« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

注文の多いレストラン

Dsc_3579w

Dsc_3583w

Dsc_3589w

Dsc_3616w

Dsc_3058w
1枚1枚は好きなんだけど、合わせて見るとなんだあ?って事が多い。メインディッシュのない料理のようで、
1枚1枚じっと見てると良いんだけどなあ、こう言う場合は1枚づつ説明入れるか、、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノスタルジィ

Dsc_2988w

Dsc_2991w

Dsc_2994w
哀愁の街歩く、てか時代的に古いものって時としてホッとします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

hana、hana

Dsc_3710w

Dsc_3690w

Dsc_3691w

Dsc_3694w

Dsc_3702w

Dsc_3709w
カレンダーもないのに、時期になると花は咲き、鳥は啼きく、自然は素晴らしいと思うがその前、時間の観念とはなんだろう?
また、こんなものを見た、「時間は過ぎて変わって行くのではなく、変わっていくのは自分自身」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

hana

世の中は、GW始まりだというが、ちょっと無理がありますよ、とびとびもいいところ、でも海外に4万何千にも出て行ったというが、
自分の所は、カレンダー通り、とりあえずは、本日は久しぶりに花を撮りにいく。
Dsc_3688w

Dsc_3681w

Dsc_3686w

Dsc_3697w

Dsc_3692w

Dsc_3699w
しかし、日本電産社長の「休みたっから、辞めろ」問題になっているけど、僕的は賛成、会社あっての休み、海外旅行。
休みあっての会社ではない、でも色々と考えがあるからなあ。
でもでも、難しいことはおいていて、花のシーズン始まり始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普段の目線

Dsc_2956w

Dsc_2879w

Dsc_2976w

Dsc_3068w

Dsc_3067w

Dsc_0317w
最近は、モノクロで撮る事が増えたせいか、視線が変わっているだろうか?
否、全然変わっていませんでした、視線は変わっていないが、カラーとモノクロ撮りの区別が、3センチくらいわかってきたかな、1メートルの基準で。
たぶん、monochromeの方が、手抜きできないなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

交差点、Scramble

Dsc_3091w

Dsc_3089w

Dsc_3088w

Dsc_3248w

Dsc_3031w
交差点、分岐点として人生の分かれ道とも、いえますかね、「あの時あそこを渡っていれば、、、」、「あの時、右に曲がっていたら、、、」、
違う結果、違う人生になっているかもしれない、でもでも、僕は右利きのせいか交差点に何も考えないで向かうと右に曲がることが多いかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

歩く、歩行

Dsc_3603w

Dsc_3604w

Dsc_2958w

Dsc_3624w

Dsc_3625w

Dsc_3623w
人が歩くのは基本的な動作である、この基本である歩く姿と、日差しで出来る影の関係が好きである。
人は、この影が一緒に動いているのを意識する事は少ないだろうが、しかししかしである、でも意識しているととんでもない歩き方になりそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

植物、plant

Dsc_3483w

Dsc_3482w

Dsc_3358w

Dsc_3123w

Dsc_3668w
自然界の作る線は、どうしてか優しい、太さが均等でなく、ふぞろいであり、到底定規で引けるような線ではまったくない、
眺めていていて肩が張ってくるような線はない、このあたりが和み、癒しになるのか。
人工による建築物、橋、道路、信号、ガードレールとどれを眺めていても直線、曲線と自然界のそれと明らかに違う 、どれも見ていて和みの線ではない。
建築物においてアントニオ・ガウディはこの線を、自然界のこの線を存分に取り入れているがゆえに、落ち着きのある人工物となっている。
通常の建物よりも手間暇がかかり製作に期間も長くなり当然予算もかかってくる。自然を人工的に造るって言うのは簡単でないが、デジタルとかアナログなどの言葉のない時代にガウディは知っていたのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

通りと角

Dsc_3594w

Dsc_3597w

Dsc_3598w

Dsc_3599w

Dsc_3086w
自分のお気に入りの場所で、何枚か撮った、今までは1枚2枚だったけれど、ふと何枚も撮ったらどうかと思いついて、出掛けた。
思いつきは良かったが、、、、、どうだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なごり、桜

Dsc_3468w

Dsc_3460w

Dsc_3510w

Dsc_3494w

Dsc_3537w

Dsc_3349w
散っていく桜、お名残りしゅうございます、しかし課題の残った桜撮影でした、また来年に備えて良いロケーションを探さねば、
昨年も、同じように雨が降っていたりして、条件は同じが変わっていないようだが。
来年はやあはり撮影技法の向上が一番、まだまだ自分の思うような露出だせてない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散り行く桜、のんびり出来ないねえ。

この時は、まだのんびりと構えていたけれど、
Dsc_3383w

Dsc_3390w

Dsc_3407w

昨夜の大荒れの天気で、一気に散る、これが撮りたくて楽しみにしていたが、一日早かった。

Dsc_3431w

Dsc_3442w

Dsc_3446w

Dsc_3448w

Dsc_3453w
桜もう終わりだろう、昨夜の大荒れの天気で予想はついていたけれど、見事に散っていた。
散り際は、美しいというけども、僕のはどうも何かかけ離れてるなあ、でも田んぼの桜は珍しいよ、でもここで秋に獲れるおコメ食べてみたいよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の時の、夢って感じ

Dsc_3002w

Dsc_3050w

Dsc_3083w

Dsc_2957w

Dsc_2965w 
子供時は色んなものが欲しかった、親に連れられて街に出た時には、たぶんこんな感じで、興味を持って眺めていたように思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

眺めとしての乗り物

Dsc_3004w

Dsc_3010w

Dsc_3055w

Dsc_2985w

Dsc_2984w
時として、本来は乗り物なんだけど、遠くから眺めたり、近くに寄って見たりすると、乗り物としてよりもモノとして見えてしまう時がある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夜桜を、撮る、、、、でもひどすぎ

Dsc_3317w

Dsc_3328w

Dsc_3318w

Dsc_3321w

Dsc_3322w

Dsc_3319w

Dsc_3342w
桜、桜、あれよあれよの満開、そして油断のスキに散り始めている、しかし、よ~く考えると夜桜を撮ってないんじゃない、まだ今なら間に合う。
今撮らねば、次は来年だぜ!うんでもってそそくさと出かける、風のない月夜まさしく好条件でありましたが、出来はねえ夜桜というよりも、
どこぞの商店街の街灯に飾られている桜撮ったのかぁって感じで構図も何もあったもんじゃありませなんだ。
たぶん、ひとつはWBの間違いですね、そして夜の撮影当然暗いのでぼける、といって三脚持ってないので、
カメラのセットポジション優先の木にしがみつき状態のそれゆえに、構図どころではありません。
シャッター切る間の、息止め状態、ぐ、ぐ、ぐ〜、、、、でもね最大の敗因は、腕です、敗北です。
最後はお遊びまでしてしまいましたとさ。 お許しを~( -。-) =3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暖かい陽気

Dsc_2773w

Dsc_2776w

Dsc_2786w

Dsc_2861w

Dsc_3017w
暖かい日が増えてきて、体が暖かさになれきているので冬場の温かい日と同じ気温でも今は信じられないほど寒く感じるが、
目線は明らかに変化してきてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早い気もするが、散るを惜しむ

Dsc_3270w

Dsc_3271w

Dsc_3284w_2

Dsc_3307w

Dsc_3302w

Dsc_3268w
リベンジはしてみたものの、さっぱりであったが恥ずかしながらこの年齢になって、桜の種類は漠然と4つくらいかなと思っていたが、
どうやらそんな数では納まらないようで、早くも散っていく桜をみても花びらが散るものだとばかり思っていたら、花ごと散る桜があることに気がつく。
しかし、この花びらが散って川に流れていくのを花筏(いかだ)というそうで、そんな話しを聞けばやっぱり、花筏を撮ってみたくなる。
でも、気がつけばソメイヨシノの桜後発隊の八重桜が咲き始めてきた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

リベンジあるか?

Dsc_3206w

Dsc_3212w_2

Dsc_3185w_2

Dsc_3173w
実物は立派でキレイなのに、写真の出来はまったく満足のいかない結果、何が悪いのか、リベンジか?リベンジしてもいい結果でるかわからない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モノクロの感覚

Dsc_2992w

Dsc_2993w

Dsc_2998w

Dsc_2854w

Dsc_2940w
まだまだモノクロは撮り始めたばかりだが、色彩がないだけに被写体選び、構図も重要になりそうだが、そう簡単に変更できる頭はなく、いつもと同じものを撮っていたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビル

Dsc_2751w

Dsc_2752w

Dsc_2754w

Dsc_2755w

Dsc_2767w

Dsc_3125w
モノクロで撮ってしまうと、あとで色のイメージはどうだったかなあと思う事がある、カラーで撮って、モノクロ加工ならば原画があるので、
当時の色も思い出せるが、初めからの、モノクロはそうはいかないだけに、カラーよりも真剣勝負、、、、、、なんて事はありません(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の陽気って素晴らしい。

Dsc_2796w

Dsc_2819w

Dsc_2815w

Dsc_2822w

Dsc_2859w

Dsc_3008w
春の陽気は素晴らしい気分を高揚させてくれる、景色も変わっていることもあるけれど寒くて指も動かないような長い冬を越したと言う事で、
気持ちは軽く、狙い、撮り方もなんとわなしに変わっている。新しいスポットもお陰で見つけた、でもまだ適正露出がいまひとつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HARU、散策

Dsc_3023w

Dsc_3025w

Dsc_3054w

Dsc_3098w

Dsc_3062w

| | コメント (4) | トラックバック (0)

桜、幕開け

Dsc_2900w

Dsc_3109w

Dsc_3111w

Dsc_3130w

Dsc_3115w

Dsc_3124w
幕開け、まだまだこれから始まる。桜も色々、、、撮り方も色々、自分にとって革命的な写真が撮れると良いのだが、
見方、捉え方のクセはなかなかに変えれそうもないが、ともかく革命的目指して、、、、でもでも桜のシンプルさもやはり捨てがたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶり、市街地紀行

Dsc_2738w

Dsc_2729w

Dsc_2730w

Dsc_2731w

Dsc_2732w

Dsc_2787w
久しぶりの市街地紀行で、桜も開花が始まりひと段落って感じなのだが、何といっても街歩きは撮りたいものだらけ、
最近は、モノクロに凝っている。自分の感じていた明暗の諧調が、モノクロの方がカラーに較べて肉眼に近いようだ、
あくまでも、カラーとモノクロでは単純に比較は出来ないが、カラーの明暗に関しては、当然ながら、色の段階差が少なく中間のつなぎ的な色調が表現がでにくようだ。が、あくまでも自分のカメラに限ってで、D300クラスを見る限りではこのカラーの諧調が明らかに見た目に近くて自然である。まったく素晴らしい自分もそんなモデルが欲しい。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とにもかくにも、UP、、、SAKURA

Dsc_2746w

Dsc_2745w

Dsc_2782w

Dsc_2890w

Dsc_2888w

Dsc_2932w 
桜が咲きました、でもほんの一区域の桜です、そこも実際には一分咲きですね。
しかし、待望の桜、UP。出来は置いておいてとにもかくにも桜開花。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分自身のイメージ

Dsc_2719w

Dsc_0918w

Dsc_2680w
時々、シャッターを切った時は何とも思わないのだけれど、パソコンで確認すると何か妙に自分自身のイメージ的な写真だなと、
思う事がある、派手、地味関係なくである、でも写真て自分の気持ち反映するだよなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

桜待つ

Dsc_2720w
春は、来ている。菜の花は咲いた、決定打的な桜はまだ。今月中旬が見頃、そんな桜を待つ一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色よる有無、存在

Dsc_0164w

Dsc_2713w

Dsc_1742w

Dsc_1601w

Dsc_2692w

Dsc_0926w
無機質な人工物は、意外とモノクロが似合う場合が多い、本来の自然界に存在する生命は色があった方がいい、
だからではないが暖かい感じがするが、 鉄に生息した錆は、判断に困る、中間かなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まとまりのない、散策、探検、続

Dsc_0620w

Dsc_9206w

Dsc_1881w

Dsc_0286w

Dsc_7990w

Dsc_0760w
ここに来て、撮影不足がたたってきた、自分お気に入りな出来も少ない、このままではコマ落ししての更新の可能性もありえる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんとなく郷愁 [ nostalgia ]

Dsc_2674w

Dsc_2691w

Dsc_2670w

Dsc_2669w

Dsc_2697w
古い街並み、古い家とか気をそそがれることが多いが、最後の写真は道路書かれたの標示とミスマッチしているようだが、
建物だけではアクセントがまったなくなってしまうが、たまにはこんなのもアリかな、古いだけではダメだと云う事なのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »