« あしたは、8月ですぜ | トップページ | 海とテトラ »

海を聞く

Dsc_7312w

Dsc_7310w

金網越しに見える奥の海は、いつもの海でなく見知らぬ国へ来た旅人的な目線で見ていた。

Dsc_7305w

何ともヘンテコな風景、侵食による砂浜。

Dsc_7296w

これだけ見れば何ともない静かな海なんだけど、冬になれば、、、、、

Dsc_7298w

Dsc_7300w
新潟の浜は、毎年々侵食されて砂浜が狭くなっている。 子供時は泳ぎに来ると延々夏の太陽に焼かれた砂浜を、
あちちちと言いながら飛び跳ねていたので長い砂浜が恨めしく思った記憶があるが。。。今は、まったくそんなことない奥行きのない砂浜になった。

当然、海も遠浅ではなく、14、5mも行くと背が立たない所ももある。それだけ波が荒いと言う事なんだろうが、千葉の九十九里の浜とか見てるとそれだけで和みそうな限りなく優しい波、やさしいさざ波の音、ずっと侵食防止とかの何も隔たりのない視界の広い浜が羨ましいくはあるが、ふるさとの冬のドバンドバンの荒海もやっぱりすてられらない。

|

« あしたは、8月ですぜ | トップページ | 海とテトラ »

情景・風景」カテゴリの記事

コメント

荒海の句↑
芭蕉の句の中では 響きます^^
天の川
きっと
彼の時代
空気も澄んでいて
どんなに
神秘的だったことでしょう
ドラマティックで 
宇宙観というか 情景が見えてくる
佐渡に流された人たちを
背後に据えながら すべてを
包み込むような いい句ですね^^☆

海を聞く
このタイトル 魅かれます^^*
フォトも ストイックな感じがしますね

投稿: 吟遊詩人 | 2008年8月 2日 11時32分

こんにちは、吟遊詩人さん
荒海waveの芭蕉、隣りの山形では名句をいくつも残しているのに、新潟はあまりない。
だから、新潟はあんまりいい土地でないので、ささーと通り過ぎたって話があります。
まんざら、ウソではないと思うのですが、、、

波の音ってその時の気持ちで変ったりしてますねえ。
でも、和むさざ波音はいいのですが、書いたように砂浜がせいましせいか、
ほんとに和むような、ざーーー、ざーーーーという音はないのです。

投稿: nyanta2030 | 2008年8月 3日 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504314/42018117

この記事へのトラックバック一覧です: 海を聞く:

« あしたは、8月ですぜ | トップページ | 海とテトラ »