« 朝靄 | トップページ | 夜明けの植物 最終話と童心 »

夜明けの植物1

Dsc_1045ss

Dsc_1050ss

日中ではこんな色は見れず。

Dsc_1056ss

言葉として的確ではないけど、枯れた蓮(栄枯盛衰かな)、朝日をあびて生き生きしている。

Dsc_1057ss

Dsc_1066ss

夜明けは、夜明け前、夜明けの瞬間、夜明け後と分けられると写真を撮っていてそう思った。今回は夜明けの瞬間を飛び越えて夜明け後の植物。たまに順番が違ってもいいじゃん、朝日のなせる技をご紹介。

夜明けといえば、コーヒーの話。普段はコーヒーをペーパーフィルターで煎れて飲んでるけど、これがエライ旨くない、人に出したら口にこそ出さないが、「何だこれ?コーヒーなの!」って感じが顔から読み取れそうである。
自分は口では味にうるさい割りに自分の煎れかたに自身はない。

市販の「JTのアロマブラック」を買って飲んでいる市販の割りには香りは良く、うまいが、あくまで冷たく飲む用で寒い日の続く日は暖かいのが飲みたいと、ついペーパーフィルターで煎れるが面倒だとこのボトル缶をコーヒーカップに移して電子レンジへ入れてチンする。
実は、これがまことにマズイのである bearing

|

« 朝靄 | トップページ | 夜明けの植物 最終話と童心 »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/43189373

この記事へのトラックバック一覧です: 夜明けの植物1:

« 朝靄 | トップページ | 夜明けの植物 最終話と童心 »