« 通りの変化 | トップページ | ワイナリー、カーブ・ドッチ »

稲荷の赤

Dsc_9571w

Dsc_9552w

Dsc_9581w

Dsc_9555w
大友稲荷。時々あーあって思うことがあると、時々神社参拝するがここの稲荷は久しぶりだ、田んぼに囲まれたような所にこんもりと木が茂って境内は暗い。
そんな雰囲気なのだが商売繁盛、健康と願掛けで参拝者が来ているし、本殿の燈籠には商売繁盛の願掛けで会社の名刺がいっぱいはさんである。
京都伏見稲荷の鳥居よりも赤が少し濃い感じがするが、驚いたのは鳥居は、木、石、鉄はよくあるけど最新式なのか新しい鳥居は赤い塩ビ製もあった。

|

« 通りの変化 | トップページ | ワイナリー、カーブ・ドッチ »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

見せ付けてくれますねーーー!happy02dash
ものすごくいい赤ですーー!
これは、ワタシがVAIOだから!?smile

この赤を、【にゃん太郎レッド】と名づけましょう。

赤の魔術師:にゃんさんへ
グレッグより chick くやしーー!

投稿: C.J.グレッグ | 2008年10月 7日 12時06分

こんにちは、グレッグ君
当家VAIOの方は朱赤に近いのですが、
もう1台の方はやなりくすんだ感じですね――漆の赤かな。

でもねえ、色まで名前付けるなんてスゴイおだてウマいねえ。
やはり、おじさんキラーだよ。
富岡惣一郎の「トミオカホワイト」ならいざ知らず、
「にゃん太郎レッド」は恐れ多いけど、
大胆なことを云われるお人やねえ(○゚ε゚○)プププー

投稿: nyanta2030 | 2008年10月 7日 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/42706553

この記事へのトラックバック一覧です: 稲荷の赤:

« 通りの変化 | トップページ | ワイナリー、カーブ・ドッチ »