« 赤の考査、サルビア | トップページ | デスプレイ »

青空って意外に撮りなれてなかったりして

Dsc_9815ss

露出を落として撮ったら恐ろしい青空になった。でも夏でもこんなお天気なかったような。

Dsc_9794ss

もう少しズームで大きく撮るか、近くに寄れば良かった後ろの歩いている人を入れたくて焦った。。

Dsc_9803ss

新潟・市民映画館「シネ・ウィンド」

Dsc_9774ss

Dsc_9792ss
空の青い青いそれはグッドなお天気だった、こんな日はだれも不機嫌な人間はいないだろうと思うくらいの久々なお天気だ。
でもって実際こんなめったにない幸せの青空を、汗をちょっとかきながらダラダラと歩いた。僕と同様にカメラ持ってぶらついている人も何人か見た。
一眼でレンズは単眼だな、あれは。どんな色で撮れてんのか気になったけど、狙っているものが違った。
でもそんな事を考えていると、もう少し色の絡んでくるような写真が撮りたくなった。腕もあるだろう、カメラもあるだろう、色のためならちょっと加工もしてみたくなった。

あまりの良い天気でタイル状の壁に日差しが反射して、逆光状態。いっそのことモノクロにしてみた。

Dsc_9768ss

シネ・ウィンド上映作品…赤の考査でも載せたけど。

Dsc_9806ss_2
娯楽映画というよりも、静かに見たいなあって作品が主かな。

|

« 赤の考査、サルビア | トップページ | デスプレイ »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

>静かに見たいなぁ

^^* 静かなシネマが好きです
何度も 繰り返して観たくなるような
そんな映画を映画館で
心地いいシートに
目深に 観たいこのごろ
コッポラの胡蝶の夢 待っています。。

2枚目と3枚目とラストが いいなぁ。。

投稿: 吟遊詩人 | 2008年10月17日 18時13分

こんにちは、吟遊詩人さん
ここ最近、やや衰退気味の映画も盛り上がってきているようですが、
作品的には、娯楽映画が多いですね。
誰でも楽しい映画、僕も嫌いではないのですが、
たまに、僕の日常の隣りの世界のような映画もいいですよね、
考えさせる部分があって、なんだろなあって思ったりします。

昔、大森一樹のインタビューを聞いた事があるのですが、
「あのシーンであれを使ったのはなぜですか?」
「あれは何を表現してるんですか?」みたいなインタビューで
何だか、つまらなかった記憶があります。
国語のテストに文学小説の「ここの部分は作者は何を云いたかったのか?」みたいに。

投稿: nyanta2030 | 2008年10月18日 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/42801814

この記事へのトラックバック一覧です: 青空って意外に撮りなれてなかったりして:

« 赤の考査、サルビア | トップページ | デスプレイ »