気に入ってメモばさみシリーズをいくつか買ったけど、3年くらいしまったままかも、先日もそんなパターンで新調したブレザーが出てきたっけ。

このカエル、体の曲線といいデッカイくちびるといい惚れた。角度によって表情がかわってくる、1枚撮っては角度変えたりしてついつい引き込まれたマクロの世界、こうなってくるとマクロレンズと室内用に三脚も欲しくなる、欲張りなオレΨ( =`▽´= )Ψウケケケ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夢の中の建物

Dsc_0326ss

冬の思い出。白くて長いマフラーの女の子、たぶん学生の時だったら一目惚れしてたかもしれない。

Dsc_0061ss
Nikon D80
桜を除くと最近写真らしいもの撮っていない、っていうか家庭内での写真の練習とかしたりして、まさにデジタル時代の恩恵だねえ。
最近、夢の中でもよく写真を撮っている、突然目の前にこれは撮らねばと思わせる建物が出現してくる。
自分の夢のせいか撮りたくなるような風景、建物は僕のツボを知っていて、「おーいいねえ!」と感嘆させて夢の中で写真を撮っている。そんなツボにハマった夢の風景、建物はどこかで見たものをイメージ化して夢に出てくるのだろうが、夢が覚めてから思うのである、イメージの元はどこから?

先日は、お寺でもあり、神社でもある古くて大きい建物が坂の傾斜部分に建っていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3ds_1976ss

桜の花びらが散った田んぼ、どことなくこの田んぼでとれたお米は美味しそうなんのだが。

3ds_1975ss

Nikon D300   やっと桜の散る瞬間を撮ったけど、まったくとロマンチックさなし、キレイさなしだった catface

新潟はこれだからお米が美味しい、ってそんな訳はないけど桜の花びらが散って田んぼでとれたお米は美味しそうな気がしませんかねえ。

続きを読む ""

| | コメント (4) | トラックバック (0)

LIFE、生命

3ds_1961ss

桜の木、表皮がはがれて導管見ていた、非常に痛々しかったが桜は見事に咲かせていた。生命力の凄さ。

3ds_1959ss
Nikon D300
桜の寿命は50年とも60年とも、70年とも云われいる。桜並木cherryblossomcherryblossomcherryblossomだって50年くらいしたら古木となり、時間と共に枯れて表皮がはがれてくる。当然青年、熟年、老年としたら年々咲き方だって変わって来るだろう。
そんな古木の枯れかけている木に触ってご苦労さんといった。ホント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球

3ds_1993ss 

3ds_1995ss
Nikon D300

こんな監督の手を撮りたかったが、にわかに野球参戦したようなカメラマンはダメだねえ、何をどう撮ろうかと組み立てすら出来なかった、でも望遠は必要だったな。

続きを読む "野球"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメンボの旅

3ds_1908ss
Nikon D300

また、さくらネタ?って言われそうだけど、いたってそんなにネタがゴロゴロしてるような刺激的生活はしてないし、そもそも刺激の少ないローカル地区の悲しさだね、そう言う訳でとりも直さずさくらネタ。
でも視点を変えての昆虫的視点。
そもそも発見は奇跡のような組み合わせ、この花びらを見てアメンボでも止まってたら絵にならないだろうかとよく見たら、そのまんまいたのです。
驚き勇み(@_@;)ここで逃げられたらと慎重に近づく、何とか「アメンボの花見」の撮影成功。
ご休息、花びらサーフィン、デートの待ち合わせ、一寸法師ごっこ、日向ぼっこ、何でも良いけど僕的には「アメンボの花見」。

そういえば、アメンボって空を飛ぶのをご存知でしたか?

続きを読む "アメンボの旅"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

提灯

3ds_1886ss
夜、日課のウォーキングをしていて気になった提灯の桜の花びら、出来は「春の名残り」で感傷にひたるようなもんじゃないけど。

ほんとサクラが散ってしまった、とこれからはお天気は春モード、ポカポカを超えてちょいアツで、半袖には早いようだけどあえて半袖を着るのが好きである、季節の先取りなんだなあ。アイスコーヒーなんかもそうで暑い夏sweat01の来る前に飲むと片足を夏に突っ込んだような気分がして実によくってweep、今は「アイスコーヒーはじめました」って貼紙もそんな気分を増長させて、最近は年中飲めるように季節感もなくなったけど、そんな初夏のセンチが始まる。

春過ぎて さくらのつぎは アイスかな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜、雨と共に去りぬ

3ds_1789ss

床一面の桜の花びらなのである。

3ds_1852ss
Nikon D300
たぶん今年の桜はみんなを満足にさせて散っていった、先週末は暖かく桜も満開でどこに行っても主だった所は桜見物だった。
車の運転をしてると誰も見向きもしないようなところにぽつんと咲いている桜がある、何だか人間世界にも共通するような、ひっそり頑張っている姿は泣かせる、「せっかく咲いてるんだから誰か見てやれよ」と運転しながらそんな桜をあちこちで見た。

今年はたくさん夜桜撮影をした、それは満足いくか行かないかは別として、これで今年は大いに撮ったけど、そんな夜桜に関してはおしまいだろうなが、昼の撮影分はまだまだあきらめてはいない。

続きを読む "桜、雨と共に去りぬ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カンショウ的な桜、、、、D300復活

3ds_1725ss

3ds_1794ss
Nikon D300
やっと修理に出していた D300が帰ってきた、バンザイヽ(^o^)丿
何とか桜に間に合ったというか、でもお日様をあびた明るい桜ではなくて夜の桜撮りではちと桜に間に合ったというのは無理があるかもしれない。
が、撮ってみたらかえってこちらの方が良かったのかもしれない。でもあまりのよい写りに感傷的な桜よりもちょっと元気をくれた桜って感じかな。


◆カメラの修理は、ちなみに Nikon 専門修理 新潟 本間カメラサービスだった、助かりましたありがとうございます。

続きを読む "カンショウ的な桜、、、、D300復活"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれの楽しみ方、桜、そして夜。

Dsc_0066ss
まず、見る。

Dsc_0137ss
ぼくは、何となく春探す。

Dsc_0067ss
飲んで食う。

Dsc_0124ss
そして、また春を探す。

Dsc_0110ss

無意識の構図がどうも似てるが、偶然なのか傾向なのか。           Nikon D80

今は日本を桜前線北上中、日本列島の長さからするともう6分目くらいはいったろうか、それがどのくらいあるのか数えことはないけど、日本国民の数だけ桜の楽しみ方あるってもんだろう。

続きを読む "それぞれの楽しみ方、桜、そして夜。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノクロ写真と桜

Dsc_0071ss

Dsc_0136ss

Dsc_0064ss

Dsc_0063ss 

Dsc_0128ss
Nikon D80
悟ったような気がした、眩しい様な明るさにはカラーよりもモノクロが良いかもと思った。
不思議な事だけどカラーで撮って「こんなのでなかった!」ってイメージが壊れるような色がでるよりも、モノクロで撮った方が、
色の雰囲気を再現してるように思う、それってモノクロでしょ!と突っ込まれそうだけど、それはたぶん色の印象ではなくて見た目の形の印象が出てるからじゃないかと思う。

でも今日あたりから、桜の花散りはじめた、「さくら咲く、さくら、さくら、あっという間のさくらかな。」

今回は、出来がここ向きでない「Here Comes The Sun. 日々是好日」向きなんであちらにもUPするかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜三昧、、、、て、とこかな。

Dsc_0213ss_2

Dsc_0218ss_2

何年も前から気になっていた場所に行った、桜が咲いたらどうなるのだろうと。

Dsc_0184ss_2

Dsc_0225ss_2
Nikon D80
桜三昧な日だった、桜はどこも僕を待っていたかのように至るところ満開状態で、おまけにお天気だって良いし気温も上がった。当然どこも人、人、人。でもこんな時だからお陰で気がねなくカメラを堂々とぶら下げ、撮りまくれた。
ドンだけ撮ったら気が済むのかって思うくらい桜を撮ったが、当たり前のように  shock こんな顔になる出来も多かった、そんな中で斜光の良い時間帯に何年も前から気になっていた桜の風景を撮りに行った。そこは思っていた通りに咲いていてくれた。
撮ってる最中に後ろで「ホーホケ、キョ」となった。ウグイスだったちょっと離れていたが発見、C.J.グレッグさんが云うとおり本当にジッとしてない鳥でカメラで追うが、ピョンピョンと枝から枝に移ってここぞと云うチャンスもないうちに飛んでいった。でも最初は「ホールルルルルル、ケキョ」だった「ルルルル」って何なんだろう。

続きを読む "桜三昧、、、、て、とこかな。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昼間の桜、そんなタイトルの流れあるかな。

Dsc_3611ss

欲をいうと下の地面が緑が濃かったらよかった。

Dsc_3528ss

対照的コントラストを探していた。

Dsc_3557ss

モノクロっぽいけど、カラー。この逆光加減を撮りたかった。

Dsc_3544ss

Dsc_3516ss
Nikon D80
待ちに待った桜、でもあちこちの桜開花のニュースを聞いてから1ヵ月はたっているだろうか、だから待った気持ちよりも「やっと咲いてくれて、ほっ。」が正解かもしれない。
本日土曜日、思ってる以上にあちこちと混んでるなかあちこちまわった、空腹気味で出掛けたせいもあるけど途中で「これは何か食べないと・・・」でも気がついた時は昼12時どこも混んでいた、何でも良いと行列のない喫茶店に入りランチセットをオーダーツナクリーム・パスタとコーヒーセットで600円だった。これは安いけど出てくるのにえらく時間がかかり、テーブルに運んでくるたび「すいません、お待たせしました。」だった。
桜を見て気分が良くなってるのか「ゼンゼン!」と答えた、桜の威力はすごいのあった。

もうひとつのブログは、モノクロにまとめみたが、大人だなあって感じになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再びの夜の桜

Dsc_3468ss 
Nikon D80
昨日に続き出かけてしまった、昨日撮りきれなかった分撮りに行ったような感じかな、あいかわらず夜のピント合せは難しいかった。
これって訓練と慣れなのだろか、ピントが合ってるようだけど確認するぴんボケがしてたりして月が出ていなかったらもう少し厳しいかもしれない。

週末の明日、明後日と天候はまあまあのようだが、この感じならあちこちと桜の名所は渋滞間違いなしだな。

Dsc_3477ss

続きを読む "再びの夜の桜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の桜と月

Dsc_3444ss

夜空はあくまで青く、春霞気味ながらも星も出て。

Dsc_3410ss

白く明るいのは月、本日は満月、そんな桜とのコラボはめったにないと思うと、焦りも生じ。

Dsc_3443ss
Nikon D80
予想以上にピント合せが難しかったが、まあこんなもんで良いでしょ。夜の日課のウォーキングに出掛けて見上げた桜が気になった。
昨年は夜桜は苦労したけど今年はどうかなあというよりも、この咲き具合と絵に描いたような満月の夜である、シチュエーションとしてはこの上ないし、夜はどうしてもシャッター時間が長くなるので風があったては被写体ブレするが、今夜はほぼ無風状態だった。
こんなチャンスはめったにないし、明日桜はもっと開花してるだろうが曇っていたらどうしようなどと、考え出したら焦ってきてウォーキングどころでなく、日課をそこそこに切り上げていったん家に戻ってカメラ持って夜の桜を撮りに行った。
それは夜桜なんて聞こえの幻想的なものでなく撮ったものはあくまでもただの「夜の桜」だった。

続きを読む "夜の桜と月"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

忘れてた

3ds_1645ss

3ds_1635ss

3ds_1666ss
Nikon D300

本日タンスの服を物色してたら、なんとヘタレどころかシワさえない紺ブレがでてきた、自分の計算からいったら2年は作ってからそのまま
あったのすら忘れていた。
ずっとタンスのスーツ用のビニールシートに入りっぱなしだった、なんだかもうけたような、忘れていた自分にあきれるやらで複雑な気分、
もし今日見つけなかったら、 今度はいつ見るだろうかと思ったらぞーとしてきた。

続きを読む "忘れてた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dsc_3363ss

ミクロ世界、小さい花を発見した、高さ5、6センチ。しっかりとそれも2色技、白と淡い青の花が咲いている。

Dsc_3344ss
Nikon D80

久しぶりに赤が出るのだろうかと撮ってみた、カメラか腕かどうも見た目のように撮れない悩める赤となった。
花とか植物ってどうも名前とか覚える気がなく綺麗に咲いてても「キレイだなあ」で終ってしまう、だから上の写真、下の写真と名前がわからない、
強いて言うなら上は、小さいので「コロボックルの花」、下は見るからに金魚っぽいので自分の中では「金魚花」だろうか。
自分的花のネーミングのイメージの欠落に shock だな。

続きを読む ""

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花を写す、の日

Dsc_3337ss

Dsc_3347ss

いくつも咲いてる中で、この左の花に目が行った。

Dsc_3334ss

縦構図だったと思う、しかし見事なバックのボケ具合、赤も良い色を出してくれた。

Dsc_3355ss
Nikon D80    花を写す

本日、晩御飯を食べて日課のウォーキングをした、昼間は青空の春らしいお天気で夜までその天気が続くのは珍しいかもな。
よって月夜の散歩、そんな中地元でも早く桜が咲くスポットを通ると薄明かりの月夜のに白く桜が咲いていた、まだ一分咲きかな。

でもそんな風景の月夜の下の白さが、旅行出発前のちょっと不安のドキドキと何か楽しい事が起こりそうなワクワクな気分にさせた。

以前はプログラムオートで、今回は絞り優先撮ってみた、一眼レフはバックをぼかしてなんぼ。

続きを読む "花を写す、の日"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

目の前の黄色の世界

Dsc_3367ss

Dsc_3388ss

黄色の世界、目が覚めるとはこの事かと黄色い菜の花にシャッターをバンバン切っていた。

Dsc_3370ss

ここでは毎年のイベントしてこの菜の花を摘んで、搾って白いハンカチを黄色く染める、黄色いハンカチ大作戦をやっていた。

Dsc_3383ss
Nikon D80

春の黄色の世界だった、「春のワルツ」とで言おうか、桜はまだでも菜の花があったなあと、もしかしらと行ってみたら正解だった。
こんな菜の花の黄色の光景を見て思い出すのが保育園の頃、友だちと家に帰る道すがらトンボを捕まえてた(イトトンボ)が、友達が勢い余ってかトンボ追って小川に落ちた。
その落ち方が、頭からドボンと川に落ちていくシーンを脇で見ていた、その時に友達が着ていた服が黄色のセーターだったが、川から上がってきた友達は頭、顔、上半身とドロで真っ黒だった。その時期が菜の花が生い茂って黄色だったのか黄色をみると思い出す。

細かい風景なのでD300だったらと思ったけど、ないもんは仕方ない、この菜の花だってまだまだ1ヵ月は持つだろう、
それまでには修理から帰ってくるはず。

続きを読む "目の前の黄色の世界"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気のせい。。。

3ds_1375ss

3ds_1656ss
Nikon D300
D300を修理に出した、プリズム付近にホコリ・ゴミが入りファインダーをのぞくとそのホコリというかゴミが見える。
実際の写真自体に写ってはいないけど気になりはじめると気になって写真に対する意欲が意気消沈してしまう、、、ナンテネ happy02

そんな訳で、気のせいか載せる写真も寂しげ写っている。

続きを読む "気のせい。。。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何とも春らしく

3ds_1309ss

ある日の新潟、向こう側に萬代橋が見える。

3ds_1620ss
Nikon D300

何ともはや、あまりに微笑ましくつい写真を撮った。毎日にチュするsmile、泣けたですよ。
たぶん2人で書いたのだと思う。

お熱いようだけど2年後の今はどうなってるのでしょうかねえ。

続きを読む "何とも春らしく"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現実と映りこみ

3ds_1664ss
Nikon D300

写真を撮ってると、しばらくすると景色が変わったり、店が閉じたりと変化がある。それって、何気にやってきて知らないうちに風景を変えてしまう。
通りを撮っていても繁盛する店もあれば、やんごとなき事情で閉店するお店だってあるだろうけど、何だか寂しい、そんな空き店の白い空間を撮ったけど、ガラスに写った向かいのレストランと対照的になった。

この何もない空間だってかつては、物語、人間模様、色々あったんだろうなあと思うと下まぶたに涙が、、、そんな年頃なのだ。

続きを読む "現実と映りこみ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長すぎた思い込み

3ds_1653ss
Nikon D300

先日やっとリーガル靴店に行った。3年前にカジュアル用な靴を衝動買いした、色は濃い紺色で無理をすれば何にでも合わせられるだろうと、
買ったけど履いた矢先から車の運転でペダルでつま先をこすってしまってこすり傷がついた。でもこの紺色靴のこすり傷を消す方法は?
普段の革靴なら黒のクリームさえ塗ればOKなのだけれど、この濃い紺色につけるクリームなんて持ってない、一緒に買っておいたらよかったと思いつつ、履くほどに傷がつくのが嫌で敬遠気味に履いていたが、先日やっとそれを履いてリーガル靴店に行った。

「これにつけるクリーム下さい!」と足を上げて店員さんに言った、店員さんは若干戸惑い気味だったが、「こちらになりますです。」と回答が返って来るものだと思っていたら、「この靴は黒なんですよ」と信じられない答が戻ってきた (゚0゚)
それは何度も僕は聞きなおした、相手を疑いつつ「この靴は黒なんですか?!」だった。だから通常の黒いクリームを塗れば良いだけだった。
そうそうに感謝の辞を述べてそうそうに店を出た、それから歩きながら何度も独り言で「この靴は黒だったのか!」と言っていたように思う。

そんな勘違いな思い込みは、人生には時々あって頭がフラフラ・ガタガタになる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

海と砂浜

3ds_1591ss

砂浜、冬場と当然景色が違うだろうが砂浜が何だカッコよくなっていた。

3ds_1602ss

この陽ざしはもう春の光の差し込みである。

3ds_1583ss
Nikon D300
この浜である、雪の中でレンズキャップをなくした浜。別段に探し来た訳でもないが来たらやっぱりのである、これって庶民感覚?
流石に雪がないのだからレンズキャップはあれば簡単に見つかりそうだが、まったくどこにもそれらしいものもなかった。

季節はもうすぐ桜が咲こうとする春、波は穏やかだったがまだ風は冷たかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »