« 浜辺を歩くと | トップページ | 夏は完全に終わりを告げ、そして秋の日差し撮る »

浜辺を歩くと 続

Dsc_0146ss

風紋とでも云おうかなあ。

Dsc_0136ss

けっこう、砂に埋まっている小屋がある。どういう訳色が派手な物が多かった。

Dsc_0145ss

風の形は目に見えるのだ。

Dsc_0154ss

ここにもススキが。

Dsc_0156ss
浜辺近くを歩いた、砂地である。昔読んだ安倍公房の「砂の女」あれを思い出す、砂の中に埋もれてしまった家なんてあるものか、
そう思っていたけど、まんざらフィクションでもないようで、云わば漁師小屋とでもいうのか浜辺の簡易住宅の周りは砂で埋まっていた。
今やっと村上春樹「海辺のカフカ」を読んでいる、単行本で買って3、4年経つかなあ。すぐ読むのがもったいないようで、本棚に寝かしすぎた。
まさに、村上春樹ワールドって感じ、僕としたら「ねじまき鳥 ―」と「世界の終わりと―」の中間のようだけど、出来は上記の続いて3番目かなあ。
もっとも、他内容忘れた。

|

« 浜辺を歩くと | トップページ | 夏は完全に終わりを告げ、そして秋の日差し撮る »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/42958698

この記事へのトラックバック一覧です: 浜辺を歩くと 続:

« 浜辺を歩くと | トップページ | 夏は完全に終わりを告げ、そして秋の日差し撮る »