« コイと猫のヒゲ | トップページ | 新発田藩、御茶屋 »

光なんだろうか。

Dsc_9735

珍しい彫刻の入った柱を見ていたら、いい光差してきた。

Dsc_9716

何ともありがたいような光線だった。

Dsc_9722

小高い山の頂上神社ある。いかにも、誰かが登ってきそうなので写真を撮った。

Dsc_9709
ここは歴史のある、不動尊で、たて看板がいつのかわからないけど、長年太陽雨風にさらされて墨の字の部分が浮いて山のようになっていた。
木々の多いところなのでまだ時間は早いけど神社仏閣の境内らしく薄暗くなってきていた。何度か来ていてたけれどこの柱は気がつかなかった。
凄いなあとさすっていると、いい光がスポットライトのように差してきた、これは撮るしかないなあと撮った。カメラのモニターでは完璧だった。
でも、カメラのモニターは小さいので縮小される分、濃縮するように色が濃くなっていたんだなあ、実物はちょっと色が薄いかな。
でもまあまあである、最近こんなシーンと良い出来に当たってないのでちょっとにっこりしていた。

モノの説明によると、1720年たてられた、文化遺産になりそうだけど、この落書きは驚いた、ずっと気がつかなかった。
世界遺産のいたずら書きが、問題になったけどこれはひどい。でもそれだけ有名な場所ってこの証明か・・・そう言う問題じゃないな。

Dsc_9714

Dsc_9752w

Dsc_9739

不動尊らしく、彫り物入りの柱にうっすら光が当たるなんて、次回行ってもこの場面あえるかどうか。

Dsc_9717

このチャンスは、中々ないなあと思って焦って、縦横1枚ずつ撮った。やや広角気味。

|

« コイと猫のヒゲ | トップページ | 新発田藩、御茶屋 »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント


こんにちわ~ にゃん兄さん (○´▽`○)ノ

いいですねぇ... こういった感じの写真 長く見ていても飽きませんね
やっぱり 日本に生まれてきて ホント良かった~♪ と 思います

そういえば。。 そろそろ 彼岸花の葉っぱ 生えてくる頃ですよ (笑)
彼岸花の咲いていた場所のお近くへ お出かけすることがありましたら
是非 立ち寄ってみて下さい

色は深緑。。 細長い葉が沢山 伸び始めてきていると思います

季節外れの 新緑ですね (;^-^A

投稿: 永彌 | 2008年10月14日 11時13分

永彌さん、こんにちは
あの光のアンバイがねえ、自分的にいいんですよ。
こう言うのが良いっていう人は、たぶん落ち着きのある方ですかね、えいやんはbleah

実は、もう葉っぱ立ち寄り済みで、
彼岸花の葉っぱ、土曜日に様子見てきましたが、まだまだでしたよ。
花が枯れて、青い茎ばかりで、、、、祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり…なんかな。

実に、興味がありますよ(´ρ`)ぽか~ん

季節はずれの新緑といえば、当地の田んぼは今新緑というか、
ところどころ緑の田んぼですよ。

投稿: nyanta2030 | 2008年10月14日 21時25分


あら~~  せっかく行ったのに 葉っぱ。。 まだでしたか~ r(^ω^*)))
こちらでは すでに結構な勢いで グングン伸び始めておりますよ
写真... 撮ってきましょうか?
あ~ でも ご自身の目で 直接ご覧頂いたほうが 一番良いでしょうね

突然... 「 平家物語 」 の冒頭の章が... (笑)
盛りを終え 花は散り 衰えてしまった彼岸花と
そして 命あるものは絶えず 生滅流転していることの儚さを思い知らされます


あっ そうそう... お話は変わりますが... (;^∇^A
来月にまた 温泉旅行へ行くことになりました♪
夏に行ったばかりの 「 鬼怒川温泉 」 デス~

紅い もみじ... あるといいな~♪  (o^-^o) フフ

投稿: 永彌 | 2008年10月15日 12時24分

永彌さん、こんにちは
まだでしたよ、葉っぱ。咲いていた場所はしっかりわかっているので、
葉っぱを見つけるのは面倒ではないですね。

今年初めての様に咲く前の、アスパラ状態も見たし、
花も色々見ました。

葉っぱの話を聞いて見てみないのでは、
気になって夜寝られまえんわ。

来月鬼怒川…好い季節ですねえ紅葉には、ちと遅いかなあ。
でも、セレブは違いますねえ。
まだ、ミニチュア・ワールドってあるんでしょうか?

投稿: nyanta2030 | 2008年10月15日 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/42782151

この記事へのトラックバック一覧です: 光なんだろうか。:

« コイと猫のヒゲ | トップページ | 新発田藩、御茶屋 »