« 空き家と飛鳥時代の木造建築 | トップページ | 楽しみのひとつ、ふたつ、みっつ。 »

京をおもう

Dsc_5867ss

暖かくなってきた、陽ざしもなんだかほんわかとしてこないだろうか。

Dsc_5870ss

Dsc_5474ss

雷神君も待っている、、、かも。

Dsc_5475ss

風神君はどうだろう、、、、、、レプリカなので撮影し放題。

Dsc_5456ss
Nikon D80  三十三軒堂、建仁寺
ここの所精神的に疲れている、疲れているから心のより処が欲しい、そんな癒しと心のより所として京都を想っている、
京都の地図本なんて毎日眺めている。
毎日、JR東海の「そうだ京都へいこう!」のHPをチェックしている、これから桜情報が入ってくると、胸が苦しくなるようにせつなくなる。
だから、行かねば!
今年は京都・奈良に行きを目標としている、何だか癒されたいぞ~、ぼけえ~として庭を眺めていたいぞ~、
そんな思いで何だか今は自分を立たせて引っ張っているかもしれない。

建仁寺、二尊院、祇王寺、泉涌寺、神楽岡町、唐招提寺、薬師寺、、、、癒されたい候補地である。
新緑の頃か、祇園祭のお囃子がどこから聞こえて来る季節がいいなあと、癒し時期を考えているのである。

Dsc_5332w

しかし、新しく買ったカメラ、これを当然持って行く訳だけどでも、操作をうまくできないともって行っても後でストレスの溜まる京都写真集になりそうだな。

|

« 空き家と飛鳥時代の木造建築 | トップページ | 楽しみのひとつ、ふたつ、みっつ。 »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/44413898

この記事へのトラックバック一覧です: 京をおもう:

« 空き家と飛鳥時代の木造建築 | トップページ | 楽しみのひとつ、ふたつ、みっつ。 »