« 背番号7の男がいた。 | トップページ | 曼珠紗華、ヒガンバナ »

オーバーにいえば、緑と秋色の境目

Dsc_8875w

蛾の触角の先端が、白くて光っているようにも見えるけど。

Dsc_8868w

この場所は何度か登場の、水の駅「ビュー福島潟」の屋上。

Dsc_8852w

Dsc_8889w

Dsc_8858w

実は、この稲刈り風景を上から撮りたくて登った。

Dsc_8880w
遠方には、ビルが霞んでいる、晴天と行かないまでも雲の多い晴れ、こんな風景は春にも見られるが、その頃とは緑の色が違っている。
稲刈り風景が、上から撮ってみたくて登る、もう少し近景に出来たがあまりにリアルすぎたのでカット、黄金色といわれる稲が刈られた後の風景も撮りたかった。
ちょっとオーバーだけど、夏の完全な終り、11月頃には白鳥も渡来してこの田んぼの根っこを食べ始める風景が見られる。
そしてその後当然、ここは冬雪が降れば白一色に近い

そんでもって、稲刈り風景は全体は、だいたい「白一色」と同じような角度。

Dsc_8862w

Dsc_8859w

たぶん、今週末くらいには大方刈られ、田んぼの風景が色のない秋色にかわる。

|

« 背番号7の男がいた。 | トップページ | 曼珠紗華、ヒガンバナ »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

ホント~蛍光灯かしら^^*

下から3枚目の
秋霞む光景 いいですね~☆
なんとなく
異国のような
ノスタルジックな印象です。。


投稿: 吟遊詩人 | 2008年9月20日 23時19分

吟遊詩人さん、こんにちは
蛍光灯?もしかして上から4枚目だったら、
バードウォッチングと風景用の単眼鏡です。
けっこうの倍率でよ~く見えますよ。

下からの3枚目、そうなんですよ。
くっきり見えるに越した事はないですが、
あのカスミ方がなんとも、僕も好きなんです。

投稿: nyanta2030 | 2008年9月21日 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/42506124

この記事へのトラックバック一覧です: オーバーにいえば、緑と秋色の境目:

« 背番号7の男がいた。 | トップページ | 曼珠紗華、ヒガンバナ »